スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

顔の肌が弱い敏感肌の人は美白化粧品は使えませんか?

顔の肌が弱く敏感肌なのでよくトラブルがあります。ヒリヒリするので刺激の強い美白化粧品が使えません。こんな肌にはシミ対策どうしたらいいですか。

敏感肌は肌の老化が進みやすい条件がそろっているため、シミやくすみ対策はできればやっておきたいですよね。美白化粧品に含まれる有効成分は肌の乾燥を招く場合もあるため、敏感肌の場合は低刺激タイプを使うか、保湿ケアを強化して肌のターンオーバーを活性化する手段も考えてみましょう。

バリア機能が弱い敏感肌は刺激の強い美白化粧品を避けて選び方には十分注意してください。最近は低刺激タイプの美白シリーズもありますので肌チェックしてから判断しましょう。

 

顔の肌が弱いけど美白はできる!刺激を減らしたシミ対策

顔の肌が弱いと感じるのは生まれつきの敏感肌や乾燥肌だけでなく、30代、40代の年齢肌にも共通する点です。加齢とともに肌の働きが弱くなると肌は徐々に敏感になり、化粧品選びも大変になるでしょう。しかし肌の老化はタイプに関係なくストップはしてくれません。

シミやくすみなどの目立つ肌の老化症状、顔の肌が弱い場合はなにができるの?と困っている人は少なくないはず。そこで早速ですが敏感肌でもできるシミ対策について詳しくご紹介したいと思います。

美白化粧品は夏だけでなく通年使用するアイテムになっていますが、選び方や使い方次第で肌タイプに合わせることは可能です。さらにデリケートにシミ対策するコツもプラスして綺麗な肌作りをはじめましょう。

敏感肌はシミができやすいので注意しよう

肌が弱いから美白ケアはしないほうがいいと勘違いしている方はいませんか。美白はシミやくすみなどの予防と改善を目的としたスキンケアで、年齢肌になるほど美白を意識する方は増えてきます。メラニン色素は紫外線によるダメージを受けると肌を守るために作られ、長年の蓄積によりシミが徐々に広がっていきます。

この肌トラブルを予防するものがトラネキサム酸やハイドロキノンなどの美白有効成分。メラノサイトの働きを抑制してシミの原因を減らしてくれる一方で刺激が強いので、美白化粧品を使うと普通肌でもヒリヒリ感が残るという場合もあるでしょう。

顔の肌が弱い人は美白をしないとさらにメラニン色素の働きが活発になるということをご存知ですか。敏感肌や乾燥肌はバリア機能が弱いため、外部の刺激をとても受けやすくなっています。紫外線は油断したときにたっぷり浴びてしまい、敏感肌はバリア機能を通過して角質層内のコラーゲンやセラミドなどを破壊してしまうのです。

こんな状況からあるからこそ、美白対策は肌が弱い人こそやるべきお手入れ。刺激を与えない方法は色々ありますので、シミができやすい肌環境があることを覚えておき今後の美白ケアを考えましょう。

敏感肌の美白化粧品選びのコツについて

美白化粧品が肌に合わないからあきらめた、という方のために肌に安全に使える化粧品選びのポイントをご説明します。まずは美白化粧品を探す時に自分の肌タイプに合わせ、敏感肌専門ブランドや敏感肌に向けた有効成分の働きを生かした商品を見つけることが大事。美白はエイジングケアの定番ともいえますので、加齢により肌が弱くなっている人は大勢います。それでも皆さんシミ対策を続けられるのは、こんな敏感肌タイプの美白化粧品があるからなのです。

たとえば刺激の強い美白成分をカプセルにい閉じ込めて化粧水に配合したものや、特許取得した肌をガードしながら美白する最新の化粧品など。顔の肌が弱いから使えないタイプももちろん多く存在しますので、まずは敏感肌にも安全に使えるタイプを選んでください。そして以下の大切な判断基準も忘れずにチェックしましょう。

美白化粧品選びでチェックしたいポイント

  • 保湿成分が配合されているか
  • 保存料などの添加物が使用されていないもの
  • 美白有効成分が配合されたもの
  • トライアルセットで肌チェックができるか

ビタミンCのサプリを活用しよう

シミやそばかす、肌のくすみを内側から防ぐ働きがあるサプリメント。色々な美肌成分がありますが、メラニン色素の抑制に有効なのはなんといってもビタミンCです。美白サプリメントは種類が豊富にあり、錠剤、ドリンク、粉末、タブレットなどタイプも色々。大切なのはとにかく継続する点なのでコストやサプリの安全面にも注意しながら自分に合った商品を見つけてください。

美白サプリメントの効果はできたシミを薄くする働きや、メラニンの生成を抑制してシミの予防をすることが目的です。しかしこれだけでなく普段のスキンケアや紫外線対策などのダブルケアがさらに美白ケアに効果を発揮します。自分にあう美白サプリメントの選び方は次のポイントを考えながら判断するとよいでしょう。

美白成分

ビタミンCだけでなくプラセンタやLシステイン、エラグ酸などもくすみやシミに有効な働きがあります。ビタミンは単体よりも複合で摂取すると相乗効果でさらにメリットが増える場合もあります。

医薬品を使う

サプリメントは一般的に栄養補給の食品として扱われていますが、効果や効能が認められた医薬品のほうが美白効果が期待できます。

3か月は続けること

サプリメントは短期的な効果でなく習慣的に続けて栄養摂取として継続することが大切です。最低でも3か月間は続けないと本当の効果は判断できないでしょう。

顔の肌が弱い人は保湿ケアでターンオーバーを活性化すること

顔の肌が弱い人は刺激の強い美白化粧品を避けて、保湿を重視したケアをすることも大切です。バリア機能が弱いと肌の新陳代謝の周期が乱れ古い角質層がしっかりはがれない状態。このまま蓄積されるとさらに肌の乾燥が進み、くすみやシミも目立つようになります。肌の水分量が少ない敏感肌はまずは保湿ケアを完璧にして肌の働きを活発にしましょう。

肌の生まれ変わりがしっかりできないと、メラニン色素を押し出す働きが弱くシミの予防と改善はできません。保湿で肌の潤いを十分に保つとバリア機能が強化されて外部の刺激もブロックしますし、内部の水分も保持できます。

 

敏感肌の保湿対策としては次の点を参考にして毎日続けてください。

浸透性の高さをアピールした化粧品を使う

バリア機能が弱い肌は水分を与えてもすぐに蒸発してしまいますので、しっかり角質層の奥まで届く浸透性の高い化粧水などがオススメ。保湿化粧品に美白成分が入っていればなおメリットがありますが、まずは保湿だけを重視しておきましょう。

パックやマッサージを行う

古い角質が残りやすい顔の肌が弱いタイプは洗顔だけで古い角質を落とすのは大変なので、新陳代謝を活発にするために定期的なマッサージやパックを行いましょう。ピーリングやスクラブは刺激が強いので保湿効果が高いクレイパックなどがオススメです。

顔の肌が弱い人向けの紫外線対策方法

しっかり美白化粧品を使っても原因となる紫外線対策をしないと意味がありません。敏感肌には合わない日焼け止めなどもありますので、肌に安全で継続できる日焼け止めのコツを見ていきたいと思います。

UVB波をブロックするタイプ

紫外線はUVAとUVBという2種類があり、シワやたるみなどの老化につながるUVAに対してメラニン色素を活発にしてシミやそばかすを増やすUVBがあります。美白を意識する場合はUVB波をブロックするタイプの日焼け止めを使いましょう。

顔用を使う

日焼け止めは種類がたくさんありますので、顔の肌が弱い人は顔専用の下地クリーム系などを使うと良いでしょう。ボディの日焼け止めは刺激が強いこともありますので、心配な場合はベビーローションなど紫外線をブロックする子供用を使っても安心です。

BBクリームでメイクする

敏感肌は基礎化粧品だけでなくファンデーションやチークなどのメイクで肌荒れを悪化させてしまう時があります。なるべく肌の負担を減らし摩擦回数も注意するならばUVカットのBBクリームを使ってワンステップのメイクをすることも良いでしょう。オールインワンゲルの美白用もありますので、無添加で肌に安全な商品を選び肌チェックしてから使ってください。

ストレスのない生活で肌にかかるプレッシャーを減らそう

ストレスを感じると交感神経が優位になり皮脂腺の活動が活発になることや、活性酸素が増えるなど肌にもダメージを与える要因です。精神的なストレスを感じると活性酸素は通常よりも3倍も多く発生するといわれ、肌内部の炎症やメラニン色素の生成が1.3倍に増えるともいわれています。肌をリラックスさせることは敏感肌のシミ予防としても有効な手段なので、普段からストレス解消を心がけた生活を行ってください。

疲れた夜はのんびり入浴、熱すぎないお湯でゆっくり浸かり、肌の老廃物を汗と一緒に排出しましょう。また就寝前にアロマの香りを活用して快眠することオススメです。体の内側からできる美白ケアとして以下のハーブティも敏感肌にオススメなのでぜひトライしてください。

敏感肌にオススメのハーブティ

  • ローズヒップティーはカフェインゼロで抗酸化作用やビタミンCが豊富です。ローズの香りは女性ホルモンを活発にする作用もあるため美白ケアにもメリットがあります。
  • カモミールティーはメラニン生成を抑制する働きや抗炎症作用、抗糖化作用があり、睡眠をサポートする効果もあるので美肌習慣に良いでしょう。
  • ルイボスティーはミネラルが豊富で肌のターンオーバーを活性化する効果が期待できます。ノンカフェインなので寝る前に飲んでも安心です。

まとめ

  • 肌のバリア機能が弱い敏感肌でも美白ケアすることは可能。
  • 紫外線によるダメージを受けやすい敏感肌の方が、美白ケアの必要は高い。
  • 美白成分は高い効果の反面、刺激が強いことも多い。敏感肌専用ブランドなど安全性の高いタイプを選ぶことが大切。
  • 体の中からアプローチするには、ビタミンCなどのサプリを使うのも良い。
  • 肌が弱い人は、角質層の奥まで届く保湿ケアでターンオーバーを促進することも重要なポイント。
  • 紫外線対策は美白の基本!日焼け止めやBBクリームを使って低刺激の対策を心がけよう。
  • ストレスは活性酸素・メラニン色素を発生させる原因のひとつ。ハーブティなどでリラックスする習慣を。

 

顔の肌が弱いとあらゆる不快な症状が起こりやすくなります。年齢とともに気になるシミやくすみ対策は、肌タイプに合わせて行うことが一番大事なポイント。とくに敏感肌などのデリケートな肌環境は慎重に化粧品選びもしないといけませんね。

この記事も読まれています