スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

疲れが肌に出やすくなった時に皆さんどうしていますか?

肌が疲れてきたと最近感じやすくなりました。元気なく見られる時はどうしたらいいでしょうか。

疲れが肌に出やすくなった時になにか思いつく原因はありますか。体調を崩したり化粧品を変えた時も、肌はハリをなくしたり元気がなくなることがよくあります。原因を排除して次はスキンケアで肌のコンディションを整えてください。

肌の水分が足りなくなると乾燥してハリ不足やくすみなども悪化します。後は肌の栄養不足も考慮して食生活からアプローチすることも意識してみましょう。野菜不足や急激なダイエットなど、気になることがあればすぐに改善し必要な場合はサプリで栄養サポートするといいですよ。

 

疲れが肌に出やすくなった時は血行促進で土台から改善しよう!

肌が疲れるのはあらゆる原因があり、そのままにしておくとシワやたるみ、肌のくすみなどがどんどん進んでしまいます。皮脂腺の働きが不安定になりニキビやふきでものができやすくなることもあるでしょう。体の疲労と同様に肌も疲れが溜まることがありますので、常に肌のコンディションをチェックして早めの対策をしてください。

ではそんな時になにをすればいいのか、化粧品を色々つけても逆に負担になる場合も。体内に栄養を運ぶ血液の流れは美肌ケアにも大切な役割を持っています。疲れが肌にでやすくなった時は血行促進をして肌の土台から元気を取り戻し綺麗な肌を作りましょう。

肌が疲れるこんな要因に注意しよう

肌が疲れるという症状はなんとなく感じる時もあれば、肌荒れや乾燥などのはっきりした症状があらわれることもあるでしょう。疲れが肌に出やすくなったと感じた時は、できるだけ早く対処して肌のコンディションを整えないとさらにトラブルにつながる可能性があります。普段の生活のなかにはあらゆるところに肌が疲れる原因が潜んでいますので、まずは根本的なところから理解しておきましょう。

肌の疲労は体が疲れた時と同じようにはっきり症状を実感するまで自覚できないことが多く、最初のサインをいち早くキャッチすることが大切です。疲れる原因としてはまず不規則な生活が挙げられます。睡眠時間がきちんととれない場合、食事の時間がバラバラなど、このような生活のサイクルが続くほど、肌には負担がかかっています。

ストレスも同様に体内で活性酸素を多くつくり出し肌細胞を酸化させるため、肌が何となく元気なく感じることも。ほかにも刺激の強い化粧品や紫外線による炎症なども角質層の奥からダメージを与えるため、積み重なり疲労が肌にでやすくなる場合もあります。次のような肌の異変を感じたら疲労が溜まっている可能性があります。

肌に疲れがたまっているサイン

  • 肌のざらつきを感じる
  • 乾燥しやすい
  • 化粧ノリが悪い
  • 血色が悪い
  • 毛穴が目立つ
  • ハリがなくなる
  • 目の下のクマがめだつ

血液の流れが肌に与える大切なこと

肌の疲労原因として考えられることは様々、最近は女性の平均体温が低下しているといわれるように、血液の流れが悪く疲労が肌にでやすくなるケースが増えています。体全身を流れる血液は手足の先端、また頭部など体の端の部分には届きにくい特徴があります。そのため血液の循環が悪いと肌に必要な栄養や酸素が届かなくなる可能性があるのです。

肌は定期的に古い角質層が剥がれ新しい角質層が生まれる新陳代謝を繰り返しています。この際に新しい角質を作る材料が揃っていないと質が悪い肌になったり、シワやたるみ、くすみなどの症状が起こってしまいます。血液と肌はとても大切な関係があり、体内の細胞が二酸化炭素を排出して回収することまで血液の働きが担っていきます。ということは良い肌細胞を作るには血液の流れがとても大切になるのです。

血液の流が悪くなると血管の詰まりや酸素不足などとても深刻な状態を招く可能性もありますので、肌や髪、爪などに表れる症状は健康のバロメーターとしても注意しておかないといけませんね。血液の流れを決めるには次の3つの要素があります。

血流の流れを決める3つの要素

  • 血液の質と濃度のバランスが整えっている
  • 血流がスムーズである
  • 血管の弾力があり詰まりがないこと

血行を促進する食べ物を積極的に選ぶこと

食生活は正常な血液の循環に大変重要になりますので、疲れが肌にでやすくなった時は食べ物からも改善するコツが必要です。血液の流れが悪くなると顔色もくすみがちでファンデーションで無理に肌のトーンを明るくすることもあるでしょう。そこで肌の血液循環を活発にするためにオススメの食べ物をご紹介します。

食物繊維

腸内環境を整えるためには食物繊維が欠かせません。腸内には様々な菌が定住していますが、大人になってから新しい菌を取り込んでも定着しないといわれています。そのため腸内環境を整えるには腸の掃除をして栄養の吸収を活発にする食べ物がオススメです。たとえば豆類、キノコ類、海藻類、アボカドなどもよいでしょう。

発酵食品

発酵食品は腸内の善玉菌の働きを活発にしてくれるので、結果的に美肌作りにつながります。納豆、みそ、キムチ、ヨーグルトなどを定期的に食べましょう。

ビタミン類

血液を運ぶ働きがあるビタミン類は血行改善に必要です。例えば活性酸素から赤血球を守るビタミンE、肌の血色を整える鉄などが多く含まれた食べ物を選びましょう。ビタミンEならうなぎや抹茶、アーモンドなど鉄はレバー、ブロッコリー、プルーンなどがオススメです。また急激なダイエットなどはさけて、1日3食必ず食べる食生活を心がけてください。

体の冷えに注意して血行改善すること

体の冷えは習慣的な生活が基盤になり、体調を崩すまで気がつかないことがよくあります。肌の疲れを改善するためには顔だけでなく全身の血行にも注意しましょう。

そこで「冷え」改善をするためのコツですが、普段から薄着をしないことがまず基本。靴下をはかない、お腹がでてしまう洋服、エアコンの中で寒いと感じるなど、体をしっかり温めるにはまず衣類で調整してください。とくに手足などは冷えが進みやすいので寒い冬は手袋、靴下の重ね履きなどがオススメです。

また全身を温めるにはゆっくり入浴することも効果的です。シャワーだけでは体の中まで温まらないため、すこしぬるいと感じる程度のお湯に長時間浸かり、汗をかくまでお風呂に入りましょう。食生活では冷たい食べ物や飲み物は胃腸を冷やす原因になりますので、消化吸収の活動が低下して肌の栄養が十分に作れない可能性もあるでしょう。冷えが気になる場合は温かいスープや香辛料を使った食べ物も効果的です。

冷え対策は自分のライフスタイルに合わせ根本原因をターゲットにして行うことがコツ。最近では精神的なストレスからくる冷えも増えていますので、自律神経が安定するようにリラックスする時間も冷え改善にメリットがあります。昔から使われている「腹巻」は全身に温かい血液を巡らせるスポット、おへその下までしっかりカバーして冷え対策に役立ててください。

オイルマッサージで外部からも刺激を与える

全身のマッサージは筋肉の緊張をほぐし血行改善に大変効果がありますので、同じようにピンポイントで肌のマッサージも疲れを改善するためにオススメです。その時に使いたいものがオイル、色々な種類があるなか疲労が肌にでやすくなった場合には「アルガンオイル」がオススメです。

オイルは水分をブロックするイメージがありますが、アルガンオイルは皮脂と似ているため、角質層までしっかり浸透しブースター的な役目もあります。オイルマッサージをした後に化粧水が染み込みやすい肌状態になるため、疲れた肌の潤い補給にもメリットがあるでしょう。

オイルマッサージは週に2回程度、体が疲れている時の癒しとしても習慣にしてください。洗顔をしたらその後にアルガンオイルを顔全体に広げ、その上から蒸しタオルをかけ5分ほど時間をおきます。毛穴が開き始めたらゆっくり顔の下から上に向かってマッサージしましょう。疲れがでやすい目の下はリンパ線がありますので、中心から外側に向かうようにやさしくマッサージ。血行が改善されると肌の色が健康的に輝き、免疫機能が活発になりニキビ予防や炎症予防にもなります。

元気な肌を取りもどす美容成分を使う

美肌の敵になる肌の疲労、本来ならば化粧品で肌のコンディションを整えるはずが肌に合わない刺激の強い化粧品だと、さらに症状が悪化する場合もあるでしょう。化粧品は添加物が使用されない安全なものを使い、できるだけ負担が少ないスキンケアを心がけてください。そして肌に栄養を与えることも化粧品の役目ですから、何が不足しているか考えながら上手に美肌成分を選んでください。

とくに目立つ症状がないけど肌が疲れるという場合は保湿ケアをシフトして、しっかり角質層の奥から潤いを与えましょう。肌に活力を与える時は次の美容成分をぜひ参考にしてください。

プロテオグリカン

プロテオグリカンは毛細血管からでる栄養素や酸素を保持して必要なところへ運ぶ作用があります。また老化予防にもメリットがありますので、年齢肌の疲れを感じる時によいでしょう。

アミノ酸

角質層にある天然保湿因子は半分がアミノ酸で作られています。現在わかっている天然アミノ酸は500種類といわれていますが、体のタンパク質を構成するものはたったの20種類。化粧品でアミノ酸を補給することは肌の土台から強化する意味があります。

ヒト型セラミド

バリア機能が正しく活動するためにはセラミドが必要です。角質細胞間脂質の半分を占めるセラミド、とくに人間の肌にあるセラミドに似ている構造として生成されたヒト型セラミドは、バリア機能を強化して肌の潤いを長時間維持する効果があります。

まとめ

  • 不規則な生活やストレスは肌を疲れさせる原因。ざらつきや乾燥などのサインを見逃さないことが大切。
  • 血液は肌に栄養を運ぶとともに二酸化炭素を回収している。血流を良くすることが美肌の重要なポイント。
  • 肌がつかれていると感じたら、食物繊維や発酵食品、ビタミン類など血流を促進する食べ物を積極的に選ぼう。
  • 全身の血行を改善するためには冷え対策が重要。ストレスが原因の冷えにはリラックスする時間が必要。
  • 血行改善にはマッサージが効果的。疲労が出やすくなった肌にはアルガンオイルがオススメ。
  • 肌に疲労を感じたら保湿ケアをシフト。ヒト型セラミド配合の化粧品などで角質層の奥までしっかり潤いを届ける保湿ケアを。

 

疲れが肌にでやすくなった時は、忙しい生活をいったん見直してゆっくり休むことも大切ですね。肌が綺麗であることは体が健康である証拠、そのためにも血行改善を意識して体のなかから元気を回復しましょう。

この記事も読まれています