スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

ビーグレンで10代思春期のニキビから解放されるテクニック

ビーグレンは10代の思春期ニキビにも使えるの?という疑問の声がよく聞かれます。肌のトラブル別に色々なシリーズがあるビーグレン、なかでも人気がある「ニキビケアプログラム」は思春期ではなく大人ニキビに向けて開発されたものです。

ニキビは複雑な原因があり10代の思春期ニキビと大人ニキビでは異なるケアをしないといけません。そこで気になるのがリピーターが続出しているビーグレンのニキビシリーズ。10代の思春期ニキビに効果を発揮するための使い方のコツについてご紹介したいと思います。

大人ニキビと思春期ニキビの違いについて

一見見た目は同じニキビでも原因は思春期と大人では異なります。10代の肌は皮脂腺が活発でホルモン分泌も多いので肌がテカりべたつきやすい状態です。そのためTゾーンを中心にニキビができやすく、毛穴に過剰な皮脂がつまりアクネ菌が繁殖するのです。思春期ニキビはホルモンバランスが安定する20歳前後になると自然と改善されていきます。

大人ニキビは間違ったスキンケアや寝不足、食生活やホルモンバランスの乱れなどあらゆる原因が考えられ、毛穴に古い角質や皮脂が詰まることが原因です。また大人ニキビは思春期ニキビよりも治りにくく、生理のサイクルなどで同じところに繰り返しできる傾向もあります。それぞれのニキビができやすいエリアは次のようになっています。

ニキビのできやすい部位

  • 思春期ニキビ
    Tゾーンや鼻周辺
  • 大人ニキビ
    デコルテ、首、Uゾーン

ビーグレンは思春期ニキビも使えるの?

ビーグレンのニキビケアプログラムは大人ニキビに向けて作られた化粧品です。原因が異なる思春期ニキビにも使えるのか?という疑問を抱える人は多いと思いますが、まったく使えないことはありません。

ビーグレンでは18歳未満の肌は発育段階にあるのでライン使いよりも洗顔料と化粧水の使用を推奨しています。大人の肌は老化が進み細胞レベルからニキビにアプローチすることが必要なため、ビーグレンのニキビケアを全商品使うと10代の肌の働きが生かされない可能性があるのです。

基本的には10代の肌はまだまだ発育段階で構造的や機能的にも大人よりも再生能力が高いといわれています。そのため大人の肌をサポートするビーグレンを使うと過度なスキンケアになり肌本来の力が衰えてしまう点に注意が必要。思春期ニキビにビーグレンを使う場合は年齢に関係なく使用できる洗顔料と化粧水がオススメです。

洗顔と保湿で10代の肌のアプローチしよう

10代の思春期ニキビのケアは過剰に分泌される皮脂コントロールが大切です。ニキビができないように予防することは年齢に関係なく重要な美肌ケアのコツ。思春期はとくに肌の汚れをしっかり落として保湿することが必要なので、毎日の洗顔と保湿をしっかり続けましょう。

ここで間違ってしまうのが洗顔のやりすぎによる乾燥肌です。ニキビ用の洗顔料は洗浄力がとても強く大切な皮脂までとってしまうタイプが少なくありません。さらにアルコール成分を配合した化粧水もありますので、使い方によってはニキビ肌がさらに悪化することもあるのです。

10代のニキビ肌のスキンケアは肌に優しく泡洗顔をすること。毛穴の汚れをしっかり取りその後で皮脂を整えるために保湿をしてください。肌タイプに合わせてさっぱりやしっとりなどお好みの使用感で選ぶこともオススメです。

思春期ニキビの洗顔にオススメのクレイウォッシュの効果

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのニキビシリーズで思春期の肌にもオススメなのが「クレイウォッシュ」です。この洗顔料は汚れを吸着して取り除くモンモリロナイトという天然クレイを配合し、ナノサイズになっているため通常の洗顔料よりも泡の粒が小さく毛穴の奥まで入りこみます。

この微粒子はマイナスイオンなので毛穴のプラスイオンの汚れに付着して奥から綺麗に引き出すことが特徴。さらにクレイ成分は美白や保湿効果も高いので思春期のニキビ肌ケアにも最適といえるでしょう。

泡洗顔は肌に負担をかけずにできるテクニックですが、どんなに細かい泡を使っても結果的に肌の表面にとどまってしまうタイプが多く存在します。ビーグレンのクレイウォッシュは敏感なニキビ肌にも優しく使える配合成分で、しかもクレイの吸着機能で毛穴の奥からニキビ肌の洗浄ができます。

炎症を抑えるビーグレンの化粧水について

ビーグレン クレイローション

ビーグレンのニキビシリーズ「クレイローション」は10代の思春期にも使える低刺激化粧水になっています。薬用化粧水なのでニキビや肌荒れによる化粧品の刺激が苦手という方にも大変好評で、大人ニキビはもちろん10代の方にも大変人気があるアイテムです。思春期ニキビにもよいといわれるのは次の3つの理由があります。

ビーグレンが思春期ニキビにもよい3つの理由

  • 炎症予防
    グリチルリチン酸ジカリウムという薬用成分が肌荒れや炎症を抑えます。
  • 天然クレイ
    クレイの保湿効果により肌の表面に潤いの膜をつくり優しく刺激から守ってくれます。
  • 4つの美容成分
    化粧水にはヒアルロン酸、納豆エキス、カミツレエキス、オウゴンエキスの4つの美容成分が配合されています。保湿、うるおい、炎症予防など、自然の力が優しくアプローチするので発育段階の思春期の肌にもメリットがあります。

ビーグレンを10代から使い始めるコツについて

ビーグレンで10代の思春期ニキビをケアする際はまずトライアルで肌に合うかどうか確認してください。そして洗顔料と保湿化粧品で毎日汚れと保湿をしっかり与えること。できるだけ肌にあう化粧品を長く使うことがニキビ肌に刺激を与えないコツになりますので、ビーグレンはニキビが収まってからもしばらく続けるとよいでしょう。

また大人ニキビの予防としても将来的に美容液やクリームをプラスしてスキンケアすることも大切です。肌環境に合わせてビーグレンを上手に選びニキビ肌をしっかりコントロールしてくださいね。

また10代はスナック菓子や炭酸飲料など食べ物からニキビ原因になることもありますので、規則正しい生活と栄養バランスにも注意して肌を整えてください。

まとめ

  • 大人ニキビと思春期ニキビは原因・特徴に大きな違いがある。
  • 思春期ニキビには年齢に関係なく使える洗顔料・化粧水がオススメ。
  • 思春期ニキビのケアは肌の汚れをしっかり落とす洗顔と保湿がカギ。
  • 洗顔料「クレイウォッシュ」は毛穴の奥からニキビ肌をきれいにできる。
  • 「クレイローション」は10代のニキビ肌にも人気の低刺激化粧水。
  • 思春期ニキビ対策は規則正しい生活と栄養バランスにも注意!

 

ビーグレンは10代の思春期ニキビも使える機能的な化粧品です。大人のニキビ跡が気になる方に向けた専用のシリーズもありますので、肌トラブルに合わせて使いやすいビーグレンを選ぶことが大切ですね。

この記事も読まれています