スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

安くても良い化粧品を探しています!高い化粧品と何が違いますか?

安い化粧品と高い化粧品の違いを教えてください。安くても良い化粧品ってありますか。

化粧品の値段はぴんきりなのでできれば安くてもよい化粧品が一番理想ですよね。そもそもなぜ安い化粧品と高い化粧品があるのかというと、各メーカーで商品開発するための費用や、宣伝費などあらゆる部分でコストが違うためなのです。

たとえば同じ配合成分で作った化粧品、大手の有名メーカーでテレビCMなどにお金をかけているものと、ネット通販で口コミ人気が広がる商品とでは知名度が低いメーカーのほうが安く販売している可能性があります。値段で判断するよりも、まずはトライアルなどを使って一番肌に合うものを選びましょう。

 

安い化粧品と高い化粧品の違いは?低予算のスキンケアのコツ!

安い化粧品と高い化粧品の違いは何か、スキンケアを毎日続けていると化粧品代はかなり負担になり気になる部分です。値段が高い化粧品のほうがなんとなく良さそうとイメージするのは多くの女性に共通する点、でも本当は化粧品代をできるだけ抑えてコスパのよいスキンケアをしたいと願っていませんか。

化粧品は毎日肌につけるものなので強烈な刺激がなくても負担になる成分を使っていくとダメージが肌に蓄積されてしまいます。肌の調子が悪い、あまり効果が実感できないという場合は化粧品が肌に合っていない可能性もあるでしょう。そこで化粧品を見直す際にとても重要なコストについて、安い化粧品と高い化粧品の違いを理解して、コスパのよいスキンケアを始めるコツについてご紹介したいと思います。

化粧品は研究開発費のコストにより値段が変わる

化粧品を作る過程はただ美容成分や栄養成分を混ぜ合わせるだけでなく、よい良い効果を出すためにメーカーでは様々な研究を行っています。たとえばアンチエイジングやニキビ専用化粧品のようにターゲットにしているトラブル改善になるように、肌の構造や働きを理解して研究開発をしています。

安い化粧品と高い化粧品の違いで実際に使って気が付く点として、肌に馴染むスピードが速いということがあります。これは研究を繰り返して化粧品の成分などを厳選していることもありますので、高い化粧品には安いものにはない質の高さが期待できるでしょう。またメーカーでは次のようなポイントを意識して、さらに化粧品のグレードをアップしようと努力しています。

安全への取り組み

化粧品には防腐剤や人工香料などの添加物が使用されている商品が多く存在しますが、なかには必要のない添加物も含まれていることがあります。たとえば色素のようにスキンケアには一切メリットがないものも、見た目をよくするために配合する場合があるのです。肌への安全性はメーカーが責任を持って取り組んでいますので、刺激や負担にならないように研究を重ねて安全な商品を作っています。

分子レベルから見直す

アンチエイジングの年齢になると化粧水の馴染みが悪くなったと感じる人が多くなります。このように肌環境は年齢や生活習慣によって違いますので、それぞれの利用者に合わせて効果を発揮するためには配合成分の分子レベルから開発することも大切なのです。

研究が繰り返されている商品は投資額も多くその分商品の値段も高くなってしまいます。

容器や広告宣伝費がかかる高い化粧品

デパートで販売されている化粧品とネット通販の化粧品を見ると知名度が大きく異なります。聞いたことがない会社の化粧品だと使うのがちょっと不安に感じる時がありませんか。大手のメーカーはテレビCM、雑誌や新聞広告など商品の宣伝に多額な費用を投資しています。そのため利用者にとっては馴染みのある化粧品メーカーになるため、数多い商品の中から選ぶ時にも名前を知っているほうが安心です。

ブランド戦略は化粧品会社にとってとても重要な部分で、他社との競争のためにかなり広告宣伝費を使っています。そのため原価はそれほど高くない化粧品でも、宣伝費をプラスするとどうしても販売価格も高くなる傾向があります。次のポイントを意識すると化粧品の値段が高くなるからくりがわかるでしょう。

有名女優を起用したCM

人気女優やタレントを起用した化粧品のCMは、出演料などかなり宣伝費がかかっていますので、その分商品も高くなっているでしょう。それよりもネット通販だけで販売している化粧品のほうが値段が安く口コミなどで話題が広がっていきます。

化粧品は宣伝が必要

食べ物の宣伝と違い、化粧品は利用者に対する説明やアピールが必要な商品のため、信用を生み出すにも多少の宣伝は必要になります。大手メーカーは予算に余裕がありますので、テレビ、雑誌、ネットなどあらゆる媒体を通じて宣伝することが可能なのです。

容器代

素敵なガラス瓶や化粧品の質を長期保存するための紫外線カットする容器など、高い化粧品は容器代も高くなる傾向があります。品質を保持するためだけでなく見た目をアピールするためにラッピングペーパーを派手にするような意図があるといえるでしょう。

配合成分の種類や質によって変わる値段

安い化粧品と高い化粧品の違いはなにかといわれたら、まず配合成分の違いが気になる点です。安い化粧品にはあまり美容成分が含まれてなく、高い化粧品には色々な成分が配合されているような印象を受けます。確かに成分の違いで化粧品自体の値段が変わってしまうことがよくあり、とくにコストがかかる高級な美容成分は安価な化粧品では使用できない場合もあるでしょう。

たとえば同じ成分が使われた種類の違う化粧品があるとします。ひとつは高級化粧品、もうひとつはプチプラコスメ、どちらも似たような成分なのに値段が違うのは原料の質や含有量が違うことも影響しています。「コラーゲン配合」と書かれていても、微量しか含んでいない安価な化粧品や濃度が少ないタイプなどもあるでしょう。

その点、高い化粧品には良質な原材料とバランスよい含有量が期待できますので、多少高くても効果がよいほうを選ぶ人もいます。高い化粧品に隠された成分の違いは次のポイントを参考にしてみましょう。

希少価値のある成分

美容成分のなかには天然素材で希少価値のあるものが存在します。たとえばローズエキスのように高級ランクのバラから少量しか抽出でできないエキスなど、製造コストもかかるものが含まれた化粧品は値段が高くなります。

含有量がたっぷり入っている

水で成分を薄めている化粧品よりも美容液成分がほとんどの化粧品のほうが効果が高く、その分原料費も高くなりますので、高価な化粧品にはどのような成分が使用されているか特徴をチェックしましょう。

人件費がかかるメーカーは値段が高くなる傾向がある

人件費は化粧品にも反映していますので、販売ルートや製造過程からあらゆる点で商品にコストが含まれています。安い化粧品と高い化粧品の人件費の違いは次のポイントを覚えておきましょう。

販売スタイル

いちばんわかりやすい違いはデパートの化粧品売り場のスタッフとネット通販の場合です。デパートの化粧品売り場に行くと販売員が実際に肌につけてくれたり、化粧品の使い方や悩み相談のアドバイスなどを行ってくれます。ネット通販にはカスタマーサービスがあり、メールや電話などを通じて同じようなサービスをしていますが実際に肌に触れて化粧品を販売するデパートとは人件費にも差がついてしまいます。

店頭販売するための人件費

大手メーカーの高い化粧品は店頭販売するために工場から出荷して販売店まで運ぶ流通の手間や、在庫管理する人件費などあらゆるところでコストがかかります。その点店頭販売しない化粧品なら流通コストを抑えられるため、その分安く商品が販売できるメリットがあるでしょう。

企業が大きくなるほど人件費はかかり、さらに国内だけでなく海外でも販売しているメーカーならもっと人件費は高くなります。売れても売れなくてもかかってしまうこれらのコストは、知らない間に顧客が負担しているということなのです。

安い化粧品は肌に悪い?は大きな間違い!

安い化粧品は肌がヒリヒリする、肌に悪いという話はよく聞きますが、値段で化粧品を判断してしまうと安くても良い化粧品の存在が見つからないままです。値段が安いから悪いということはなく、大切なのは自分の肌に合わせて化粧品を選ぶこと。化粧品の原価にはさらに人件費や宣伝費などがかかり、実際に肌に与える効果にはまったく関係ないところで化粧品の値段が吊り上がっています。化粧品としての本当の価値を知るためには値段で判断せず次のポイントを意識して選んでみましょう。

トライアルを使う

高級ブランドだけでなく安い化粧品もできればテスターや無料サンプル、トライアルなどを使い肌チェックしてください。値段が安くても自分の肌に必要な成分が含まれたものなら、コストを抑えて毎日スキンケアができるでしょう。

トライアルは通常価格よりも安く販売していますので、安い化粧品と高い化粧品の違いを知るためにもよいチャンスになります。

添加物の使用に注意

安い化粧品のなかには添加物を使用して製造コストを安くしている場合もありますので、肌に刺激になる保存料や人工添加物などはなるべく避けてください。香料や色素などは天然成分を使用している安全性の高い化粧品もありますので、口コミやレビューなども参考にして選ぶとよいでしょう。

プチプラコスメのように値段が安くても効果が期待できる化粧品がとても増えています。

コスパを抑えてスキンケアするコツ

毎日使う化粧品は知らない間にお金がかかっているアイテムで、新商品が次々と販売されるため予算オーバーしてしまうこともあります。もちろん高い化粧品は知名度があるだけでなく、メーカー独自の技術やオリジナルの美容成分などを配合しているので美容効果は期待しやすいメリットがあります。

コストを抑えてスキンケアをするにはちょっとだけ手間をかけて上手にコスパのよい化粧品を使えばよいのです。これからは次のポイントを意識して低予算のスキンケアのコツにしてみましょう。

安い化粧品をたっぷり使う

化粧水は毎日使うアイテム、値段が高いとつい使う量もケチってしまうことがありませんか。コスパのよい化粧水なら顔や首などもたっぷり使えるので含有量が少ない美容成分があったとしても結果的には満足できる美肌効果が得られる可能性があります。

スペシャルケアをする

マッサージやパックなどは時間がないと面倒になるお手入れですが、肌の働きを活性化するためには定期的に続けたいことの一つです。安い化粧品を使う場合はマッサージなどを行い、肌の働きを整えておくとさらに美容効果が実感しやすくなります。

生活習慣も見直そう

肌によいビタミンなどの栄養補給、肌のターンオーバーを活発にする質の高い睡眠時間、リラックスしてお風呂に入るなど美肌生活を意識することで、コスパのよい化粧品がさらに活躍します。

まとめ

  • コスパのよいスキンケアのためには、安い化粧品と高い化粧品の違いを理解する必要がある。
  • 化粧品の値段は研究開発費のコストにより変わり、高い化粧品は肌になじむスピードが速い。
  • 有名化粧品は多額の広告宣伝費をかけているので値段が高くなる。
  • 同じ成分でも、原材料の質や含有量の違いにより値段が違ってくる。
    高い化粧品には良質な原材料とバランスの良い含有量が期待できる。
  • 人件費は化粧品の価格を大きく左右する。
  • プチプラでもよいものはある。化粧品は値段で判断するのではなく、肌に合ったものを選ぶことが大切。
  • コストを抑えてスキンケアをするのは、コスパのよい化粧品を工夫して使うことがポイント。

 

安い化粧品と高い化粧品の違いはイメージできても実際に使うまでわかりませんよね。化粧品には成分以外にもプラスされるコストがとても多いため、値段だけで判断できないアイテムです。まずは肌に合うかどうかチェックしてできるだけコストを抑えたスキンケアをはじめましょう。

この記事も読まれています