スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

アンチエイジングのスキンケアで夜のお手入れのコツを教えてください

アンチエイジングのスキンケアを見直そうかと思っているのですが、夜のお手入れってとても大切ですよね。朝起きたら肌がピンと張るような特別なスキンケアのコツはありますか。

アンチエイジングのスキンケアは一日中手を抜けませんが、やはり寝る前のお手入れはとても重要です。一日の肌の疲労を回復するためにはまず質のよい睡眠をとること。そしてスキンケアでは保湿を重点的に行い、乾燥しやすい目尻や口元などは化粧水を重ねつけしてもよいでしょう。

そして週に2~3回ほどは夜のお手入れにマッサージやパックをプラスして血液の流れを循環にしておくと、寝ている間に栄養補給もたっぷりできますよ。

アンチエイジングのスキンケアは寝る前が若返りのコツ!

シミやたるみ、かさつきなど肌の老化症状はひとつではないので、どこからお手入れしていいか困ってしまうことがあります。アンチエイジングのスキンケアを始めるのは30代後半からが多いといわれていますが、この年代以降になるとスキンケアにゆっくり時間をかけられないライフスタイルの方も少なくありません。

子育て、仕事、家事などが待っていると朝はできるだけ簡単にお手入れしてメイク。しかし肌の衰えは時間を問わずやってきますので、唯一ほっとできる夜寝る前こそが、美肌を取り戻すチャンスになるのです。

ではどんな点を注意してアンチエイジングのスキンケアをするべきか、夜寝る前の秘密についてご紹介しましょう。

寝る前のアンチエイジングのコツとは

以上5つの点をご紹介します。

アンチエイジングに睡眠が大切な理由

アンチエイジングのスキンケアでまず忘れてはいけないのが質の高い睡眠です。化粧品で外側からケアすることはとても大切ですが、寝ている間の美肌を育てるのは睡眠が土台となっていますので、どんなに高級なアンチエイジングコスメを使っても、夜更かししてはスキンケア効果が発揮出来ません。

睡眠中はホルモンの働きや肌の疲労回復など、日中ではできないことが肌細胞で起こっています。寝不足になりがちな忙しい年代の女性たちだからこそ、効率的なアンチエイジングのスキンケアをするならばまずは睡眠時間をたっぷりとるように意識しましょう。

成長ホルモンと睡眠ホルモンの働きが美肌のポイント

肌のゴールデンタイムと呼ばれる深夜10時~2時の間は、肌の新陳代謝が活発になり年齢肌にとって欠かせない大切な時間です。ぐっすり寝た翌日は肌のハリもピンと張って透明感もありますよね。この効果をもたらすものが寝ている間のホルモンのおかげ。アンチエイジングとも大きな関係がある2つのホルモンについて特徴をみていきましょう。

成長ホルモンと肌の関係

成長ホルモンは主に育ちざかりの子供の体で分泌されるホルモンですが、30代、40代の大人になってもまだ成長ホルモンって分泌されていますよ。成長ホルモンの働きは体の代謝をアップして余分な脂肪をエネルギーに変換する、また体の細胞のダメージを修復して肌の働きを整える、といった作用を持っています。

肌年齢が気になる年代になると化粧品の効果もすぐに実感できず、肌力が低下していきますよね。そんなときに成長ホルモンがサポートして、肌のハリ回復、ターンオーバーを活性化、バリア機能を回復、肌のツヤ回復してくれるというわけなのです。

この成長ホルモンですが、しっかり出すには方法が2つあります。一つは睡眠時間、肌のゴールデンタイムにぐっすり寝ていることが成長ホルモンを活発にするコツ。そしてもう一つは筋トレをして筋肉のダメージを起こすことで回復のために成長ホルモンが活発になります。成長ホルモンをしっかり出す運動のコツは以下の通り。

成長ホルモンをしっかり出す運動
  • 寝る前のストレッチ
  • ウォーキング
  • 腕立てや腹筋
  • スクワット

さらに睡眠中に成長ホルモンをだすには、運動後30分以内に卵や豆類、肉類、プロテインなどを摂取すると筋肉量がアップしてホルモン分泌にメリットです。

睡眠ホルモンと肌の関係

成長ホルモンは多少ゴールデンタイムよりずれてしまっても、同じサイクルで睡眠パターンがあれば質の良い眠りが確保できます。アンチエイジングのスキンケアに大切なのは成長ホルモンともう一つ、睡眠ホルモンも忘れてはいけません。

眠りは時間だけでなく質がとても重要、メラトニンとも呼ばれる睡眠ホルモンは体内時計との関りがあり、眠りを誘導する作用を持っています。メラトニンが肌に与える作用が「抗酸化作用」。メラトニンが出ると肌細胞の劣化を防ぎ、老化を予防してくれますよ。

メラトニンをしっかり出すには快適な睡眠環境を整え、寝る前に部屋を暗くする、アロマの香りをエンジョイするなど、アンチエイジングのスキンケア後のリラックスタイムがコツになります。睡眠ホルモンを多くだすためには次のことを意識しましょう。

睡眠ホルモンを出すために意識したいこと
  • 寝る直前までスマホやパソコンを見ない
  • 寝る直前の食事はしない
  • 入浴は睡眠2時間前までに済ませる

肌の負担を抑える時短のクレンジングをしよう

夜のアンチエイジングのスキンケアは日中に受ける紫外線や雑菌、ほこりなどの様々なダメージから肌を守ることが目的のひとつ。夜のスキンケアを変えるだけで肌の働きが活性されることもありますので、できるだけ睡眠中に肌細胞が活発になるよう負担を抑えた夜のお手入れが必要です。

そこで注意したいのがクレンジング。夜はメイクを落とす作業があり皮脂や汚れなど一日分を綺麗にしないと毛穴のつまりや肌のくすみ原因になります。クレンジング剤はメイクをしていない人は不要なステップですが、ほとんどの女性にとって欠かせないプロセスになっていますよね。

夜はできるだけ肌に優しくスキンケアをしたいため、ポイントメイクは先に専用のクレンジングを使いティッシュオフするなど、できるだけ肌にクレンジング剤が密着しないよう時短を意識してください。

クレンジングの後の洗顔も大切な皮脂を完全に落とさないよう保湿成分配合の洗顔料を使うなど、工夫してくださいね。

寝る前のスキンケアは何から使う?化粧品の順番について

寝る前のお手入れは洗顔後、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番になります。美容液は導入剤として使うものは化粧水と前後するタイミングになりますが、ポイント使いする目元専用美容液などは最後の仕上げに使ってください。

アンチエイジングのスキンケアはそれぞれのアイテムの使い方を正しく理解しておくこと、そして使う量も多すぎず少なすぎず。各ステップで肌にしっかり浸透するように手のひらで顔を包み込むように美容成分を角質層に押し込みましょう。

アンチエイジングの効果アップ!マッサージやパックのコツ

睡眠中のお肌はホルモンの働きにより、栄養補給をしやすく疲労から回復する絶好のチャンスになります。表皮の細胞が生まれかわる時間なので、できるだけゆっくりお肌のお手入れをすることが理想です。基礎化粧品を使った普段のスキンケア以外にも、週に2~3回ほどはプラスケアをしてください。

マッサージやパックなどで肌をしっとりさせ、血液の流れが活発になるとさらに睡眠中の肌細胞が活性化されます。ピーリングや美顔器を使うケアなどもありますので、その時の肌の調子に合わせて必要なお手入れを行ってくださいね。美白、毛穴ケア、リフトケアなどアンチエイジングのスキンケアでターゲットを置いたお手入れするためにもよいタイミング。

またプラスのケアは使用するアイテムの頻度を守り、肌の負担にならないように心がけましょう。

この記事も読まれています