スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

ほうれい線が赤い症状を目立たなくする3つのアイデア!

ほうれい線が赤いのはなぜか、色々な化粧品を使ったりマッサージするなど自己流の対策をしている人もいると思います。ほうれい線ははっきりわかるほどの深いシワになるのはとても困りますが、さらに赤い色になるのはさらに目立つ要因です。ファンデーションで隠してもほうれい線はシワが寄ってしまうので、メイクでもカバーしにくいトラブルになるでしょう。

でもそのまま放置してもほうれい線が赤い症状はすぐには消えません。正しくお手入れするためには、ほうれい線が赤い症状の根本的な原因を知り、上手に肌環境に合わせて改善することが大事です。では年齢肌の悩みのひとつ、ほうれい線が赤い時にできる3つの改善方法についてご紹介しましょう。

ほうれい線が赤い原因を知ろう

通常のほうれい線は深い溝やつながったシワなど、肌の色と同じでさほど赤みが気になることはないでしょう。ほうれい線ができる年齢肌には誰にでも起こる可能性がある赤い症状、この悩みを改善するためにはまず原因を正しく理解して自分の肌に合わせた改善策を行いましょう。ほうれい線が赤いのはなぜか、考えられる大きな2つの原因をご説明したいと思います。

肌の乾燥によること

そもそもほうれい線ができるのはコラーゲンやセラミドなどの肌の弾力成分が年齢とともに減少すること。さらに肌の保水力が低下して乾燥することでほうれい線ができやすくなります。ということはほうれい線がある肌は水分量が少ない傾向がありますので、肌が乾燥しやすい環境が整っているのです。

肌が乾燥するとかさつきや粉をふいたような症状があり、さらに悪化すると皮膚の常在菌のバランスが不安定になり炎症を起こしてしまいます。ほうれい線が赤いのはこの肌荒れによる肌の赤み、冬など乾燥する季節は誰にでもこの症状が起こる可能性があるでしょう。

バリア機能が低下している

皮膚を外側の刺激から守るバリア機能、年齢とともに働きが低下するだけでなく、生活習慣や刺激の強い化粧品なども要因になります。バリア機能が弱い状態で外から刺激を与えると肌が赤く炎症を起こすため、ほうれい線が赤い症状につながることもあります。

ほうれい線が赤い時はスキンケアからアプローチする

まずスキンケアで肌の乾燥対策をしてください。保湿化粧品は肌の乾燥を予防して小じわの目立ちを防ぐだけでなく、動きの激しい頬は口周辺の肌の潤いを長時間守ってくれます。コラーゲンはとくに肌のハリをアップする働きがありますので、保湿ケア商品の成分としてチェックしておきましょう。ではほうれい線の赤い症状を改善するオススメのスキンケアポイントをご紹介します。

透明感をアップする化粧品を使う

肌のくすみは古い角質層が残っている場合やターンオーバーの乱れが原因になり、肌の赤みを目立たせる要因になります。美白成分を配合した化粧水など肌の透明感をアップしてトーンを明るくすることで赤みが軽減する場合があります。美白成分は刺激が強いものがなかにはありますので、必ず肌に合うタイプを選ぶこと、不安な場合はトライアルセットでパッチテストをすることも良いでしょう。

安全な手作りスクラブで角質ケアをする

角質ケアによいスクラブ洗顔料やマッサージクリームなどがありますが、ほうれい線が赤いときは肌が炎症を起こしている可能性もありデリケートにケアすることが求められています。角質を取り除き肌の輝きを戻すことは赤みを軽減するメリットにもなりますので、そんな場合は手作りスクラブにトライしてみましょう。

使うものは三温糖とココナッツオイルやオリーブオイルなどの美容系オイル。材料を適量で合わせてペースト状にしたら顔全体に伸ばして小さな円を描くようにやさしくマッサージしてください。皮膚の血行改善にも良く肌全体のトーンが明るくなります。またオイルの保湿効果によりほうれい線ができやすい乾燥部分もしっとりするでしょう。スクラブマッサージの後はぬるま湯でしっかり洗い流して化粧水で肌を整えておきます。

UVケアをする

紫外線のダメージは肌細胞を酸化させたり、バリア機能を壊す恐れがありますので、毎日日焼け止めやUVカットのコスメを使い対策を忘れずに行ってください。

ビーチなどの日差しが強い場所に行くときはSPF30、普段の生活ならSPF10~20ぐらいでOKです。

下地クリームでほうれい線をカバーする

ほうれい線が赤いときはプライマーなどを使い肌の赤みを抑えてからファンデーションをつけてください。頬は動きが激しくファンデーションのよれが目立つので厚塗りしないためにも下地が欠かせません。

表情筋をトレーニングする

表情筋の衰えはほうれい線をさらに悪化させる原因で肌全体のたるみにつながりますので、年齢肌は筋肉レベルからアプローチすることも大切です。肌にハリが戻れば深い溝での摩擦が軽減して赤み予防にメリット。そのためにも基盤となる表情筋を鍛えて若々しい肌を作りましょう。では次のポイントを意識してほうれい線対策によい表情筋のトレーニングを行ってください。

フェイスヨガをしよう

肌の弾力を回復するエクササイズでオススメなのがフェイスヨガ。まず口角の両側を人差し指で左右に開き、その力に対抗するように口を閉じます。その状態を5~10秒間維持して1日25回ほどトレーニングしてください。

頬を膨らませよう

大きく息を吸い込み風船のように頬を膨らませてください。頬の皮膚を伸ばすことでほうれい線改善につながり、さらに肌が滑らかになる効果も期待できます。頬をできる限り膨らませたら片方ずつに空気を移動して左右交代で膨らませましょう。ほうれい線が伸びるように意識しながらやると効果が出やすく、肌の血液も循環になり赤み軽減にもメリットがあります。

スマイルフェイスを作ろう

歯を上下閉じたままの状態でできる限りのスマイルを作ってください。そのままの状態を10~15秒間キープして1日10回~20回ほど繰り返してください。普段から笑顔を意識して生活することもほうれい線対策のエクササイズになります。

メイクの前のエクササイズ

朝の表情は一日の気分を左右するほど大切です。肌のハリがなくほうれい線の赤みが目立つ時は、メイクする前に肌を柔軟にするエクササイズをしましょう。まず両手で頬を抑えるように手を置きます。その位置から外側に向かってほうれい線を伸ばすように頬を引っ張りましょう。閉じた口元から歯が見えるぐらいまで引っ張ると効果的です。ゆっくり手を戻してまた同じエクササイズをリピート。メイク前に3回ほど繰り返し、時間があるときやメイク直しをする際にもぜひトライしてください。

ほうれい線が赤い時は肌を元気にする生活習慣を心がけよう

肌細胞の働きを促進して炎症を抑えることや、ターンオーバーを活性化する点も忘れてはいけません。ほうれい線は外部の刺激や乾燥以外にも生活習慣のちょっとした間違いが肌環境を乱す原因にもなりますので、ほうれい線が気になる年齢肌は健康的な生活を心がけましょう。次の大切なポイントを意識して、これから美肌生活に少しだけこだわりを持ってください。

水分補給をたっぷりすること

肌の乾燥はほうれい線を悪化させる原因、スキンケアでアプローチしながら同時に体のなかにもたっぷり水分補給してください。水を飲むことは最も自然な肌の保湿方法、小じわやほうれい線が悪化しないように炭酸飲料やコーヒーなどの飲み物を控えてミネラルウォーターに変えましょう。カフェインや糖質が多い飲み物は脱水症状を招く可能性があり、肌からも水分が逃げやすくなります。水分不足を改善するためには質の良い水分補給が美肌にもメリットになるでしょう。

定期的なエクササイズをしよう

運動をほうれい線の赤み、一見なんのつながりもないように思いますが、運動すると血液の循環が活性化され肌にも栄養が循環しやすくなります。血液の流れが良くなると運ばれる酸素量も多くなり皮脂バランスも正常に整います。また新しい角質層が作られやすくなり、年齢肌に起こりやすいターンオーバーの乱れも改善できるのです。エクササイズは週に3~4回が理想、ジョギング、ハイキング、ウォーキング、水泳など有酸素運動を心がけてください。

アンチエイジングによい食べ物を摂取する

抗酸化作用が高い食べ物は肌細胞の酸化を防ぎ若い肌作りにメリットになります。また抗酸化成分は肌の弾力をつくるコラーゲンやエラスチンなどの生成を活性化するため、自然と肌のハリも改善されていくのです。

例えばベリー系の果物、リコピンが多いトマト、栄養価の高いブロッコリー、カテキンが含まれている緑茶などアンチエイジングにオススメです。

オメガ3脂肪酸を摂取しよう

抗炎症作用があるオメガ3脂肪酸はほうれい線の赤みを軽減するメリットがあります。肌細胞を元気にして健康的な肌作りに最適な栄養素、アンチエイジングに欠かせません。オメガ3脂肪酸は一日大さじ1杯のチアシード、もしくは8粒程度のアーモンドやくるみ、または2カップ分の大豆製品などで摂取が可能、ほうれい線対策にオススメです。

まとめ

  • ほうれい線が赤くなるのは乾燥による肌荒れとバリア機能の低下による炎症が主な原因。
  • ほうれい線が赤い時は、スキンケアで肌の乾燥対策やUV対策を行うのがよい。
  • 表情筋をトレーニングするのも、肌のハリ回復に効果的。
  • 水分補給や定期的なエクササイズ、抗酸化作用の高い食べ物を摂るなど、肌を元気にする生活習慣を心がけることも大切。

 

ほうれい線が赤い原因は肌の乾燥による肌荒れですが、肌の基盤から強化するためにはアンチエイジングによい食べ物や運動にも取り組みたいですね。最近では色々なサプリメントなどもありますので、肌環境が不安な時は手軽にできる栄養摂取もいいかもしれません。

この記事も読まれています