スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

私の肌悩み遍歴~10代前半からアラサーの今まで~

29歳独身の保育士です。紫外線予防とクレンジングに力を入れています。シミに効くエステや美容医療を探索中。アラサーという事もあり、アンチエイジングにも力を入れて行きたいです。

10代から20代前半はニキビとの戦い

私の肌悩みは小学校高学年まで遡ります。そうです、小学5年生頃から出来出したニキビです。思春期ニキビってやつですね。気付けばオイリーなTゾーン、おでこはニキビでいっぱいでした。更には鼻のてっぺんにも。

当時はスマホで気軽にネットをみるなんてでないので、ティーン雑誌の特集でニキビを治す記事を読み漁っては、ニキビに効く洗顔、クリームを少ないお小遣いで必死にドラッグストアで買い求めました。とにかく顔を洗って清潔にする!アブラを洗い流す!!をモットーに洗いまくっていました。大好きなお菓子もニキビの元になるから控えめに…

何が効いたのか、わかりませんし、多分時期的なものだと思いますが、中学2年生頃には、常に顔のどこかにはニキビはあるものの、数えきれないほどのニキビだらけのおでこは、多少フラットになり、落ち着きを見せたように思います。

そして、ニキビとの戦い第二ラウンドは丁度二十歳頃。
その頃、恋愛関係でとてもショックなことがありました。それがきっかけかはわからないですが、その頃から気付けばまた真っ赤にニキビだらけになってしまいました。今度はそう、Uゾーンと言われるフェイスラインからこめかみにまでびっしりです。その頃には化粧も覚えて化粧をすれば多少はマシに見えますが、化粧を落とすと本当に真っ赤で痛々しい。成人式の時さえもニキビだらけで、親にも本当に心配されました。

そんな私を救ってくれた、ある物があります。「ペアA錠」と言うドラッグストアで買える錠剤です!なんとなく買ってみたのですが、それを飲んだ翌朝、すぐに効果を感じたのを覚えています。なんだかニキビの腫れが落ち着いて、ほんの少し肌がツルンとなっているような…!これは効く!と毎朝毎晩飲み続け、同じシリーズのクリームも愛用しました。

すると気がつけば、ニキビ全盛期の頃に比べ、かなり落ち着きビックリするほど改善されていきました。それでも、たまにポツポツ、ひどい時には一気に数個でにるニキビは、就職した幼稚園での仕事を辞める25歳まで続きました。不規則、ストレス、寝不足で常にしんどい、疲れた、と思いながら働いていた仕事を辞めるとパッタリとニキビはできなくなったのです。本当に肌は心の状態が影響するんだ!と実感した経験でもあります。

ニキビが無くなり見えてきた新たな悩み

ニキビがなくなり、本当に幸いなことにあんなにニキビがあったのに、多少の赤みを残しては、ニキビ跡は殆ど残りませんでした。クレーターのようになると治すのはかなり大変と効くので本当にその件に関しては良かったとしか言いようがありません。元々色白でもあったので、ニキビがなくなると「肌綺麗だね!」と今まで言われた事のない嬉しい言葉をかけてもらえる事が増えました。スキンケアやメイクも更に楽しくなりました。

ところが、肌の悩みは尽きないもので、、次は頬骨あたりにまばらにできたシミが気になり始めました。徐々にできていたのか?または、子供の頃からソバカスもできやすかったので、体質もあるのか、でも、幼稚園教諭時代に浴びてきた紫外線が原因なのは確かだと感じました。勿論、日焼け止めは欠かさず、外遊びの時もしっかり帽子を被って予防してきたつもりですが、事務職の方とは明らかに浴びてきた日常紫外線の量は違います。
美白の類の基礎化粧品や、CMでも有名なケシミンクリームも使いましたが、所詮、その類は、「シミを予防する」物であって「シミを消す」物ではないのです。

そこで頼ったのは美容皮膚科です。まずは「シミ消しクリーム」と言う「ハイドロキノン高配合」のクリームを処方してもらい、毎晩塗りました。が、私の場合、目に見えた効果はありませんでした。皮膚科の先生も塗り薬は「地道に地道に塗って、薄くなったかな??と思えるくらい」と仰っていたので、そんなものかなー、とも思いました。

次に手をだしたのは「フォトシルクプラス」という光美容。光を当てて、反応したシミがカサブタになり、剥がれて薄くなる、というもの。お試し価格で(10000円程)受けてみたものの、多少は肌にハリがでたのかな?という程度。聞くと、お試しでは微弱な光しか当てる事は出来ないので、コース契約して受け続けるほうが良いとの事。うーーん。やりたいけど、、価格が現実的ではない、、それをいつまで続ければ?と言うことでやらない選択になりました。

Qスイッチルビーレーザーでとっちゃおう!ついでにホクロも!

そしてつい一ヶ月前のことです。どーしても1つ、特に気になるシミがあり、目立つ、取りたい!それ1つだけ取るのならQスイッチルビーレーザーでスッキリとってしまおう!と決心しました。フォトシルクは顔全体にマイルドな光を当てるのに対し、ルビーレーザーは狙ったシミに強力なレーザーをあてます。もうそれしかないな!と決心。そしてついでに、幼いころからあった鼻の近くにあるほくろも、co2レーザーで取ることにきめました。

ほくろを取るのは迷いもありました。自分的には取りたい!でもやはり取ることで顔の印象も変わってしまう。ちょっとした整形のような感覚も感じました。さらに、1つは大きめのほくろだった為、跡が残るかもしれない。でもやっぱり、取りたい!と思うともうそれしか考えられなくなってしまいます。

信頼できる皮膚科で、シミとほくろ2つを除去しました!一番気になっていたシミがなくなると、他のうっすらしたシミもそれほど気になら無くなってきました。
嬉しかったです。ほくろの除去跡はまだまだ赤みがあります。赤みが引くまで半年はみたほうが良いとの事、紫外線が一番ダメとの事で今は地道に紫外線予防を頑張っています。ほくろ除去跡がきにならなくなったら、もっと綺麗になる為にうっすらシミや、シミ予備と楽しく戦って、更に美容を楽しみたいと思います。

こうして考えると、10代よりもアラサーの今か今までで一番肌が綺麗だとはっきりと言えます。(ハリはさすがに10代の時には負けますが…!)
そして何よりも、心も体も健康である事が美肌への近道だと実感しています。

この記事も読まれています