スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

40歳を超えてから今までの化粧品が合わなくなった人いませんか?

30代からずっと使用してきた化粧品が40代になってからヒリヒリするようになりました。とても好きな化粧品だったのでできれば変えたくはありません。なにか良い方法知っている方ぜひ教えてください。

40代から肌の調子が不安定になるという話はよく聞かれます。この原因は年齢によりバリア機能が低下し刺激に弱くなっていることが挙げられます。

バリア機能を回復させるには保湿で肌細胞を活性化することが基本。刺激のある化粧品はいったん使用をストップして低刺激化粧品やアンチエイジングシリーズに変えましょう。肌に馴染む化粧品を手放すのは残念なこと、しかし年齢にあうお手入れは老化予防に欠かせませんよ。

 

40歳を超えてからの化粧品選びで知っておきたいこと

年齢ごとに化粧品を見直すということはスキンケアの鉄則、しかし肌と相性が良いものを無理やりほかの化粧品に変えるのはいいのかどうか迷ってしまうことがありませんか。逆に40歳を超えてから今までの化粧品が合わなくなったという方も多く存在し、この年齢はどちらにせよ化粧品を見直すよいタイミング時期になります。

若い頃には想像できなかったシミやたるみ、くすみなどのエイジングサイン、40代に突入したらなにかしら肌の老化予防に関するお手入れははじめたいところ。しかし毎日使う化粧品選びは思っている以上に難しいことではありませんか。そんな悩みを抱える40代に向けて、化粧品選びで知っておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。

肌に合わない化粧品を使用してはいけない理由

40代になると化粧品から受ける刺激もさらに強くなり、いきなり今までの化粧品が肌に合わないなんてことがよく起こります。そもそも40代の肌の特徴は女性ホルモンが少しずつ減少するために、ツヤが少なくなり弾力性や保湿力も一緒に低下していきます。

とくにコラーゲンの減少は40代になると著しく乾燥症状が起こりやすくなるので、それに伴いバリア機能が低下してしまいます。またターンオーバーも周期が長くなるだけでなく、角質層が綺麗にはがれないためにくすみやシミができやすい環境も揃っているのです。

このように40代の肌はあらゆるエイジング症状が訪れる時期ですから、肌の機能に合わせてスキンケアを見直すことが大事。今まで使ってきた化粧品が急に肌に合わないと感じた時は無理に使用を続けるのはまず避けてください。

そのうちに肌が慣れるだろうというのは若い時だけ。年齢肌は化粧品に肌を合わせるのでなく、肌に合った化粧品を使わないとさらなる負担でバリア機能が破壊されてしまいます。化粧品の保存料などの添加物も40代になり負担に感じることもあるでしょう。なんとなく合わない化粧品からヒリヒリして使えないもので様々ありますが、化粧品の効果を実感できない場合はダメージを増やさないためにまずは使用を控えてください。

肌トラブルは判断力を鈍くするので要注意

肌環境が乱れ始め乾燥や肌の赤み、かゆみやヒリヒリなどの症状がでるとつい焦って化粧品を変えることがあります。いつもよりも値段が高い化粧水にしたけど、もっと肌が悪くなったなんてこともあるでしょう。トラブルが続く場合は肌の状態が不安定で正しく化粧品の効果を判断できません。気になる不快な症状を抑えるために選ぶ化粧品は一時的な効果を期待しているため、年齢肌の根本的なケアにはならないのです。

40代を過ぎると今まで以上に化粧品選びが難しくなることをまずは知っておきましょう。それは誰にでも共通する点なのでまったく心配することではありません。肌に合わない化粧品はまず使用を中止してからシンプルなスキンケアに置き換えてください。洗顔から保湿まですべてひとつでできるオールインワン化粧品を使うのもよいでしょう。また肌環境を整えるためには睡眠時間や栄養摂取などにも心がけ内側からもしっかりお手入れをしてください。

間違った化粧品選びの基準を見直すこと

40歳を超えてから今までの化粧品が合わなくなったら、まず見直してほかの化粧品にすることが大切です。その際についやってしまう間違った化粧品選び、次のポイントに注意して失敗しないよう慎重に判断してください。

  • 宣伝文句に惑わされてしまうことがよくあります。すぐにハリが回復!シワがあっという間に消えるといった魅力的な宣伝には要注意。どんなアンチエイジング化粧品でも使ってすぐに効果が出るものはまずないでしょう。
  • 値段が高いから安心という判断基準に注意してください。同じ配合成分でも値段はピンキリ。高くなるのはメーカーの宣伝費や人件費など化粧品の効果には全く関係ないコストがかかっているためです。
  • ベビー用品を使いすぎるのは肌によくありません。赤ちゃん用に安全に作られている反面、油性成分が多く含まれていることもありますし浸透性が期待できない点も年齢肌に注意が必要です。
  • 激安コスメは添加物が多い可能性があるので注意しましょう。質の高いプチプラコスメも多く存在しますが、100円ショップなどの激安商品は原価も安く、美肌効果がないだけでなく添加物を多く使用している可能性があります。
  • ライン使いにこだわらないこと。ライン使いは配合成分の相乗効果を狙うメリットがありますが、なかにはメーカーの販売戦略でセットにしているものもあります。

基本は化粧水選びから!

化粧品のなかでも一番使う量が多く肌に影響を与えるアイテムが化粧水。40歳を超えてからはまず化粧水との相性を大切にしてください。化粧水は肌に水分を与える役割があり潤い成分が少ない年齢肌には欠かせない存在。基本的には肌質ごとに違うタイプが販売されていますので、正しく自分の肌を知ることが最初のステップになります。

判断基準はまず洗顔後の肌を数分間放置した状態でどのような症状があるか確認してください。次の特徴ごとに自分の肌タイプに合った化粧水を選びましょう。

肌質ごとの化粧水選びのポイント

  • 普通肌
    水分と皮脂量のバランスが整っている一番理想的な状態。洗顔後のツヤやハリがあり表面もやわらかく潤いが長時間維持されています。乾燥しやすい時期に化粧水に合わせてクリームを使いこなしましょう。
  • 混合肌
    日本人でもっとも多いといわれるこのタイプは皮脂ゾーンがテカリやすく頬や目の周辺は洗顔後にかさつきはじめます。この場合は低刺激の自然由来の化粧水を使うと安心です。
  • 乾燥肌
    洗顔後すぐにかさつき、場合によってはヒリヒリすることも。バリア機能が弱いため美容液などで集中ケアしましょう。
  • 脂性肌
    洗顔してもなんとなく肌がべたつく感じ。しっとりタイプよりもさっぱり系の洗顔料を使う人は脂性肌の可能性があります。しかしインナードライの可能性もあるので脂性肌用の保湿化粧水でしっかり潤いを与えてください。

目的に合わせた美容液をプラスしよう

40代からは化粧水と乳液とシンプルケアにプラスしたいアイテムが美容液です。シミやたるみなどの老化サインをケアするためには、アンチエイジングに特化した美容成分を使うことがコツになります。エイジングサインのような肌トラブルは表面のケアでなく、細胞レベルから機能を向上しないといつまでたっても予防改善はできません。

美容液は角質層の奥までしっかり浸透して栄養を届けてくれますので、さらに肌のコンディションを整えるメリットもあります。美容液を選ぶ際は浸透力を意識すること。また美白やリフトアップなどのトラブル専用タイプを選んでもよいでしょう。スキンケアは毎日の作業、コスト面もできれば安心できる商品が理想的です。たっぷり使えるコスパの良さなども判断する際の基準にしてみましょう。

肌に合う化粧品を選ぶ3つの方法

40歳を超えてから今までの化粧品が合わなくなったら次の3つの方法を参考にして慎重に肌環境に合うアイテムを見つけてください。

  • 店頭のテスターを使う
  • 返品できる商品を購入する
  • 口コミなどの評価を参考にする

どんなに人気がある商品でも実際に使ってみるまで自分の肌に合うかどうか判断できません。確実なのはテスターを肌につけてみること。デパートの化粧品売り場などテスターが豊富にあるところでチェックするのもよいでしょう。また場所によっては化粧品が長期間開封されたままの状態でサンプルとしておかれたものがあるので、できれば小分けになったサンプル商品を使うほうが安心です。

テスターがない通販の化粧品の場合は返金制度があるものを選ぶことがコツ。すべての化粧品に返金制度があるわけではありませんので、選ぶ時の参考にするとよいでしょう。返金保証をしているメーカーは商品の質に自信があるので、利用者が納得しやすいかもしれません。

そして最終的に判断する際には口コミもできればチェックしておきましょう。口コミだけでは参考になりませんが、その他の基準と合わせて利用者の意見を参考にすることはとても大切です。とくに悪い口コミは見逃している部分を発見するチャンスになるので、化粧品の判断基準としてプラスしてください。

まとめ

  • 40代は肌のバリア機能が低下するので効果の実感できない化粧品の使用を避けるべき。
  • 肌に合わない化粧品は使用を中止してシンプルな化粧品に置き換えることが大切。
  • 宣伝文句に惑わされたり価格やライン使いにこだわるなど、間違った化粧品選びの基準を見直そう。
  • 40代からの基礎化粧品選びは化粧水を重視。肌質に合ったものを選ぶことがポイント。
  • 40代からは化粧水と乳液に美容液をプラス。美白やリフトアップなどトラブル専用タイプを選ぶのもよい。
  • 肌に合う化粧品を選ぶためには、店頭のテスターを使う、返金制度のあるものを選ぶ、口コミなどの評価を参考にするのがコツ。

 

40代の肌は新たなステージに入り、トラブルや肌の衰えにがっかりすることも増えるかもしれません。しかし化粧品選びを正しく行い肌環境に合わせたスキンケアを続ければ、年齢よりも若さをアピールできる美肌作りは可能ですよ。

この記事も読まれています