スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

30代の乾燥肌スキンケア・とても大切なビューティアドバイス

20代の頃は化粧品選びがとても楽しく、毎日のお手入れは徐々に習慣化していく年代です。しかしすべて完璧にお肌のお手入れをしているわけではなく、メイクをしたまま寝てしまうなどちょっとしたミスを続けてしまいます。30代の乾燥肌のスキンケアは、こんな20代からの習慣を見直してコツコツとスキンケアをスタートする大切な時期。とくに忘れてはいけないのが老化の「予防ケア」も考えるべきポイントになることです。

ちょっとぐらい無理をしても元気だった20代の肌からは少しづつ遠ざかり、30代で乾燥肌になる人や早い老化サインが気になる人も増えてきます。今が将来のための若い肌作りの基盤、そこで早速ですが30代の乾燥肌スキンケアの大切なアドバイスについてご紹介しましょう。

乾燥を悪化させる洗顔とクレンジングのやり方を見直そう

洗顔はスキンケアのなかでも大切で、メイクをしたまま朝まで過ごしていけないのは納得済みのこと。30代になるとこのような習慣は肌のターンオーバーを乱す原因になり、潤いを維持する機能にも影響を与えています。年齢が若いほど肌細胞の生まれ変わりは安定し、表面に新しい角質層が生まれる期間は28日~30日というサイクル。

30代になるとこの時間が長くなり本来剥がれ落ちるはずの古い角質層が毛穴の詰まりを招き、肌のくすみになることも。また古い角質層が残っていると化粧品の美容成分がしっかり浸透しないため、肌のうるおい不足を招くことにもなりかねません。

この悪いサイクルを変えていくためにはクレンジング剤の見直しからスタートしましょう。ジェルやローションタイプは界面活性剤などの刺激成分が多く含まれていますので、肌のバリア機能を弱め水分蒸散量が増えてしまいます。保湿成分が高いクリームやオイル系などを使い手早くメイクオフすることが30代の乾燥肌のスキンケアにオススメです。

メイクをしていない場合はクレンジング剤を使用せずに、ぬるま湯でさっと洗顔するだけでも良いでしょう。洗顔料も泡立ちがよく保湿効果が高いもの、泡の粒で摩擦を減らし優しく洗顔できるタイプを使ってください。

30代になったら若い頃よりもスマートな保湿ケアをすること

30代の乾燥肌のスキンケアは肌質にこだわらず、とにかく保湿が重要なカギを握っています。オイリースキンだからなにもつけないというのは大きな間違い。また乾燥肌だからべったり手当たり次第につけてしまうのも避けたいことです。

30代の肌は化粧水や乳液というアイテムにこだわるよりも、どんな美容成分が配合されているか意識しましょう。乾燥肌にとてもよい保湿成分として美容市場で人気がある「ヒアルロン酸」は効率的に水分を皮膚内で保持するため乾燥肌の症状を改善し、肌質を整える効果が期待できます。

年齢に合わせた美肌成分を長期間使用することで、30代のスキンケア習慣を安定させ将来の若い肌作りにもメリットになります。ヒアルロン酸は少量で大量の水分をため込む力があり、あらゆる基礎化粧品で使用される成分。難しいアンチエイジング成分を使うよりもわかりやすく、スキンケアでは洗顔からマッサージクリームに至るまでヒアルロン酸を補うチャンスが色々あります。ヒアルロン酸が不足すると次のような肌症状が起こる可能性がありますのでご注意ください。

ヒアルロン酸不足の症状

  • 朝の肌にハリがない
  • 粉を吹くような乾燥症状
  • 目尻のたるみ
  • 肌のツヤがなくなる

コラーゲン生成をサポートするスキンケアをしよう

コラーゲンは肌をプルプルにする成分ということは皆さんご存知でしょう。特徴は肌にハリを出しシワやたるみ予防に効果を発揮しますが、25歳を過ぎると徐々に体のコラーゲン生成量は減少してしまいます。化粧品市場にはコラーゲン入りの化粧品やクリームなどあらゆる商品が販売されていますが、これらのアイテムを使うだけではコラーゲンが十分に補充されていないことも。

30代は肌の働き自体を活性化できる年代なのでコラーゲンを補うだけでなく、もっと作りだせるようにコラーゲン生成のサポートケアをプラスしてください。

たとえばビタミンCは、メラニン色素を抑制しシミ対策に人気がある定番の美容成分ですが、同時にコラーゲンの生成を促す効果もあります。もっと濃厚なビタミンCを使いたい場合はビタミンC導入体を使い、角質層の奥まで栄養を補給する方法もよいでしょう。

コラーゲンが不足すると肌のハリが不足するだけでなく水分量も低下するため、乾燥肌の症状が進行する場合もあります。皮膚真皮の90%はコラーゲンで作られているともいわれていますので、効率的な補給と根本的な肌の働きを活発にしてコラーゲン生成を強化してください。

食べ物から摂取するコラーゲンは肌まで到達しないこともありますので、サプリメントで定期的に摂取することもオススメです。

紫外線対策に真面目に取り組もう

紫外線をちょっとぐらい浴びても大丈夫と安心している方はいませんか。肌がヒリヒリするほど太陽光を浴びなくても、顔は紫外線を受けやすく将来の肌に必ず悪影響を与えてしまいます。30代の乾燥肌によいスキンケアは紫外線対策をしっかりすること。紫外線はメラニン色素が活発になりシワやくすみ、また老化を早める要因になっています。

UVカットの化粧品は数多く流通していますので、普段から何気なく使っている方もいるでしょう。年齢とともに肌のバリア機能が弱くなりますので、20代よりも30代のほうが紫外線のダメージは受けやすくなっています。そんな年齢肌のはじまりには、UVカットのファンデーションを使うだけよりも、しっかり下地から日焼け止めを使い肌を守る習慣が大切。SPF30前後の日焼け止めなら普段の生活には十分な効果を発揮してくれます。

さらに指数が高くなると日焼け止め商品もコストが高くなりますので、無駄使いしないためにも生活スタイルを考えて自分に合った日焼け止めを購入してください。日焼け止めを使う時は次の点にも注意しましょう。

日焼け止めを使うときの注意点

  • 水に入るときはウォータープルーフを使う
  • 敏感肌はノンケミカルタイプを選ぶ
  • スプレーやシートタイプは補助として使う
  • 日焼け止めサプリメントだけに頼らない

目元のスキンケアは手を抜かないこと

乾燥肌は肌に柔軟性がなくシワができやすい特徴があります。30代のはじめはまだ目立つシワなどエイジングサインは見られないと思いますが、だからといって目元ケアを手抜きして良いことではありません。目の周辺は皮膚が大変薄く保水力がないため、普通肌の人でも乾燥しやすい部分。乾燥が進むと目の下のクマ、たるみ、目じりの小じわなどあらゆるトラブルが起こります。

目の周辺は見た目年齢を左右するほど大切な部分なので30代の乾燥肌ケアではとくに意識してお手入れしてください。いまから高級アイクリームなどを使う必要はありませんが、目元専用の化粧品を使う際は配合成分に注意すること。浸透性の良い保湿成分を中心にペプチド入りの化粧品を使うことがオススメです。

ペプチドはタンパク質の種類の一つで、体内に元から存在する成分。コラーゲン生成をサポートするヘキサペプチドや目元のクマやたるみを改善するアセチルテトラペプチドなど年齢が表れやすい目元のケアに効果を発揮してくれます。アイクリームや美容液、アンチエイジングの化粧水などを使い、乾燥予防と同時に目元の集中ケアをしましょう。

目元は30代になるとアイメイクから受ける刺激も蓄積されるため、クレンジングでしっかり濃いメイクを落として保湿してください。

まとめ

  • 間違ったクレンジングや洗顔は乾燥を悪化させる原因になる。
  • 30代の保湿ケアは美容成分を重視。ヒアルロン酸は特におすすめ。
  • ビタミンC導入体などコラーゲン生成をサポートするケアをプラスするのもよい。
  • 肌のバリア機能が弱くなる30代は、SPF30前後の日焼け止めを使い、普段の生活から紫外線対策を。
  • 目の周辺は皮膚が薄く、乾燥しやすい。浸透性のよい保湿成分を中心に集中的にケアしよう。ペプチド入りの化粧品を使うのも◎

 

30代の乾燥肌はスキンケアの効果が実感しやすい年代です。まだまだ若いと安心できる部分もありますが、肌の衰えは徐々にやってきますので今から健康な肌作りをスタートしてください。乾燥肌は生活習慣も影響していますので、何かと忙しい30代、ストレス解消もスキンケアにメリットがありますよ。

この記事も読まれています