スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

エイジングケアの乾燥肌対策で困っています|オールインワン化粧品で大丈夫?

エイジングケアをしたいのですが乾燥肌が悩みです。色々肌につけるよりもオールインワン化粧品のほうがいいかとも思うのですが、乾燥肌がしっとりする効果はありますか。

オールインワン系の化粧品は種類が豊富にありますので、乾燥肌用など自分の肌環境に合わせて選べば期待した効果が実感できます。オールインワンが良いか悪いかというよりもどれを使うかが重要ポイントになりますので、お試しなどでまずはチャレンジしてはいかがでしょうか。

ワンステップのエイジングケアができるので、肌の負担が減らせますし化粧品のコストも節約できます。メリットをうまく活用して肌と相性の良いものを使ってくださいね。

エイジングケアの乾燥肌対策!オールイン化粧品の簡単保湿の技

忙しい毎日、完璧なエイジングケアをしたくても手を抜いてしまうことがありますよね。年齢とともに肌のかさつきが目立つ乾燥肌、エイジングケアをうまく続けないと乾燥肌はどんどん悪化して老化を進める原因になっていますよ。あれもこれも肌につけたいけど手間がかかる、化粧品のコストが気になる、そんな方に注目されているオールインワン化粧品、たったひとつの時短エイジングケアとして人気がありますが、お手入れが面倒な乾燥肌の場合どうやって使いこなすとよいのでしょうか。

エイジングケアと乾燥肌は決して珍しいトラブルではなく、加齢により肌の潤いはどんどん減少するため多くの方に共通する悩みですよね。ではどんな点を意識してエイジングケアの乾燥肌対策をするべきか、万能といわれているオールインワン化粧品の使い方についてみていきましょう。

オールインワン化粧品で乾燥肌対策するには

以上4つの点をご紹介しましょう。

エイジングケアで悩む乾燥肌!6つの主な原因

40代を過ぎてから肌がかさつく、化粧水だけではしっとりしないなど乾燥トラブルで悩む人は急増します。エイジングケアでは乾燥肌をターゲットにした化粧品が多く販売されているように、年齢肌と乾燥肌はとても大きな関連性があるのです。正しくエイジングケアで乾燥肌を改善するためにも、まずは主な原因となる6つのことをみていきましょう。

紫外線のダメージ

紫外線はシミやそばかすの原因になることは皆さんご存知ですが、乾燥を引き起こす要因にもなっていますよ。紫外線を浴びると肌の一番外側に存在する角質層がダメージを受けて肌のバリア機能が破壊されてしまいます。すると肌を刺激からブロックする働きが弱くなるだけでなく、角質層内の肌の水分が外へ逃げだしてしまうのです。

紫外線はあらゆるトラブルを招くもの。普段から日焼け止めを使い紫外線対策を忘れてはいけません。

スキンケア商品が肌に合っていない

肌に加わる刺激は紫外線だけでなく、毎日使う化粧品の成分も同じこと。エイジングケアは効果がとても気になるため、肌との相性よりもつい即効性や効果の高さなどで化粧品を選んでしまうことがありますよね。

間違ったスキンケア商品により肌がダメージを受けると、紫外線と同様にバリア機能が弱くなり乾燥肌を招きます。また肌をナイロンタオルでこするなど、余計な摩擦を加えてしまうことも肌のバリア機能を低下させる原因になりますので、スキンケアでもなるべく負担を抑え摩擦回数を減らしましょう。

ビタミン不足

食生活は美肌のカギを握っています。好き嫌いが激しい人、ダイエットで急激に食事制限した時など、栄養バランスが悪くなると一時的に肌の乾燥が悪化する場合も。とくにビタミンB群は肌のターンオーバーを正しく維持する作用がありますので、不足するとバリア機能が低下し乾燥を招きます。

豚肉やレバー、豆類に多く含まれているビタミンB1は皮膚の粘膜を健康に保つ働きがあり、糖質を栄養として脳神経などの働きにも影響を与えます。ビタミン類はほかにもビタミンCやビタミンE等エイジングケアに欠かせない栄養素が色々あります。

食生活で不足しやすい方はサプリを活用してもよいでしょう。

エアコンやヒーターによる空気の乾燥

夏は汗をかくから大丈夫、というのは大きな間違い。エアコンのなかで一日過ごしていると空気中の水分が不足するため、必然的に肌からも水分が蒸発してしまいます。冷房、暖房にかかわらず空調は空気を乾燥させるデメリットがありますので、長時間使用していると肌の潤い不足でバリア機能の働きが低下。すると外部からの刺激を受けやすい状態なのでそのまま外出すると紫外線にやられてしまいますよ。

ターンオーバーの乱れ

肌の新陳代謝は28日周期というサイクルがありますが、このターンオーバーは加齢により乱れ、長い人だと40~50日ほどかかる場合があります。健康で若い肌は常に新しい角質層が生まれ、古い角質層が剥がれ落ちていくためバリア機能が正常に機能しています。

しかしストレスや睡眠不足、間違ったスキンケア方法などによりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、天然保湿因子や細胞間脂質が生成されなくなり、水分を維持できなくなってしまうのです。

加齢による乾燥肌

エイジングケアの乾燥肌対策でもっとも気になるのが加齢による原因。どんな生活習慣やスキンケア方法を行っている人にも起こる理由なので、40代前後で急に肌の乾燥が気になるときはエイジングケアをスタートするタイミングといえるでしょう。

加齢が引き起こす乾燥肌の原因は、セラミドやコラーゲンなど美肌成分の生成が年齢のため低下すること。エイジングケアでしっかり不足する成分を補っておけば肌の潤いは維持できますが、タイミングがずれてしまうと潤い成分が間に合わず皮脂分泌量が減りバリア機能が弱くなってしまうのです。

乾燥肌に良いオールインワンの選び方

簡単だからオールインワン化粧品にする、という理由はもちろん間違いではありませんが、最近は機能性が高まりエイジングケアやニキビケア、美白など肌の悩みに合わせて選べるようになっています。エイジングケアはオールインワンだけで大丈夫なの?という不安な声も聞かれますが、乾燥肌対策には実は色々なメリットがありますよ。オールインワンならではの良い理由は以下の通り。

オールインワンゲルが乾燥肌対策にオススメな理由

  • 肌の摩擦回数が少なくなるのでデリケートなスキンケアができる
  • スキンケアの手間が省ける
  • 色々な美容成分が配合されている
  • ひとつでメイクの下地までできる

このような機能性が魅力のオールインワン化粧品ですが、乾燥肌の場合はまず配合成分を注意して選んでください。乾燥肌の原因を見てもわかるように、バリア機能が低下している特徴がありますので、健康な肌へ近づけるためにはバリア機能を高める美容成分が配合されたものがオススメです。

そのひとつが「セラミド」。角質層の中でスポンジのように水分や油分を抱えつなげる働きをしています。細胞間脂質の約半分以上がセラミドなので、不足するとバリア機能に大きな悪影響に。また乾燥肌はバリア機能が弱いため、化粧品からの刺激もできるだけ防ぎたいところ。オールインワン化粧品は肌に優しい低刺激タイプで、次の成分には注意しましょう。

なるべく避けたい成分
  • アルコール
  • 防腐剤
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • 人口色素

そしてもうひとつチェックしたのがテクスチャー。オールインワンは機能性の高さからひとつでメイクの下地までできるタイプが増えています。しかしなかにはべたつきが激しいタイプもあり、ファンデーションがよれてしまう、モロモロがでやすいといったデメリットも。

オールインワンでエイジングケアをする場合は、どんなテクスチャーにするか好みのタイプを選びましょう。

ゲルタイプ、化粧水、クリームなど色々ありますので、夜用と朝用と変えて使うのも方法ですよ。

エイジングケアのコツ!オールインワンで乾燥肌に良い使い方

エイジングケアで乾燥肌対策をする際にオールインワンゲルだけでも十分に保湿はできますが、使い方を工夫するとさらにしっとり効果が得られますよ。乾燥がひどい場合や乾燥しやすい季節は、オールインワン化粧品の使用量を少し多めに使ってみましょう。

洗顔後肌につける時は、手のひらにたっぷり取り出し少し人肌程度に温まるまで時間をおいてください。オールインワン化粧品には水溶性成分だけでなく油性成分も配合されているので、温めたほうが伸びが良く角質層に浸透されるので保湿効果を高めてくれるでしょう。肌全体に伸ばしたら、乾燥肌に良い次のステップをぜひトライしてください。

    1. ハンドプレスして全体的になじませたら内側から外側に向かってマッサージ。さらにアゴのラインから上に向かいリフトしながらマッサージするとリンパの流れが活性化して肌の透明感がアップします。表情筋の刺激にもなるのでシワやたるみの予防と改善にオススメです。

 

  1. 最後は乾燥が気になるパーツに重ねつけしましょう。エイジングケアで注意したいのは皮膚が薄くて水分保持力が少ない目尻や口元など。乾燥するとシワができやすいこれらの部位はオールインワン化粧品をもう一度重ねつけして最後にもう一度ハンドプレスしてください。
  2. 全体的に乾燥が気になるときはオールインワン化粧品を使う前に、お手持ちの化粧水で肌を整えてから使うとさらに浸透性がアップして、物足りない保湿効果を高めてくれますよ。

オススメな乾燥予防のヒント

エイジングケアで乾燥肌対策は老化予防にも欠かせませんので、オールインワン化粧品を使う時は上手に使いこなし、若い肌作りに役立てたいですよね。季節や体調によってはオールインワンだけでしっかり保湿ができないこともあるでしょう。そんなときに乾燥対策としてオススメなコツがあります。

ミスト

頬だけがかさつくなど、そんな時に助かるのがミスト化粧水です。オールインワンだけで肌がかさつく時にメイクの上からシュッとひと吹き、肌の表面の乾燥を防ぎエアコンやヒーターなどの肌のダメージを減らしてくれます。ミストなら携帯できますので、バックにいれて持ち歩くといいですよ。

ぬるま湯洗顔

日中に乾燥するのはしっかりスキンケアで保湿されていないサイン。最初のステップになる洗顔で皮脂まで洗い落としてしまうと、オールインワンでも十分な保湿が出来ません。乾燥が気になるときは、朝の洗顔はぬるま湯だけで行いうるおいを残しておきましょう。

オイルパック

美容オイルを使ったパックを寝る前にプラスしてください。乾燥肌は水分をしっかり閉じ込めておくために油性成分で肌に膜を貼ることがコツ。オールインワンだけでちょっと物足りないと感じた時は週に1~2回、オイル系のマッサージやパックをプラスしてみましょう。

この記事も読まれています