スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

肌のお手入れをしても変化を実感できない時はどうしたらいいですか?

年齢は30代前半、毎日の肌のお手入れは必死にやっています。でもやっている割には美肌効果を感じられない時はどうしたらいいか教えてください!

美肌ケアは女性の方にとって色々なハードルがありますよね。効果がない化粧品では使う意味がありませんが、あれこれ頻繁に変えてしまうのは肌に負担がかかるので逆に効果が実感できない理由になるでしょう。

肌のお手入れをしても変化が実感できない時は、やりすぎケアを見直してください。年齢肌はデリケートに扱うことで肌の働きが回復し、化粧品の効果を実感しやすくなることもありますよ。肌に合う化粧水とクリーム程度のシンプルケアでしばらく様子を見てはいかがでしょうか。

 

肌のお手入れをしても効果ない・やりすぎケアを見直そう!

美肌のためならどんなに高額なクリームでも使いたい、そんな女性はきっと多いでしょう。スキンケアは肌のコンディションを整えるために大事なことですが、年齢とともに老化が進む肌細胞を活発にしたり栄養を与えることもスキンケアの大切な役割になっています。しかしこの「与える」という発想は時には肌に負担がかかり、スキンケアの効果が実感できない矛盾にもつながってしまうことがあるのです。

頑張っても変化が見られないという場合は、逆に「やらない」スキンケアを実践してみませんか。毎日どれぐらいのスキンケアをしているか、まずは振り返ってみましょう。これからは変化を実感できるお肌のお手入れをするために、やりすぎないコツをぜひ参考にしてください。

クレンジング剤で肌をマッサージしないこと

メイクを落とす時に使うクレンジング剤、クリームやジェル、オイルタイプなど色々ありアイメイクなどの濃い部分もすっきり落ちる機能的なアイテムが増えています。とくにメイク落としの際に気になるのが毛穴のなかの汚れ。ファンデーションやほこり、皮脂が詰まってしまうと角栓の原因にもなってしまいます。

でもクレンジング剤を使って長時間マッサージするようにメイクを落とすのは肌のダメージ原因。その理由はクレンジング剤には石油系界面活性剤や香料などの刺激になる添加物が含まれているため。摩擦しながらメイクを落とすとバリア機能が低下しますし、大切な潤い成分もなくってしまいます。肌の汚れをしっかり落とすことは大切ですが、クレンジング剤は手早くさっと使うことがコツです。

たとえばメイクが濃い部分にクレンジング剤を先にのばして浮かせてからさっと拭き取る、または保湿効果があるクリームタイプを使ってメイク落としをするのも良いでしょう。クレンジングと同様に洗顔も肌の負担になります。1日2回以上は洗顔をしないこと、乾燥肌や敏感肌、また皮脂量が減る年齢肌も肌のべたつきが気にならない時は洗顔料を使わずにぬるま湯洗顔を実践しましょう。

化粧水や乳液などの基礎化粧品を多種類使う

洗顔から最後の仕上げまで化粧品の種類は豊富にありますので、たくさん使ったほうが美肌効果があると思い、時間をかけてスキンケアをやっていませんか。化粧水、乳液、美容液、ナイトクリーム、美白クリームなど、化粧品それぞれに役目がありますので、自分の肌に必要なものだけを使うことが大切です。

何種類も化粧品を使いそれぞれのアイテムが相性よく馴染めばいいのですが、必ずそうとは限りません。違うメーカーの化粧品やブランドを一緒に使っていると配合成分の相性が悪く、肌のお手入れを頑張っても変化が感じられないということがあります。その点ライン使いすると相乗効果により美肌効果がアップし、数点のアイテムだけでも満足できる場合もあるでしょう。

そもそも化粧水などは肌表面にあるラップ程度の薄い角質層内に浸透するもの。必要以上の量の化粧水をばしゃばしゃつけると逆に角質層がふやけてしまい、ちょっとした刺激でダメージを受けてしまうこともあります。化粧品を色々使っている方は次のポイントを意識してこれからのスキンケアを見直していきましょう。

スキンケア見直しのポイント

  • 化粧品は用法や用量を必ず守って使用すること
  • パッティングをやりすぎると肌の赤みや負担が増えるので注意
  • 化粧品の種類でなく美容成分を意識してアイテムを揃える

角質ケアをやりすぎてバリア機能が低下する

古い角質はターンオーバーの働きで剥がれ落ち、新しい角質層と入れかわります。シミやくすみ、たるみ、乾燥肌などが改善しないのはターンオーバーの乱れが関係しています。角質ケアはそんな方にオススメのスキンケア方法、しかしやりすぎはもっとターンオーバーを乱す原因になるので注意が必要です。

古い角質は目ではっきり見えるものではありませんから、刺激の強い角質ケア用の化粧品を使っても、すぐに肌の透明感がアップしたり毛穴の汚れがすっきり取れるわけではありません。肌の表面をスムーズにするためにスクラブでごしごし肌をこすったり、目の粗いタオルで顔をこする人もいるでしょう。注意しないと皮膚表面にダメージを与え、細かい傷から細菌が侵入してしまいます。

肌の常在菌はバランスを崩すとアクネ菌が多く発生したり、肌荒れ原因を起こす場合もあります。角質は肌を紫外線などの刺激から守り水分を閉じ込める働きがあります。ターンオーバーを活発にするためには無理やり古い角質を外側から落とすのではなく、保湿で水分量を維持しながら肌本来の機能を活発にすると良いでしょう。乾燥すると古い角質は蓄積されやすくなります。肌表面がボロボロにならないようにやりすぎケアを見直し、シンプルな保湿で対処してください。

継続せずにすぐに違うブランドに変えてしまう

化粧水を1本使い切ったけど変化が感じられなかったという経験は皆さんあると思います。肌のお手入れは効果を実感できるまでの期間は肌質によって異なりますし、さらに生活環境や食生活なども大きな要因になります。そのため化粧品をあれこれ買いなおして使うのは本当の効果を実感していない可能性がありますので、もう少し長く化粧品を使い続けてみましょう。

肌のターンオーバーのサイクルは28日周期、加齢とともにもっとサイクルが長くなり40日~50日ほどかかる場合もあるでしょう。そのため化粧水を1本使い切っただけでは十分でない可能性があるので、最低でも2本、もしくは3か月以上は続けて使用してください。

どんなに優れた美容クリームやローションでも、すぐに効果が実感できるものはありません。数日間使っただけで化粧品の効果を判断するのは難しいので、肌にあうものは長く使用して様子をみてください。定期購入などの便利なシステムもありますので、最初にじっくり比較して購入しお得に続けることもできます。

美顔器で毎日お肌のお手入れをする

スチームで肌を保湿する美顔器やローラーで血行を活発にするタイプ、または毛穴ケアや肌の浸透性を高めるなどサロン並みの優れた美顔器などがスキンケアに役に立っています。顔のお手入れで行き詰まりを感じた時は、とても効果が期待できる美顔器。しかしやりすぎると逆効果になり美肌になるどころか、肌荒れ原因になることもあります。

美顔器のなかには特殊な周波を発生するものがあり角質層の深部に働きかける特徴があります。化粧品だけでは届かない部分をケアするために使われていますが、特殊な周波やエネルギーを与えすぎると肌に疲労が蓄積されることも。また美顔器を使いすぎると肌が自然と美顔器に頼るようになり本来の働きが低下することも考えられます。

人気のイオン導入タイプは美容成分の浸透率を高める効果が期待できるもの、しかしやりすぎると通常のスキンケアでは成分が浸透しにくくなってしまいます。やりすぎないスキンケアを意識する場合は、次のポイントを守り美顔器を正しく使いこなしましょう。

美顔器を使いこなすポイント

  • 機種ごとに使用頻度が使い方が異なりますので、必ず説明書を読み正しく使いましょう。
  • 自己流に使うのは肌に危険があります。あらゆる機能の役目を理解して使い方をマスターしましょう。
  • 血液の流れが活発なお風呂上りなどのタイミングを利用して効率的なケアをしましょう。美顔器を長時間使用と肌に負担がかかりますので、血行が良い時なら時間を短縮してケアができます。

化粧品をひとつ減らしてみよう

肌のお手入れをしても変化が感じられないという場合、不足しているものがなにか考える前になにを減らすかスキンケアに対する思考転換をしてください。色々やっても効果がないのは、やりすぎが原因かもしれません。洗顔後は化粧水や乳液だけでも十分、乾燥しやすい部分は化粧水を重ね付けするなど上手に活用してください。

クリームを使いさらにアイクリームを使う、導入美容液以外にも美容液を仕上げに使っているなど、似たタイプを何種類も使っている方はまずひとつ減らしてみましょう。そしてスキンケア以外からも美肌に良いことをプラスし、肌のターンオーバーを安定させるとシンプルなケアでも十分な美肌効果が期待できるはずです。やりすぎない美肌ケアは次のポイントも参考にしてスタートしてください。

美肌によい生活習慣

  • 美容系サプリメントを使う
  • 睡眠時間を充分にとること
  • ストレスをためない
  • 快適に感じるエクササイズを続ける
  • 紫外線対策をする

まとめ

  • 効果を実感できないときは「やり過ぎ」スキンケアを見直すことが必要。
  • クレンジングはできるだけ摩擦を減らし、洗顔も洗い過ぎに注意。
  • 基礎化粧品はアイテムを使い過ぎず自分の肌に必要なものだけを使うのがコツ。
  • 角質を無理やりはがすのではなく、保湿で肌本来の機能を活発にするケアを心がけよう。
  • 基礎化粧品の本当の効果を知るためには最低でも3ヶ月は使い続けることが大切。
  • 美顔器の使い過ぎは肌本来の機能が発揮できなくなる可能性があるので要注意。
  • アイテムを増やすのではなく、使い方を工夫してみよう。美肌によい習慣を取り入れるのもおすすめ。

 

肌のお手入れは習慣的に同じことを繰り返していますよね。美肌にメリットがないと感じた時は化粧品を増やしたり買いなおす前に、毎日のお手入れ方法を見直すことも大切なのです。即効性を期待せずにのんびり時間をかけてスキンケアをエンジョイしてくださいね。

この記事も読まれています