スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

産後にできてしまったシミをなんとかしたい!奮闘した結果


33歳の専業主婦で二児の母です。子供を産んでから急にシミが増えてしまい、気になるようになりました。時間とお金をかけずにキレイになる方法を日々探しています。

いつの間にか増えていたシミ

26歳で妊娠、出産を経験。よくお肌の曲がり角は25歳と言うけれどそれまでは全く変化もなく、特に気にせずいつものスキンケアを続けていた。産後は子育てで忙しく、きちんと鏡を見る暇もないほど。毎日お風呂上りにパパッと化粧水と乳液をつける程度で、とりあえず保湿さえできていればいいと思っていた。

ある日ふと鏡を見ると、そこには急に老け込んだ自分がいた。疲れが出ているだけかと思いきや、ほほにいくつかのシミが…。産後はホルモンの関係でシミができやすいとは聞いていたが、このシミは消えるのだろうか、とても不安になった。

お肌と体内から、同時にシミにアプローチ

とにかく早くシミを消したい!という思いからホワイトニング効果のある美容液と、体内からシミへの効果が期待できるというLシステインのサプリメントを購入してみた。どちらもDHCで。決して安くはなかったが、他の高級化粧品に比べたらお安いほうだ。日ごろ自分がスキンケアにかけている費用からすれば奮発したほうだと思う。

毎日の化粧水の後で美容液を使い、サプリメントを飲むのを2か月ほど続けてみた。最初こそ、なんとなくシミが薄くなったかも!?と思ったが、完全に消えるほどの効果は得られなかった。サプリメントのほうはつい飲み忘れることも多く、そのうち飲まなくなってしまった。美容液だけはもったいないから使い切ることにして続けていた。

継続は力なりとは言うけれど…

化粧水もホワイトニング効果があるものに変え、ひたすら美容液を続けてみたが、一度できてしまったシミを消すのはなかなか困難だと実感した。多少目立たなくなったシミもあったが、どれも長い時間をかけた割には効果を感じられなかった。シミはできてしまう前に対策しておかないといけないと知り、最近はシミ予防のスキンケアに注目している。

シミはできてしまった原因によっても対策の仕方を変えなければならないらしい。加齢のためにできてしまったものは予防も難しそうだ。紫外線でできるシミは日々のスキンケアで予防できそうなので、日焼け止めを使ったり、紫外線対策ができる日中用乳液を使うなどして予防したい。

どうしても消えないシミは、最終的には美容外科のレーザーなどでシミ取りするしかないだろうけれど、費用を考えるとメイクでなんとか目立たないようにしたほうがいいかなと思う。メイクをきちんと落とし、肌のターンオーバーも促せるクレンジングが欲しい。

この記事も読まれています