スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

実年齢よりも老けて見られます!若作りの秘策を教えて下さい

実年齢よりも老けて見られることがよくあります。40歳なのに50代の人から年齢が近いといわれショック。若く見せる方法が知りたいです。

見た目年齢は歳を重ねるごとに気になります。実年齢より老けて見られるのは肌の状態、髪質、全体的な雰囲気などあらゆる要素が複雑な影響を与えています。若く見せるためにはまず視線が止まりやすい肌の状態を整えることが大切で、くすみやたるみ、シミやシワなどの老化症状を改善しましょう。

すぐに効果が実感できるスキンケア方法はありませんが、アンチエイジング化粧品を使い普段から肌の状態を整えておくと老化スピードを遅らせることができます。アンチエイジングは若返りと同時に予防をすることも意識して、外側と内側からも働きかけてください。見た目だけを意識するよりも気分的な若さも大切ですよ。

 

実年齢よりも老けて見える人必見!今日からできる若作り5つの秘策

実年齢よりも年上に見られるのはとてもショック、頑張って若作りしているつもりなのに周囲の人にはまったく努力が伝わっていないことがよくあります。そんな時に諦めてしまうと、老化スピードが増してもっと年齢を感じるようになるでしょう。

そこで今日からいつまでも若さを保つ方法について、早速ご紹介したいと思います。無理に若作りするのではなく、年齢に合わせて素敵になること。そんな点を意識したアンチエイジングをこれからプラスしてください。老けて見えることをバネにすれば、あらゆることに対してモチベーションがアップするはずです。

目元と口元を徹底的にお手入れしよう

実年齢よりも老けて見える人の特徴についてまずは知っておきましょう。見た目の印象は悪いところにどうしても目がいきやすくとくに相手の年齢が分からない時は、マイナス採点方式で判断する人が多くなります。自分の見た年齢が気になるという方は次のポイントを考え、老けて見える要素がないかどうかチェックしてみましょう。

実年齢よりも老けて見える要素

  • 肌がかさかさしている
  • 目の下のたるみが目立つ
  • 黙っていてもほうれい線がはっきりわかる
  • シミがあちこちにある
  • 目尻のシワがある
  • 肌の色がくすんでいる
  • クマがある
  • 表情が暗い

このような老けて見える原因は、気が付かない間に周囲で判断されています。毎日鏡を見ていると気がつかない部分、とくに目元と口元には年齢がでやすいので、普段からスキンケアで集中的にケアするとよいでしょう。

目元や口元は皮膚が薄いので乾燥が進みやすい特徴があります。たるみやシワを防ぐにはしっかり保湿。目元はとくに第一印象で相手にアピールする部分なので、目元専用美容液などを使って若い肌を作ることもおすすめです。またリンパ線の流を活発にするためのマッサージも、目や口元のトーンを明るくする効果があります。

アンチエイジング成分配合の化粧品を使う

実年齢よりも年上に見られるのは肌の老化が大きな原因になりますので、自分の見た目年齢が気になるようになったら、アンチエイジング成分が配合された化粧品に乗り換えましょう。普通の化粧品では保湿はできても肌細胞の老化を予防することはできません。今若くするのではなく、将来の見た目年齢に働きかけることも大事。できるだけ早くアンチエイジングを始めたほうが有利になります。

そこで知っておきたいのが化粧品に使用されるアンチエイジング成分について。次の成分はスキンケアでプラスして若々しい肌作りにぜひ活用しましょう。

コラーゲン

ハリ回復によいコラーゲンは加齢とともに減少する美肌成分。肌の衰えや弾力性が減少する原因になるため、コラーゲン入りの化粧品を積極的に使いましょう。

エラスチン

目元のシワやほうれい線などを改善するエラスチンはコラーゲンをさらに強化して肌を頑丈に支える機能があります。

ビタミンC誘導体

メラニン色素の生成を抑制する、体のさびを除去するなどアンチエイジング成分の代表的な存在。浸透性が高いビタミンC誘導体は美白や保湿にもメリットがあります。

ビタミンE

抗酸化成分のビタミンEは細胞レベルから若作りをする作用があります。

メイクで顔の輝きをアップしよう

老けて見える人はコンプレックスを隠すのではなく、本来の肌をきれいに見せるテクニックを使いましょう。顔のなかでも鼻、アゴ、頬はきれいに見せるためのポイントで輝きを意識したパール系のパウダーがおすすめです。しっかり肌のくすみやシミを隠そうとしてベースメイクを厚くすると、余計にシワにファンデーションが入り込み目立ってしまいます。ポイント箇所を抑えて全体的にナチュラルに仕上げ、透明感を出すためにパール系でインパクトを与えてください。

また目元と口元もくすみや影をださないように薄くコンシーラーでトーンを明るくすること。口紅をつける時は口角を上げ気味にしてラインを描き、軽めのピンクやブラウン系で若さをアップしてください。メイクも洋服と同様に流行がありますので、いつまでも時代が止まったままのメイク方法では老けて見られることも多いでしょう。

時代の最先端を行くことはありませんが、無理な若づくりに見えないように年齢に合わせたメイクを上手に生かすことが大切です。加齢によるコンプレックスは上手に生かして自然に自分の魅力にしてください。

老けて見えるファッションに注意しよう

見た目年齢が気になる年代に共通するのはファッションに対する情熱が少なくなること。若い人のトレンドを取り入れればそれでよしと油断する人もいると思います。ファッションで老けて見えるのは生活感が感じられる洋服。たとえば色が褪せたシャツやトレーナー、シワだらけのスカートなど、洋服のブランドや流行りよりも基本的な身だしなみがしっかりできないことが老けて見える要因です。

若さをアピールするためには清潔感があるファッションを選び、いつでもおしゃれをする意欲を持ち続けることです。家でのんびりという日でもおしゃれをして気持ちを引き締めることも必要かもしれません。若い頃に買った洋服が捨てられないという方。上手にコーディネートしてファッションへの意識を高める習慣が必要ですね。

無理して派手な色を選んだりすることよりも、肌のトーンに合わせて明るく元気に見えるデザインやカラーを選ぶなど、トータル的なバランスを考えたおしゃれをしてください。誰かに見られてれいるような緊張感が、見た目年齢を若くする原動力になるでしょう。

姿勢を正して見た目年齢を若くしよう

姿勢は見た目年齢を左右する大切な要素になりますので、猫背の人は意識して背筋をピンと伸ばしてください。姿勢が悪いとたとえ美人でも魅力的には見えないといわれるように、気持ちを引き締めて背筋を伸ばすことはとても大切です。猫背の人は立っている時だけでなく、イスに座っている時でも猫背になっているので自然と体が習慣として覚えています。スマホやパソコンなどを長時間使う場合は、必ず休憩を取りストレッチをしましょう。

背筋を伸ばすことで体内の血液の流れが活発になり、肌への栄養補給もしっかり届くようになります。また肌荒れや乾燥肌などのトラブルも、実は姿勢が原因になっていることも。前かがみになると胃腸の働きが圧迫されて便秘や下痢の要因になります。胃腸の働きは肌にも影響を与えるため老けて見えるくすみやたるみなどは元をたどれば姿勢の悪さが原因になるかもしれません。

また若い印象を与える肌作りにはターンオーバーのサイクルも必要なポイント。姿勢が悪いと代謝が悪くなりますので、年齢肌にはさらにデメリットなのです。肌の働きはホルモンとのバランスが関係しています。姿勢が悪いと自律神経が乱れる場合もあり、ホルモン分泌が不安定で肌の老化がさらに進むこともあるので注意してください。

まとめ

  • 年齢の出やすい目元・口元は保湿ケアでシワやたるみを防ぐことが大切。
  • 将来の見た目年齢に働きかけるためには、コラーゲンやエラスチンなどを配合したアンチエイジング化粧品を使うことがおすすめ。
  • パール系パウダーやコンシーラーなど、肌をきれいに見せるテクニックで年齢に合わせたメイクを心がけよう。
  • 清潔感のあるファッションを選び、おしゃれする意欲を持ち続けることが若見えのコツ。
  • 姿勢が悪いと魅力的に見えない。猫背の人は意識して背筋をピンと伸ばそう。

 

実年齢よりも老けて見られないようにするためには、毎日自信を持って生活することが大切ですね。美しい肌、健康な体、そしてリラックスできる空間など、あらゆる部分からアプローチできる改善点を早速意識してみましょう。若さは外側ではなく、毎日の生活や心がけが大切です。元気に笑顔で楽しく生活している人こそ、肌が輝き若さがあふれているのでしょうね。

この記事も読まれています