スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

エイジングケアは何歳から?43歳では遅いですか?

エイジングケアは皆さん何歳から始めていますか。私は43歳の主婦でアンチエイジング系の化粧品を使ったことがありません。今からでも遅くないでしょうか。

エイジングケアを何歳から始めるか、多くの方が疑問に感じる点ですよね。正確に何歳からという決まりはありませんので、自分の肌の衰えをタイミングよく掴むことが大切なのです。例えば目尻が乾燥しやすくなった、化粧水が浸透しにくい、たるみが目立つようになるなど、些細な老化症状を早く見つけて悩みに合わせたアンチエイジング化粧品に変えましょう。

40代からでは遅いか?というご質問、答えは「ノー」です。今からでもエイジングケアはできますよ。

エイジングケアは何歳からやってる?こんなサインに注意して!

エイジングケアは何歳からスタートするべきか、世の中の女性の皆さんは判断基準がわからず困っているでしょう。肌の老化症状ははっきりとわかるようなものから、皮膚の下で起こっている老化まで様々あり、エイジングケアのタイミングが掴みにくいですよね。

でも毎日のスキンケアの中で、ちょっとした変化を感じることは皆さんあると思います。その変化を一時的に「肌の調子が悪い」ととらえるか、「老化のサイン」と受け止めるか、判断基準について詳しくご紹介したいと思います。エイジングケアは何歳からと決まってはいませんので、老化サインを見つけ次第スタートするべきですよ。

エイジングケアのタイミングは

以上5つの点についてご紹介します。

エイジングを始める一般的な年齢

エイジングケアを何歳から始めるべきか正しい年齢は決まっていませんが、一般的には30代からスタートする人が多いといわれています。肌の老化は25歳を過ぎてからすでに始まっていますので、早い人なら20代後半からエイジングケアを始める人もいるでしょう。

肌の悩みに合わせてスキンケアをすることが美肌の秘訣、肌細胞は体の老化とともに一緒に起こっていますので、いつまでも若い肌のつもりでお手入れはできないということなのです。

そもそも肌の老化とは具体的にどんなことが起きているかというと、加齢により線維芽細胞の数が減る、肌細胞の働きが低下するなど、肌内側の機能が劣化する状態です。この段階でははっきりした老化サインがわからないかもしれませんが、徐々に肌の外側にあたる表皮細胞の働きが低下すると、ターンオーバーが乱れ肌が乾燥しやすくなる、ハリが不足するといった症状が起こりシワやシミ、ほうれい線などのわかりやすいサインがでてきます。

老化のステージについて

20代後半から始まる肌の老化、しかし20代からいきなりほうれい線やシワができるわけではありません。老化にはいくつかのステージがありますので、現在自分の肌がどの状態にあるか把握してみましょう。

エイジングは何歳から始めるか気にするよりも、老化のステージごとに見合うスキンケアが大切ですよ。

30代に入るとはっきり自覚できる老化サインがそろそろ現れますので、ここで変化に気づいてすぐにエイジングケアをすれば大丈夫。若い肌に戻すのは不可能でも、最近のエイジング化粧品は機能性が高まっているのでタイミング良くお手入れをスタートしましょう。

  • ステージ1
    夜更かしすると肌が疲れたり目元のハリがなくなる
  • ステージ2
    笑ったときに目尻にちりめんシワができたり、数年前の写真と比べ老いを感じる
  • ステージ3
    ほうれい線の深さが気になり、肌の弾力感が不足する
  • ステージ4
    毛穴のたるみが気になり眉間のシワが深くなる、化粧水が浸透しない

エイジングケアしないとどうなる?

エイジングケアをしないと一体肌はどうなるのでしょうか。たとえば20代の時に使っている化粧品をずっと年齢肌になっても使用した場合、まず肌の保湿不足が始まりバリア機能が低下してしまいます。すると紫外線や化粧品の刺激を受けやすくなりシワやシミなどの老化が進みやすくなるでしょう。

さらにバリア機能を回復させるエイジングケアを怠ってしまうと、健康な肌が敏感肌に代わってしまいもっとお手入れが厄介になってしまいますよ。敏感肌は普通化粧品だと炎症などを受けやすく、ファンデーションも使えなくなるほど悪化する場合もあります。

エイジングケアをしないと老化が進むだけでなく肌質まで変化して最終的に見た目年齢が老けてしまうかもしれません。

メイク時にも感じる老化のサイン

肌の老化は手で触ったり、スキンケアの効果など、あらゆるシーンで実感します。とくにメイクは肌の老化をいち早くキャッチしやすい時なので、次のような症状が起こったらエイジングケアを検討しましょう。

  • アイラインをひくときに瞼を引っ張り上げないと描けない
  • パウダーファンデーションだと肌が粉っぽくなる
  • 口紅が荒れてしまう
  • ファンデーションのカラーのトーンが明るくなる
  • 笑いジワがファンデーションのよれにつながる
  • たるみがありビューラーでまつげがうまくカールできなくなる

まず基礎化粧品を見直すこと

エイジングケアを何歳から始めるべきか、皆さんのライフスタイルや生活習慣により肌の老化スピードが違いますので、年齢よりも肌の状態で判断してください。30代になっても若い肌の人はたくさんいますし、逆に老けえ見える人もいるでしょう。

エイジングケアはまず基礎化粧品を見直すことから。シミ、シワ、たるみ、くすみなど肌トラブルは色々ありますが、基本的に肌の老化予防と改善には保湿は欠かせません

潤いをたっぷり与えバリア機能を強化することで、肌の水分保持、ダメージの予防が可能になります。

また保湿はターンオーバーを活性化するのでエイジングケアを効率的に進めるためにも欠かせないポイント。年齢肌のケアを始めるには、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分、そして肌のコンディションを整えるアミノ酸など、年齢肌が必要とする美容成分を補ってください。

さらに睡眠時間や食生活、運動など、肌の細胞レベルからエイジングをサポートする効果がある生活習慣もプラスしてくださいね。

この記事も読まれています