スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

出産を機に肌が敏感になりました!こんな時は皮膚科にいくべきですか

出産を機に肌が敏感になりショック。今まで肌トラブルは一度もなく出産してから肌のくすみや肌荒れがひどくて困っています。皮膚科に行かずに改善する方法はありますか。

まずかゆみや痛み、腫れなどが何日も続く場合は炎症などの可能性もあるので、その場合は早く皮膚科で相談することをオススメします。もし軽度の肌荒れであれば普段のスキンケアでしっかり保湿をして乾燥予防することがまず大切です。

メイクも必要以外しないこと、化粧水だけでなく乳液とクリームも使いしっかり水分を閉じ込めてください。子育て中は忙しいのでオールインワン化粧品で簡単なスキンケアすることもオススメです。

 

出産を機に肌が敏感になったらオールインワンコスメで保湿!

出産を機に肌が敏感になるという話は決して珍しくはありません。女性の体はホルモンの働きにより健康や美容にもあらゆる影響を与えています。妊娠、出産、授乳というあらゆるステージで女性ホルモンの分泌が不安定になりますので、肌荒れやふきでものなどが妊娠前よりも多くできることがあります。そんななかでも困るのが肌質まで変わってしまうこと。普通肌だった人が出産を機に敏感になり、化粧品がまったく肌に合わなくなるというケースがあります。

こんな場合にまず避けるべきことは、刺激を感じる化粧品は使用しないこと。無理なスキンケアで肌に負担を与えると老化症状もどんどん増えていきます。出産後の肌にオススメしたいのがオールインワンコスメ、どんなメリットがあるか詳しくご紹介しましょう。

出産後の肌の状態と敏感になる原因

出産後は育児でスキンケアどころではありません。だからこそ肌の変化にもつい鈍くなってしまい気が付いたら大変なことに。そんなトラブルを回避するためにも、出産後の肌の特徴について詳しくご説明したいと思います。

妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲンが多く分泌され新陳代謝が活発になります。すると一時的に肌のツヤやハリがアップすることもありますが、出産後はホルモン分泌の変化により急激に肌の調子が悪くなります。ホルモン分泌の低下により肌のバリア機能が低下し、外部の刺激に敏感に。とくに化粧品による刺激は知らない間に負担になるため、上手にスキンケアを続けないと肌質が変わってしまうこともあります。

肌環境が急激に変化する産後、それに合わせて育児の疲れ、ストレス、睡眠不足なども肌機能を低下させる要因になりますので、肌トラブルが起こりやすいことを理解して上手にお手入れをしないといけません。主な産後の肌トラブルには以下のようなものがあります。

産後の主な肌トラブル

  • 乾燥
  • ふきでものやニキビ
  • かゆみ
  • 肌荒れ
  • シミやそばかす

肌に合わない化粧品は使用を一時ストップしよう

ヒリヒリする化粧水、浸透性が悪い化粧品など、今までと同じ化粧品を使っていても突然使用感が変わってきたように感じるでしょう。もし不快な症状が続く場合はすぐに化粧品の使用をストップしてください。刺激の少ない化粧品に変えて保湿と紫外線対策に重点を置くことが必要です。

赤ちゃんのお散歩で外出する機会も増えるため、日焼け止めはとくに意識したいところ。敏感肌の症状が悪化するときは無理にがまんせず皮膚科で相談することも大切です。

また赤ちゃん用のスキンケア、ローションやオイルなどは敏感肌に安全に使えそうなイメージがありますが、あくまでも赤ちゃんの肌に合わせて作られたものですから、油分が多いタイプも存在します。ずっと使い続けるとニキビやふきでものができやすくなる場合もあるのでご注意ください。ベビー用を使う時には次のポイントを意識するとよいでしょう。

ベビー用のスキンケア商品を使うときのポイント

  • 大人のボディケアに使う
  • 外出先の保湿として携帯する
  • 念のためパッチテストをしてから使用する

産後のスキンケアはお風呂上りがコツ

産後の生活は女性にとって毎日が目まぐるしく、スキンケアの時間もほとんどない状態です。女性ホルモンが安定するのは産後約1年後といわれていますので、この期間に上手に肌環境を整えないとシミやシワなどの老化症状も進んでしまいます。そこでオススメしたい産後のスキンケアのコツがお風呂上りのお手入れ。入浴中は唯一のんびりできる時間なので、浴槽に入ったままマッサージやパックをするのもよいでしょう。

そして入浴後は肌から水分が蒸発していくため、すぐに化粧水で肌を整えてください。血液の流れがよくなっているのでスキンケアをするのは好都合なタイミング。多少パッティングの回数を減らしてもぐんぐん肌が水分を補給してくれますので、効率的な保湿ケアができます。またシートタイプのマスクも入浴後汗が引いたらすぐに使い、片付けや育児をしながらでもできるスキンケアを上手にプラスしましょう。

オールインワン化粧品は簡単で肌に優しい

産後の忙しいママさん達にオススメがオールインワン化粧品。時短のスキンケアができるだけでなくひとつで機能的なお肌のお手入れができるため、幅広い年齢層で支持されています。あまりにも忙しくて洗顔後は化粧水だけ、という人も多いでしょう。しかし産後はバリア機能が低下しているのでしっかりスキンケアに時間をかけないと肌が一気に老化してしまいます。

でも時間がないからなにもできない、そんな悩みを解消してくれるのがオールインワン化粧品です。出産を機に肌が敏感になったという方は美白ケアよりも紫外線対策が必要。そのためにはバリア機能を強化するお手入れが欠かせません。

オールインワン化粧品には化粧水や乳液だけでなく美容液やマッサージ、下地などもすべて含まれていますので、たった一つで朝の準備は完了。しかも水分と油分とバランスよく含んでいるため、肌のしっとり感も長時間持続します。外出するときはさらに日焼け止めを使って保護しておきましょう。

肌に合うオールインワン化粧品の選び方

オールインワン化粧品は一般的な基礎化粧品とは違い、ひとつであらゆる機能を果たすものです。そのため若干効果が不足することもあり、とくに保湿に関しては十分にできないという声もあります。そこで敏感肌にあわせ上手に選ぶためには次のポイントを比較して、オールインワンだけでは充分でない場合は二度つけ、もしくは化粧水をつけてから使うなど工夫をしてみましょう。

  • コスト
    育児中はできるだけコスメにはお金をかけたくないという方はコスパからも比較してみましょう。定期購入でお得に買う方法もあります。
  • 無添加
    保存料や色素などの添加物は肌に刺激になるため敏感肌はとくに注意して無添加化粧品を選びましょう。
  • 保湿成分
    産後の肌のバリア機能をアップするためにはセラミドやヒアルロン酸、また抗酸化成分なども含まれているとアンチエイジングにメリットになります。
  • 生活習慣からアプローチできること
    出産を機に肌が敏感になった場合、スキンケアを見直すことはとても大切なポイントです。さらに肌本来の力を発揮するためにも普段の生活のなかでできることを考えてみましょう。
  • 睡眠
    時間育児中はぐっすり眠ることができないため睡眠不足で肌荒れになるのはどうしても避けられないこと。少しでも肌の疲労を控えるためにも昼寝時間などを利用して上手に休息してください。
  • 栄養
    ビタミンたっぷりの食生活など敏感肌は栄養補給も肌質改善に大切な点です。とくにビタミン類はアンチエイジングにも良く、シミ対策やコラーゲン生成のサポートにもなります。作りおきできる野菜や果物たっぷりのスムージーや、サプリメントをプラスすることもよいでしょう。
  • 運動
    お散歩でエクササイズをしましょう。育児で忙しく動きまわっているので時には気分転換も大切。お散歩でウォーキングすると産後の体を回復するためにメリットになります。

まとめ

  • 出産後はホルモン分泌の減少により肌のバリア機能が低下し、外部の刺激に敏感になるため肌トラブルが起きやすい。
  • 化粧品が肌に合わないと感じたらすぐに使用をストップ。刺激の少ない化粧品に変えて、保湿と紫外線対策に重点をおくことが必要。
  • 血流がよくなっている入浴後はスキンケアの効果があがりやすい。シートマスクなど「ながら」アイテムを上手に活用しよう。
  • バリア機能の低下している産後は、しっかりお手入れしないと肌老化が進みがち。忙しいママには、時短で機能性の高いオールインワン化粧品が便利。
  • ひとつであらゆる機能を果たすオールインワン化粧品は、効果が不足することも。選び方・使い方を工夫することも大切。

 

出産後は生活が今までとがらりと変わり時間をかけていたスキンケアも後回しになってしまいます。肌を安定させるためには効率的な保湿ケアが大切なので、できることから徐々にスタートしましょう。

この記事も読まれています