スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

アスタリフトを何歳から使うと一番効果がある?年齢別の使い方

アスタリフトは何歳から使えばいいのかよく質問が寄せられます。テレビCMでもおなじみの有名アンチエイジング化粧品なので、興味を持たれる方はとても多いでしょう。そもそもアンチエイジングのケアは肌の老化予防をすることがメインになりますので、アスタリフトを何歳から使うといいのか若い年齢でも気になる方はいるでしょう。でもイメージ的に中高年の女性向きで年齢肌がはっきりわかる状態でないと使えないもの、という印象もあります。

口コミやレビューでも大変高評価のアスタリフト、今回は使用する年齢について詳しくご説明したいと思います。肌のお手入れはタイミングがとても大切、いつまでも若く美肌を整えるためには化粧品の使い方は大事なポイントです。

アスタリフトの特徴を知ろう

アスタリフトは年齢肌用の化粧品、というイメージが定着していますが、対象年齢が何歳なのか困っている人も多いようです。まず年齢に関して理解する前にアスタリフトとはどんな化粧品なのか特徴をご説明します。ぷるっとした赤いジェリーを肌にのせるCMはとても衝撃的で印象に残り、ぜひ一度使ってみたいと思った人は多いはず。アスタリフトは愛用者190万人を突破する人気シリーズのアンチエイジング化粧品です。

宣伝やCMをみるとわかるように、起用される芸能人は30代前後~50代の松田聖子さんまで色々。アスタリフトが力を入れているのは「肌の土台作り」。うるおいをしっかり肌の奥まで浸透させて弾力やハリを回復する効果を狙っています。配合している美容成分のひとつがセラミド。肌が潤いを維持できるのはセラミドのおかげ、しかし年齢とともに減少するため肌の乾燥やかさつき、ごわつきなどの浸透率が悪い肌になっていきます。

高濃度のWヒト型セラミドを配合し肌の潤いケア、そしてアスタリフトの特徴でもあるアンチエイジングの赤の成分、アスタキサンチンとリコピンを配合して肌のハリや輝きをもたらすケアができます。富士フィルムの写真技術を生かしたアスタリフトには高い浸透性があるナノテクノロジー、抗酸化技術、コラーゲン研究や光解析など肌のメカニズムからアプローチする高品質の化粧品になっています。以下のような症状を感じる肌にオススメです。

アスタリフトはこんな肌にオススメ

  • 目元や口周辺がかさつきやすい
  • 美容液や化粧水がすっと肌に浸透しない
  • 同年代の人と比べると老けて見える

何歳から使うという決まりはない

アスタリフトは何歳から使うものか、メーカーかでははっきりとした対象年齢は記載していません。商品広告を見ると30代~50代をターゲットにしていますが、20代から使ってはいけないという注意事項もありません。アスタリフトは若い人でも使用できる日焼け止めなどもありますし、もちろん美白ケアやアイクリームなどのスポット向けのアイテムもあります。何歳から使うといいか迷う前にどのような肌トラブルが気になるが正しく把握しておくことが大事。加齢による肌環境の変化は何歳から始まるとはっきり断言できるものではありません。

さらにライフスタイルや食生活なども肌の働きに影響を与えますので、アスタリフトを何歳から使うべきかすべて自己判断となるでしょう。心配な場合は富士フィルムのカスタマーセンターに問い合わせをしてみるのも方法のひとつ。実際の利用者は30代~50代が多くなっていますが、早めにアンチエイジングをスタートする20代の人も少なくありません。

なぜなら肌の老化は20代後半からスタートしコラーゲンやヒアルロン酸など美肌成分は徐々に減るため。何歳からと年齢で区切るよりも、いつからアンチエイジングをスタートするか、肌の変化に敏感になることがアスタリフトを使いこなす秘訣になります。

20代でアスタリフトを使う際のコツ

20代は前半と後半で肌の調子がぐんと変わることがあります。その理由は20代後半から減少するあらゆる美肌成分のためで、いきなりシワやシミができることはなくても肌の土台から少しずつ変化を感じていきます。20代で結婚、出産する人はホルモンの変化で肌機能が衰えることもあるでしょう。肌のハリ不足は20代後半から多くなる悩みのひとつ、昼寝後に頬に枕の跡が付いたなんて時は肌の弾力が不足が原因かもしれません。

しかし20代はまだ肌の若さがありますので、アスタリフトをすべてラインで揃える必要はないでしょう。30代以降の老化防止や肌の基盤を整えたい20代にはアスタリフトのモイストローションがオススメです。化粧水は肌の潤いを整えて不足するセラミドやコラーゲンの補給に最適。今から美肌成分を整えておけばバリア機能も安定するので、年齢肌をしっかり保護できるでしょう。

30代になってからはさらに肌のコンディションに合わせてアスタリフトのアイテムを増やしていくこともアンチエイジングのコツです。また肌細胞を安定させるには普段の生活リズムを整えて、栄養バランスのよい食事やたっぷり睡眠をとることも忘れてないでください。

使用開始する人が増える30代の使い方コツ

アスタリフトは30代になると利用者が増え始めます。この年代の肌には徐々に老化症状が現れはじめ、早い人だとほうれい線も薄く見えてくるでしょう。また出産により肌環境が変わってしまうことも多いため、それぞれが年齢に合わせたスキンケアをすることが美肌のコツです。

30代になったら肌がいきなり敏感になったという人も多くなり、バリア機能の低下も無視できないトラブル。ずっと20代から同じ化粧品を引き続き使用している人は化粧品の添加物が刺激になり、30代以降に老化が急激に進む場合もあります。

アスタリフトにはエタノールは配合されていませんが、植物由来のフェノキシエタノールが含まれています。また製品の安全性を維持するた目の最低限の量で防腐剤も含まれていますので、敏感肌の30代は必ずパッチテストをしてから使用してください。30代からは肌の浸透性が衰える傾向がありますので、アスタリフトのジェリー先行美容液を使うのもオススメ。この美容液は化粧水の浸透を促進するためのブースター的な存在、導入液として化粧水を使う前に肌につけてください。

また乾燥が目立つ場合は乳液で仕上げをするのもよいでしょう。30代のスキンケアはコスパも気になるところ、アスタリフトは決して安い化粧品ではありませんので、徐々に数を増やしてアンチエイジングをシフトしていきましょう。

40代のアスタリフトは上手に種類を選ぶこと

アスタリフトは何歳から使うべきか迷っている人達も、40代になるといよいよ本気でアンチエイジングが必要になります。シミ、くすみ、たるみなど個人差が現れて同じ年齢なのに年上に見られるということもあるでしょう。アスタリフトの人気のトライアルキットは基本の4ステップが含まれています。

先行美容液、化粧水、美容液、クリームの4種類で肌の土台作りからハリとツヤを閉じ込めるまですべてできます。ライン使いしてアンチエイジングするのも方法ですが、40代の肌はターンオーバーが乱れているので美肌成分セラミドを補うとよいでしょう。

ジェリーアクアリスタのセラミド成分は、人の肌と同じ構造で作られたセラミドなのでしっかり浸透して角質層内でうるおいをとどめる働きがあります。2種類のセラミドは40代の肌にとても贅沢な土台作りになるため、まずどれを使っていいかわからない時にオススメです。ジェリー状になっているため肌の上にしっかり密着しすっと馴染む使用感は利用者からも高評価されています。肌の土台を整えることは40代のターンオーバーを活性化するためにも欠かせないポイントになるでしょう。

50代以降は保湿を重点にスキンケアをしよう

50代以降は肌の乾燥が目立ち、かさつきや肌の表面がざらざらになるなど見た目だけでなく手触りも不快に感じます。美肌成分が若い頃に比べると半分以下まで減っていますので、肌本来の力だけに任せるわけにはいきません。そんな年齢肌には保湿が何よりもアンチエイジングで重要になりますので、アスタリフトの化粧水とクリームを使いしっかりうるおいを保護しましょう。

また50代以降になると女性ホルモンの分泌も激減しあらゆる更年期の症状を感じる方も多くなります。女性ホルモンは肌のバランスを不安定にするため、ストレスをなくしてスキンケアをすることも大切。アスタリフトにはダマスクローズの香料が含まれていますので、バラの癒し効果を感じながらお肌のお手入れをすることも年齢肌にはとてもメリットになります。

バラの香りは女性ホルモンを安定し保湿効果もサポートしてくれます。このような角度からもアンチエイジングを促進してくれるアスタリフト、50代から使用する際もまずトライアルセットで肌との相性をチェックしてください。

アスタリフトはハリとうるおいケア、そしてシミやくすみに効果を発揮する美白とハリケアのシリーズもありますので、肌トラブルに合わせて上手に選びスキンケアに活用してください。

まとめ

  • アスタリフトはWセラミド、アスタキサンチン・リコピンなどを配合したアンチエイジング化粧品。
  • 30代~50代の利用者が多いが、何歳から使うと言う決まりはない。
  • 20代から使うならモイストローションから始め、30代からは徐々に使うアイテムを増やすのもよい。
  • 肌の浸透性が衰える30代からは、ジェリー先行美容液を使うのもおすすめ。
  • ジェリーアクアリスタのセラミド成分は、角質層内でうるおいをとどめる働きがあり、肌の土台作りに役立つ。
  • 50代は化粧水とクリームでしっかりうるおいを保護。ダマスクローズの香りの癒し効果はホルモン安定にもメリット。

 

アスタリフトは何歳から使うと良いのか、気になる時はまずお得に購入できるトライアルキットで試してみましょう。肌年齢や肌質は皆さん違いますので、年齢だけで使用タイミングを判断するのは難しいこと。なんとなく肌の老化を感じた時が使い始めるチャンスかもしれませんね。

この記事も読まれています