スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

季節の変わり目の肌荒れ対策・夏から秋へシフトするポイント

季節の変わり目は肌荒れを起こしやすいため、気温の変化などにうまく対応したスキンケアが必要になります。とくに温度差が激しい夏から秋は年間を通してもっとも肌のコンディションが不安定になる時期。

肌環境を正しく把握しないとそのまま乾燥季節へ突入してしまいます。そこで季節の変わり目の肌荒れ対策ですが、もっとも注意が必要な夏から秋にかけてのポイントについてご紹介したいと思います。

食欲の秋ともいわれる時期で食べ物からも肌が影響を受けることもあるでしょう。秋の美肌を作るために知っておきたい大切なポイントを早速見ていきたいと思います。

秋になると肌荒れしやすくなる3つの原因

季節の変わりの肌荒れは気温差が激しくなる夏から秋にかけて要注意です。なぜ秋は肌が不安定になるのか次の3つの原因についてご説明しましょう。

夏の疲れがでるため

夏は紫外線や皮脂、汗など肌にあらゆる負担がかかり過ごしやすくなる秋になると一気にダメージが肌に現れてきます。夏に浴びた紫外線はシミやそばかすを増やし老化が進む時期。また汗をかくためにスキンケアを手抜きしてしまうことも夏の肌が疲れる原因です。そのため秋は冬に向けた準備だけでなく夏の疲れから回復するためにもスキンケアを大切に考える必要があります。

気温差に肌がついてこれない

秋はあっというまに冬を迎え気がつくと肌がゴワゴワになっているなんてことがありませんか。季節の変わり目の肌荒れは気温の差によるもので、皮脂分泌量や汗の量が激減し肌環境が不安定になってしまいます。空気の乾燥が激しくなる時期ですから、夏のようなお手入れでは肌がついてこれないのです。

コラーゲンがダメージを受けている

夏の紫外線は角層内のセラミドやコラーゲンを破壊してしまうため、肌の奥から乾燥が進んでいます。夏のエアコンは肌の水分を蒸発させ汗をかいているわりにはかさつきが目立つということがあります。水分量が減った肌をそのままにしておくとハリ不足や乾燥が進み、シワなどの老化も進みやすくなります。

夏と同じクレンジングと洗顔はしないこと

夏は皮脂や汗、ほこりなどの汚れがありクレンジングと洗顔で清潔にしないと毛穴の詰まり原因になります。汗をかいた後に水で顔をさっと洗い流すことも多く、無意識の間に夏は洗顔回数が増えてしまう場合もあるでしょう。

秋にシフトする際は夏の洗顔習慣を見直してください。クレンジング剤は秋になったら肌に優しいクリームやミルクタイプにすること。洗顔石鹸はさっぱりよりもしっとり系を選び、肌を手で無理にこすらないように丁寧に洗顔してください。

夏の間中紫外線を浴びてきた肌は表面がとても弱く、摩擦すると頬の赤みやヒリヒリ感を感じることもあるでしょう。メイクをしていない時はぬるま湯だけで洗顔、またポイントメイク用のクレンジングを使うなどできるだけ乾燥予防を意識した洗顔を行ってください。

クリームやオイルをプラスした保湿をしよう

季節の変わり目の肌荒れは気候の変化により肌の働きが不安定になっているサインです。とくに秋は肌の乾燥が進みやすくこの時期にしっかり保湿をしないと、冬にもっとダメージを受けてしまいます。夏は肌のテカリやべたつきを抑えるために、できるだけシンプルな基礎ケアをする方が多いと思います。秋になったら化粧水で水分補給をしたらオイルやクリーム系をプラスしてみずみずしい肌を維持しましょう。

秋は冬ほど肌がかさつくことはありません。しかし手を抜いてしまうと一気に水分保持力が低下して冬の保湿がうまくできないことも。オイル系はさらっと肌を保護し水分を中に閉じ込めてくれる作用がありますので、柔軟な肌作りのためにもぜひオススメです。ココナッツバター、アーモンドオイルなどの植物系オイルはシンプルで肌との相性も抜群。敏感肌に傾きやすい秋は化粧水に油成分をプラスして仕上げてください。

また毎日のスキンケア以外にも週に2回ほどのマッサージやマスクなどのスペシャルケアも大切。夏の疲れが肌を正常に戻るために栄養補給をたっぷりしておきましょう。

紫外線対策は簡単で効率的なミネラルファンデーション

夏の紫外線対策は皆さんも忘れずにやっていると思いますが、秋になるとつい油断してなにもせずにメイクで終わらせてしまうことがあります。秋の日差しは夏ほどではなくてもかなり紫外線量が多いため、日焼け止めの使用は絶対に忘れないでください。でも面倒なのがスキンケアに余計なステップが増えてしまう点。秋だからといってやたらと肌につけることもできれば避けたいこと。そこで乾燥対策をしながら紫外線対策ができる便利なミネラルファンデーションがオススメです。

パウダー系のミネラルファンデーションはSPF効果もあり下地で日焼け止めクリームを使う手間がありません。夏のべたつきが若干残る秋はリキッドよりもパウダーのほうが使いやすいと感じる方もいるでしょう。ミネラルファンデーションは無添加処方タイプが多く保湿効果も抜群。カバー力もありますのでシミや毛穴の汚れが目立つ人にもオススメです。

なによりもパウダー系はクレンジングが手軽にできるため、薄くパウダーを付けた場合はクレンジングを使わなくても石鹸だけで落とせることも秋のスキンケアに魅力になります。

暴飲暴食は肌荒れを悪化させるので注意しよう

夏に食欲がなくなった人も、気温が過ごしやすく変化する秋は何を食べてもおいしく感じるでしょう。つい暴飲暴食をしてしまうこの季節、肌細胞の糖化に注意してください。糖質を過剰に摂取すると肌の糖化が進みシワやたるみなどの老化が進行してしまいます。糖化は誰にでも起こることで糖化対策を油断するとタンパク質が糖化してそのまま蓄積されてしまいます。

肌の糖化はエラスチンやコラーゲンの糖化につながり、肌が黄色にくすんだりハリ不足やシワが深くなる症状に。シミもできやすい環境になるため食事の影響を受けやすい秋はとくに注意しましょう。徐々に寒くなる秋は内側から綺麗になるドリンク系がオススメです。粉末タイプのスムージーや野菜を細かく刻んだスープなど、満腹感がでやすい水分でしっかり美肌の栄養補給をしてください。

花粉症の可能性も考えよう

季節の変わり目の肌荒れは、秋の場合は花粉症が関係している可能性があります。春の花粉があちこちに飛ぶ時期は皆さん用心しているはず。しかし意外な落とし穴で秋も花粉が意外と多く飛んでいるのです。この時期に多い花粉はヨモギ、ブタクサ、イネなど。秋になり肌の乾燥がひどくなる、ヒリヒリするという場合は花粉皮膚炎の可能性があり、首やアゴ、頬などの露出している部分に症状がでやすくなります。

この場合はアレルギー反応を起こしているため皮膚科で相談することも大切。また花粉が原因の肌荒れは次のポイントを意識して秋のスキンケアを行いましょう。

  • マスクをつける
    花粉からできるだけ肌を守ることが大切なので、大き目なマスクをつけて外出しましょう。
  • ファンデーションで花粉をブロック
    肌のシールド的な作用があるファンデーションは花粉から肌を守る効果も期待できます。ちょっとだけの外出でもファンデーションをつけておくと安心です。
  • 花粉対策の化粧品を使う
    最近は空気中に存在するアレルゲンをブロックする化粧水や美容液なども販売されていますので、心配な時はこのような便利アイテムを使い肌を保護しましょう。

まとめ

  • 秋になると肌荒れしやすいのは、夏の疲れが出る、気温差に肌がついてこれない、コラーゲンがダメージを受けていることが原因。
  • 秋にシフトする際は夏の洗顔習慣を見直し、乾燥予防を意識した洗顔を行うことが重要。
  • 秋のスキンケアは冬に備えて油成分をプラス。マッサージやマスクなどのスペシャルケアも大切。
  • メイクには乾燥対策をしながら紫外線対策ができるミネラルファンデーションを使うのもよい。
  • 暴飲暴食は肌の糖化を加速させるので要注意。スムージーやスープなどで上手に栄養補給しよう。
  • 秋は意外に花粉の多い季節。マスクやファンデーションで花粉をブロックすることが大切。花粉対策の化粧品を使うこともオススメ。

 

季節の変わり目は肌荒れなどのトラブルが起こりやすく対策が分からずに間違ったスキンケアをすることもあります。とくに秋にシフトする際は肌荒れ原因を根本から改善し、保湿を徹底させると安心ですね。

この記事も読まれています

  • 肌のくすみを改善するパパイヤオイル!美肌は自然の力が大切

    パパイヤオイルはちょっと聞きなれないものかもしれませんが、スキンケアではあらゆるメリットがあり美容製品でもパパイヤオイルを配合した商品が増えています。 パパイヤオイルは果肉でなく食べる時に通常捨ててし …

  • 肌断食で美肌ゲット~用意するものなし!10のコツ~

    肌断食はいつもお疲れの肌を休息する意味もあり、近年とても注目されているスキンケアです。ネット、雑誌、テレビ番組などあらゆるところでスキンケア方法について紹介されていますが、情報が多くても自分の肌にしっ …

  • 顔の赤みを消す方法!刺激がないナチュラルな改善策6選

    顔の赤みは見ているだけでも痛みを感じるほど炎症を起こしている時や、かさつきが激しく粉をふくような赤ら顔もあります。どんな度合いでも顔の赤みはストレスになるほど、自分で対処しきれない時は皮膚科でまずは相 …

  • 肌荒れを治す方法~ローズウォーターの美肌効果~

    肌荒れを治す方法はスキンケア、食生活、ストレス解消などいくつものアイデアがありますが、一番気にすべき点はどんな方法を行うにせよ肌に一番安全で負担がない手段を選ぶべき点。肌荒れは化粧品が刺激になるケース …