スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

50代の乾燥肌を救う!ワンランク上のスキンケアとは?

50代になり乾燥肌トラブルで困るという方はとても多く、スキンケアであらゆる保湿化粧品を使っているでしょう。シワ、ほうれい線、くすみなどの年齢サインが顕著にでてくる50代、少しでも若く見られたいと思うのは女性皆さんに共通することです。

50代は更年期の時期を迎え女性ホルモンの関係であらゆる肌トラブルを感じる年代です。女性ホルモンのエストロゲンが減少すると肌の弾力成分であるコラーゲンの生成が急激に減ってしまい、皮膚の乾燥も同時に進行します。40代まではなんとなかしっとり肌を維持できた人も50代で乾燥肌になり、スキンケアが難しく感じてくることでしょう。

そこでアンチエイジングで頑張る50代、乾燥肌改善によいスキンケアのポイントについてご紹介しましょう。

50代乾燥肌の方が朝のスキンケアでやるべきこと

50代の乾燥肌はスキンケアでできるだけシンプルなお手入れを続けることが大切。乾燥肌はバリア機能が低下しているため外部の刺激が十分にブロックできないので化粧品ですら負担になることもあるでしょう。そこでアンチエイジングではこれからは一日のスキンケアを朝と夜で分けることがポイント。肌の働きに合わせて使う化粧品などを見直してください。

朝は肌も体と同様にスタートする時間、50代の乾燥肌には抗酸化作用の高い美容液やクリームで刺激に強い肌に整えておきます。外部のほこりや雑菌などの刺激は乾燥を進める要因になり、日中浴びる紫外線は肌細胞を酸化させて炎症を起こす場合もあります。抗酸化作用の高いビタミンEなどを配合したクリームで、化粧水後の肌をしっかり保護してください。

そして大切なことが紫外線対策。50代以降はもう肌の老化は止められないと諦めている方もいるでしょう。しかし紫外線のダメージは見た目年齢にも差をつける厄介なもの、しっかり日焼け対策をしないとさらに老化スピードが速まります。紫外線対策によいのは保湿効果の高い日焼け止めやSPF数値のついたローションなど、メイクの下地で使ってください。朝目元のクマが目立つ時はアイクリームでトントンと軽く叩くようにして刺激を与え表情を引き締めると元気な肌に見えます。

50代乾燥肌の方が夜のスキンケアでやるべきこと

50代の乾燥肌スキンケアで注意したい点がクレンジング。一日の肌の汚れやメイクをとるクレンジング剤は、乾燥を招く意外なアイテムになっています。肌を保護しながらクレンジングするなら栄養バランスの高い美容オイルを使うのも方法のひとつ。ココナッツオイルやオリーブオイルなどを顔全体に広げ数分間馴染ませてからマッサージしてメイクオフしましょう。

そして忘れてはいけないのが抗酸化作用の高いアンチエイジングクリーム。これは一日のスタートから終わりまで欠かせない重要なアイテムです。朝と同じクリームや美容液を使っても良いですし、ナイトクリームでもOK。リフトアップ効果や乾燥肌対策によいアンチエイジングクリームが色々ありますので、肌トラブルに合わせて選んでみましょう。

もうひとつ50代乾燥肌の夜のお手入れに欠かせないものがレチノール入りのクリームを使うこと。レチノールはアンチエイジング成分としてとても注目され、乾燥による肌荒れやターンオーバーを活性化する効果があります。

夜は睡眠中の肌細胞の再生をサポートするスキンケアがコツになりますので、保湿だけでなく同時にアンチエイジングを意識したお手入れをしておきましょう。

週に1回のオススメ乾燥肌対策

毎日の洗顔や保湿はスキンケアの基本、50代の乾燥肌はこれだけでは十分ではありませんので、週に1回のスペシャルケアもはじめましょう。女性ホルモンの分泌が減る50代、イライラしたり体の変化で不安になることも増えてきます。そんな時こそ快適なスキンケアがリラックス効果をもたらしてくれますので、次のような週に1回のケアもぜひはじめてください。

オイルケア

乾燥肌は表面がごわごわで粉を拭いたように荒れていることがあります。また50代になるとターンオーバーが乱れ古い角質も残ったままになることも。そこでオススメしたいのがオイルを使った角質ケアです。方法はとても簡単、エキストラバージンオリーブオイルやオーガニックココナッツオイルなど質の良いものを用意してください。顔全体にオイルを伸ばしたらスポンジやタオルを使って軽くこすりましょう。肌をスムーズにして古い皮膚や角質がとれ肌の透明感がアップします。

スチームで肌を潤わせる

美顔器を持っている方は週に1回スチームで保湿ケアしましょう。化粧水の浸透性が悪くなる50代の肌、乾燥肌はさらに水分を与えないとシワなども悪化してしまいます。美顔器をお持ちでない場合は大きな鍋に沸かしたお湯の上に顔を置き蒸気を5分間ほどあてるのも方法のひとつ。または蒸しタオルを使って血行を改善し潤いを補給してもよいでしょう。

目元専用の化粧品を上手に使いこなすこと

50代の乾燥肌のスキンケアは顔全体の保湿がメインになってしまいますが、忘れてはいけないのが目元に現れる年齢。とくにたるみやクマ、くすみなどはとても疲れた表情に見えメイクでカバーしても不自然になってします。

50代からは必ずアイクリームや目元専用の美容液をスキンケアにプラスしてください。スポットで使う化粧品は高額なアンチエイジング商品でなくとも大丈夫。ちょっとだけ手をかけて賢く使えば、ドラッグストアで売っているような安価なアイクリームでも効果を発揮します。

目の周辺は皮膚がとても薄いため乾燥しやすく、潤いを長時間保持できない特徴があります。また目はまばたきなど動きが激しいため、さらに水分蒸発量も多いのです。基本的にはいつもつかう乳液などを重ね塗りするだけでも保湿効果はアップしますが、年齢肌はそこにアンチエイジング作用をプラスすることが必要になりますので、ビタミンEやビタミンC誘導体などの抗酸化成分が含まれたものを使ってください。そして目元のケアをするときは次のポイントを生かすとさらに効果がアップします。

目元ケアの効果をアップするコツ

  • 優しくマッサージしながらアイクリームをつける
  • コットンを小さくカットし化粧水をたっぷり含ませ目元周辺のパックをする
  • アイメイクを落とす時はクレンジング剤をつけて数秒馴染ませて、こすらず滑らせるように拭き取る
  • 週に2回ほど目元専用のパックをする

洗顔料の使い方を見直すこと

朝の洗顔はほとんどの方が洗顔料を使っていると思いますが、ここで50代の乾燥肌はさらに悪化しています。スキンケアの基本になる洗顔と保湿、汚れを取るための洗顔は20代と50代では違う目的があることを忘れてはいけません。

夜寝ている間に皮脂腺の働きが活発になる若い肌、朝起きて肌のテカりや毛穴の汚れが気になります。洗顔料を使ってしっかり汚れを落とさないと毛穴の詰まりになりふきでものやニキビの原因になるでしょう。しかしの洗顔習慣は若い肌に合っている方法で50代の乾燥肌には潤いをとりすぎる原因になっているのです。これからは朝の洗顔はぬるま湯だけで行いましょう。

寝ている間は日中のようにホコリや雑菌が付くわけではありません。まして若い時のように皮脂で肌がべたつくことも少なくなります。ぬるま湯で顔全体を温めて優しくすすぐだけで朝は十分。洗顔料の刺激を除くだけでも50代の乾燥肌は一日しっとり感が続くようになります。もし夜ナイトクリームなどをたくさんつけて肌がべたついている時は、洗顔前に軽くティッシュオフするか洗顔料を少量だけ使いましょう。

50代の乾燥肌は次のポイントを忘れずに洗顔することが大切です。

皮脂量に合わせて洗顔する

洗顔料を使うと大切な皮脂まで洗いすぎ乾燥原因になります。夜もメイクをしていない場合は皮脂量を考えて洗顔料を使うかどうか判断してください。

天然由来成分100%の洗顔料がオススメ

肌に優しい原料で作られた洗顔料はデリケートな年齢肌にオススメ。適度な洗浄力で肌の潤いを残してくれます。

こけた頬をふっくらさせるトレーニングをしよう

50代になると顔の皮下脂肪が減ることや、コラーゲンの減少により顔が貧相にこけて見えることがあります。頬はバランスわるくこけてしまうとほうれい線が目立つ原因にもなりますので、健康的な印象をアピールするためにもふっくらさせるコツを知っておくと便利。太ることではなく頬の弾力を出すこと、むくみやすい方も顔のトレーニングで血液の流れを活発にしていきましょう。では頬のコケ対策によい簡単なトレーニング方法を見ていきましょう。

口だけで笑う

上下の唇をぎゅっと閉じたままの状態で口角を上にあげるようにして口だけで笑います。笑ったまま10数え5回繰り返してください。メイク前に行うと肌の色が健康的に見える効果があります。

顔全体の筋トレ

大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」をひとつずつゆっくり言いながら、その都度目を上、下、左右に大きく開いたまま動かしてください。目の周辺筋肉にも効果があり表情全体を引き締めてくれます。

空気で膨らませる

ほっぺたに空気をためこみ、風船のように両側膨らませてください。貯めた空気を左側、上唇、右側、下唇とそれぞれの部位に移動させて口の中を1週します。終わったら逆の流でまた一回り。合計で10回ほど行いましょう。

まとめ

  • 50代の朝のスキンケアは、抗酸化作用の高い美容液やクリームで刺激に強い肌に整えることがポイント。
  • 夜のスキンケアはクレンジングに注意。栄養バランスの高い美容オイルを使うのもひとつの方法。ターンオーバーを活性化するレチノール入りのクリームを使うのもおすすめ。
  • 50代の乾燥肌には週に1度は美容オイルを使った角質ケアやスチームで肌を潤すスペシャルケアをプラス。
  • アイクリームや目元専用の美容液を使うのもよい。
  • 朝の洗顔はぬるま湯だけでOK。皮脂の落とし過ぎは乾燥の原因になるので、洗顔料の見直しも必要。
  • こけた頬をふっくらさせるには、頬の弾力を出す筋トレが効果的。

 

50代の乾燥肌はスキンケアでとにかく保湿。また若く見せるための工夫や健康な肌作りのためにあらゆる方法にチャンレジすることも大切ですね。乾燥は老化を悪化させる原因、自分の肌に合うアンチエイジング化粧品を上手に使いこなし美肌ケアを続けてくださいね。

この記事も読まれています