スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

アスタリフトを20代で始める!アンチエイジングのポイント

20代はお肌の曲がり角といわれるように、普段の生活習慣など肌の働きに様々な影響を受ける年代です。若さをアピールするための美肌ケアはもちろんのこと、ほかの人に差をつけるためには「アーリーエイジング」が大切。将来の肌を若く綺麗に維持するためには20代のスキンケアはとても大事な時期に突入するのです。

早めにアンチエイジングをしたほうが良いということはあちこちで聞かれますが、20代ならまだ早いと考える人も多いでしょう。そこでこれから考えるべき20代のアンチエイジング、人気のアスタリフトを使う美肌ケアのポイントについてご紹介したいと思います。

20代からアンチエイジングをするべき理由とは

20代の肌はハリも輝きもあり、美しいピークの時期かもしれません。とくに20代前半は若さで肌トラブルもなんとか乗り越えられ、しわやたるみなどの老化症状にもまったく縁がないでしょう。しかし注意したいことはライフスタイルの変化により、20代はストレスや疲労を感じ肌機能が低下しやすい環境があるという点なのです。

まだ若いから、という安心感のために知らない間に肌に負担をかけている人も多いはず。化粧品も肌環境を考えず気に入ったものを手当たりに次第に使うこともあるでしょう。20代後半になると徐々にコラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の生成量が減少していきます。はっきり実感することがなくても、30代前からすでに肌の老化は始まっているのです。

生きているかぎり肌も体と同様に衰えていくのは仕方がないこと。しかしそれが20代から始まると自覚している人はとても少ないのです。そのためアーリーエイジングケアは早めに老化予防をすることで、10年後、20年後も若い肌を維持するためにやるべきなのです。症状を改善するケアではなく、老化させない予防がメインになります。20代で最も多い肌の老化を早める次の原因、普段の生活のなかでも注意するとよいでしょう。

肌の老化を早める生活習慣

  • 生活リズムが崩れている
  • 寝不足が続く
  • 食生活で栄養バランスがとれない
  • スマホを使いすぎる
  • 喫煙や飲酒による肌の老化
  • 紫外線予防をしていない
  • 質の悪い化粧品を使う

アスタリフトをはじめるのは何歳から?

20代でアスタリフトを使うのはちょっと早すぎでは?と不安に思う人もいるでしょう。イメージ的にアスタリフトは30代、40代、50代の女性を対象にして作られたアンチエイジング化粧品として普及しています。しかし肌の老化が始まる20代後半は、ターンオーバーの働きが徐々に衰えるため、乾燥や肌のハリ不足、早い人ではくすみや小じわが目立つ場合もあるでしょう。

真皮層にあるコラーゲンとエラスチンが徐々に緩み始めるこの年代、若いと油断していると一気に30代直前に肌の老化症状が進行してしまいます。また20代は自然な肌の老化だけでなく、ライフスタイルから受ける肌の負担が細胞の劣化を招くことがとても大きな要因になりますので、アスタリフトを使うのは肌の老化が不安になった時がタイミングといえます。

20代のスキンケアでは基礎化粧品が大切な役割を持っていますので、どんなポイントにアプローチするか考えながらアスタリフトを使うことがポイントです。年齢肌に向けて作られたブランドなので刺激が少なく敏感肌の方にも安心。

20代はできるだけ刺激を減らし年齢肌のケアにシフトしていかないと、肌の老いを一気に感じる日が訪れてしまうでしょう。気になる方はトライアルセットでまずは肌チェック。アンチエイジング化粧品はコストが高いタイプが多いので、安く試す良いチャンスになります。

アーリーエイジングにメリットがあるアスタリフトの成分

20代から始めるアーリーエイジング、スキンケアだけでなく食生活や生活習慣などからも意識している女性が近年増えているようです。そもそもアスタリフトはハリケアと美白ケアの2種類があり、20代のスキンケアにもあらゆるメリットがあります。とくにハリをアップさせる効果は他社ブランドよりも優れていると評価されていますので、徐々に肌の弾力不足がはじまる20代後半にはぜひオススメなのです。そこで知っておきたいアスタリフトの美肌成分、20代のアンチエイジングにメリットをもたらす主な成分を見ていきましょう。

高密度のWヒト型セラミド

セラミドが充分にある角質細胞は肌の中の水分をしっかり守り、蒸発を防ぐ働きが機能しています。加齢などの原因で減少するセラミドをしっかり補わないと肌が乾燥しやすくなることも。またセラミドは肌のうるおいだけでなくツヤを出す作用もありますので、肌の輝きが不足しやすい20代にもよい成分といえるでしょう。

しかしセラミドは化粧品に配合するのが難しい難点があり、浸透性をアップするために富士フィルムの独自技術を駆使して作られたのが粒子をナノ化したセラミドです。しっかり奥まで届き若い肌ならさらに浸透性がグンとアップします。

細胞の酸化を予防するメマツヨイグサ種子エキス

月見草の別名としても知られているメマツヨイグサはプロロアントシアニジンという抗酸化成分を含み、肌細胞の酸化を予防します。紫外線や生活習慣などで発生する活性酸素は20代にも多いトラブル。しっかりブロックしれくれるため。肌の酸化スピードが遅くなるのです。

赤の成分は20代にも必要不可欠!

アスタリフトといえば赤いジェリーが人気アイテムのひとつ。ハリアップの働きが高い理由はアスタリフトのメインになる赤の成分。赤を作りだすアスタキサンチンは、サケに含まれる成分で美容パワーが高いことで有名。抗酸化力が高いのでアンチエイジング成分として富士フィルムが早くから着目してきました。

アスタキサンチンを独自技術を駆使して安定性を高め浸透性をアップ。高濃度で配合しているのでアンチエイジング化粧品のなかでもとくにハリ効果が実感しやすいメリットがあります。20代でアスタリフトを使っても、さほどハリ回復の効果を実感しないかもしれませんが、肌細胞の老化はすでに始まっていますので、将来の肌年齢に差をつけることは間違いないでしょう。

そしてもうひとつの赤い成分がトマトに含まれるリコピンです。リコピンは美容成分として安定させるのが難しく、トマトなどの食べ物から摂取することが主な方法でした。富士フィルムではナノ化技術によりリコピンを70ナノメートルまで小さくしてハリ成分としてアスタリフトに配合。この二つの赤の成分が20代のアーリーエイジングにも大変メリットを与え、老化スピードを遅らせながら美肌ケアをサポートしてくれます。朝洗顔するときに肌の感触がなんとなく違うと感じた時。それは肌細胞の劣化が始まっているサインかもしれません。

20代から使うべきアスタリフト

20代からアスタリフトをすべて揃えて使うのはコスト的に負担が多いかもしれません。また肌の若さも維持できる年代ですから、本来の働きを生かしてアンチエイジングをするとよいでしょう。では20代から使い始めるアスタリフトは何を選ぶべきなのか、そんな疑問をお持ちの方にオススメしたいアイテムをご紹介したいと思います。

モイスチャーフォーム

毎日必ず行う洗顔、20代の肌はメイクや皮脂汚れが残りやすいため、しっかり落とせる洗顔料がオススメです。でも洗浄力が強すぎると肌の潤いまでなくなるので優しく洗顔できるものが理想的。アスタリフトの洗顔料にはアスタキサンチンとリコピンの2つの赤の成分が配合され、古い角質や毛穴の汚れもすっきり落としてくれます。泡は濃密でふんわりタイプ、摩擦せずに肌の汚れが落とせます。

モイストローション

洗顔後に肌をしっとりさせる人気の化粧水。手のひらで温めてから抑えるようにして肌全体にのばします。この化粧水には3種類のコラーゲンとヒアルロン酸が配合されているので、20代後半から減少する成分を補うために大変効果的。乾燥予防や肌の透明感を出す作用もあります。ダマスクローズのエキスを配合した優雅な香りは、不規則な生活で乱れやすい女性ホルモンを安定させるためにも効果があるでしょう。

まとめ

  • はっきり実感することはなくても、20代からすでに肌老化は始まっている。若い肌を維持するためにはアーリーエイジングケアが大切。
  • ターンオーバーの働きは20代後半から衰え始める。肌の老化が不安になったときがアスタリフトを使い始めるタイミング。
  • アスタリフトはハリケアと美白ケアの2種類。Wヒト型セラミドなどの配合成分は20代のスキンケアにメリットが大きい。
  • 赤の成分アスタキサンチンとリコピンは、将来の肌年齢に差をつけるのに役立つ。
  • 20代はモイスチャーフォームとモイストローションから始めるのがおすすめ。

 

20代でアスタリフトを使い始める際は、ライン使いせずにひとつだけスキンケアに加えることがオススメです。肌機能を維持しながら老化予防をする、そんなアーリーエイジングを意識して、アスタリフトを上手に使いこなしてくださいね。

この記事も読まれています