スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

アヤナスの対象年齢の疑問・何歳から使うべき化粧品?

アヤナスの対象年齢について疑問を抱いている人は意外と多く、敏感肌用のブランドなので何歳でも使えるのか、それともアンチエイジングを始める年齢まで待つべきか、使用開始のタイミングが判断できない場合があります。化粧品は肌タイプごとに販売されているものをはじめ、アンチエイジング化粧品のように年齢対象があるタイプも存在します。美肌ケアは年齢に関係なくいつも女性が気になるところ。一番アヤナスの効果を引き出すためには対象年齢についてどうやって考えるべきか、判断の基準についてご説明したいと思います。

アヤナスの対象年齢は何歳から?

アヤナスは敏感肌を対象にしたアンチエイジングなので、対象年齢が何歳なのかはっきりわからず困っている人もいると思います。メーカーでは対象年齢を指定していませんので、アヤナスは何歳でも使えることが特徴です。そこで大切なのがアヤナスの効果を引き出して上手に使うタイミング。まず理解したいことは肌の加齢スピードは個人差があるため、年齢で一区切りにすることはできません。

アヤナスの利用者のメインとなる年齢層は30代~40代。しかし若い人でも50代以降でも利用している方はたくさんいますので、あくまでも目安として対象年齢を考えることが必要です。アンチエイジングをいつから始めるべきなのか、判断する基準として次のような症状を感じたらそろそろ年齢肌に合わせたケアが必要なサインかもしれません。

エイジングケアが必要なサイン

  • 肌が乾燥しやすくなり洗顔後はとくにかさつく
  • 今までずっと使っている化粧品の効果がなくなった
  • 目元や口元などがかさつく
  • 肌のハリが減る
  • メイクのリが悪くなった、くずれやすくなる
  • ほうれい線が深くなる
  • シワが増える

年齢別に与えるアヤナスのメリットについて

アヤナスの対象年齢はありませんので、使ってみたいと思った時がチャンス。しかしアヤナスはアンチエイジングを目的として作られた化粧品なので若い肌がどのような効果を期待すべきかわからないこともあるでしょう。では年齢別にみた場合、どのようなメリットがあるのかアヤナスの特徴について解説していきたいと思います。

20代

20代の肌はまだまだ若さがあふれ、皮脂腺も活発でニキビやふきでものがよくできるでしょう。逆に生活習慣により肌の働きが低下することもあり、乾燥や毛穴の開き、しみなどのトラブルで困ることが増えます。シワやたるみなどの目立つ老化症状を気にする年代ではありませんが、部分的なトラブルを改善するためにアヤナスが活躍してくれます。乾燥による毛穴の開きはヒト型セラミドがしっかり潤いを与えて改善。肌荒れでコンディションが悪くなりやすい20代の肌に優しく使えることもメリットになるでしょう。

30代

出産によりホルモンの変化で肌の状態が不安定になりやすい年齢。また老化も徐々にはじまり早い人では小じわなども増えてくるかもしれません。30代の肌は毛穴の開きや黒ずみがめだち、乾燥も徐々に悪化。くすみがひどくなるのでメイクでカバーすることも増えます。こんな肌に与えるアヤナスのメリットは肌のメカニズムを考えたストレスバリアコンプレックス。肌の冷えを改善してターンオーバーを安定させる効果が期待できます。

40代以降

40代、50代はアンチエイジングを本格的に始める年代になります。バリア機能が低下して刺激に弱くなるので、無添加で敏感肌専用に作られたアヤナスが効果を発揮しやすい対象年齢に入るといえるでしょう。目立つシワやたるみなどを改善するセラミドアヤナスのオリジナル成分のCVアルギネートがコラーゲンの生成力をアップ。肌本来の力を強化してアンチエイジングをサポートしてくれます。

アヤナスが敏感肌に良いといわれる理由について

ヴァイタサイクルヴェール

ヴァイタサイクルヴェール

アヤナスの対象年齢は肌のコンディションに合わせて自己判断することが大切です。敏感肌対策として使う方、年齢肌の乾燥予防として使うなど、それぞれのトラブルに合わせて上手にアヤナスを使いましょう。

敏感肌によいといわれる理由のひとつが肌に刺激を与える添加物を使用していないこと。アルコールと合成香料を使用していないので、ひりひりする不快な症状はもう心配ないかもしれません。また安全に使うために皮膚科医立ち合いテストも行っていますので、敏感肌の方なら対象年齢に関係なくオススメです。

アヤナスが敏感肌のアンチエイジングとして評判になっている理由が「ヴァイタサイクルヴェール」と呼ばれる特許技術。敏感肌専門のディセンシアブランドだけのオリジナル技術で、肌にラップを貼るようなヴェールを作る働きがあります。

肌は花粉、ほこり、雑菌、などあらゆる刺激に常にさらされているため、ダメージが蓄積されると角質層の深層部から細胞レベルで働きが低下してしまいます。この特許技術は肌を守る働きと同時に、潤いを閉じ込める機能も備えているためしっかり水分を保持して乾燥肌を改善してくれます。外部の刺激は年齢に関係なくダメージとなりますので、肌が弱い人は早めにアヤナスを使いはじめたほうが、老化スピードを遅らせることができるのです。

コラーゲンはエイジングケア効果がない?

コラーゲン配合の化粧品は肌に良い、と考えるのは一般常識かもしれません。ハリや弾力を回復してくれるので、しわ対策や乾燥対策として人気がある美容成分です。コラーゲンのサプリを飲んでいる人もいるように、肌をいつまでも美しく維持するもの、そんなイメージがあります。

しかしコラーゲンは分子が大きく角質層の隙間に入り込まないことがデメリット。コラーゲン入りの化粧水やクリームを使っても内部にしっかり浸透していない可能性があります。

肌には本来コラーゲンを作りだす働きがありますので、効率的にコラーゲンを増やすためには生成力をアップすることが美肌のカギ。アヤナスはコラーゲン産出をメカニズムから解析して真皮層にある線維芽細胞の働きに注目しています。

線維芽細胞はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを産出するために欠かせない部分。線維芽細胞の働きが活発になればコラーゲンが増えアンチエイジングにもメリットが増える仕組みになっています。

アヤナスはコラーゲンを含む化粧品ではなく、「作り出す効果」が年齢肌や敏感肌に大変評価されているポイントになっています。

アヤナスは男性が使っても大丈夫な化粧品

アヤナス

アヤナスの対象年齢はありませんので幅広くあらゆる年齢の方が使える化粧品です。敏感肌は女性だけでなく男性にとっても困るトラブルのひとつ。肌のテカリがめだつ男性の肌は皮脂線の働きが女性よりも活発な特徴がありますが、同時に水分保持力が弱いデメリットがあります。アヤナスは女性の肌に合わせて作られた化粧品ですが、乾燥対策や浸透性の高さは男性の肌にもあらゆるメリットをもたらしてくれるでしょう。

髭剃り後のダメージが心配な肌を優しく保湿してくれる化粧水、アルコールが含まれていませんのでヒリヒリする心配も不要。家族で一緒にアヤナスの化粧水を使っている方も決して少なくありませんので、対象年齢だけでなく性別も気にせず使えるのは大変ありがたい魅力になるでしょう。

もちろん男性も初めて使う場合はトライアルセットで肌に合うかどうか確認すること。敏感肌専用とはいえ、まれに肌に合わない場合もありますので肌チェックは必要です。

まとめ

  • アヤナスはエイジングケアが必要だと感じたら何歳でも使える。
  • アヤナスは20代から40代・50代までどの年代にもメリットがある。
  • アヤナスは肌にラップをはるようなヴェールを作る働きがあり、肌を守ると同時に潤いを閉じ込めて乾燥肌を改善する効果が期待できる。
  • コラーゲン生成をサポートする働きが年齢肌・敏感肌に評価されているポイント。
  • 女性はもちろん、敏感肌やテカリが気になる男性にもおすすめ。

 

アヤナスの対象年齢はありませんので、年齢肌が気になりだした時が使うタイミングですね。あらゆるエイジングサインが肌に現れる30代以降、また肌の老化がすでにはじまる20代後半、それぞれの肌環境を正しく理解して上手にアヤナスを使いこなしてくださいね。

この記事も読まれています