スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

肌の老化予防は何歳ごろから始めたらいいですか?

私の母は50代ですがシワやたるみが多く実際よりも老けて見られることがあります。私は20歳、将来の肌が心配なので老化予防をいつから始めたらいいか知りたいです。

肌の老化は年齢でひとくぎりにできるものではないので、自分で老化を自覚した時がアンチエイジングのチャンスになります。でもシワやたるみがはっきりわかる状態になってからでは遅いですよね。

一般的に肌の老化は20代後半から始まるといわれていますので、30代はアンチエイジングをはじめる目安の時期。また肌の働きが低下すると乾燥しやすくなったりハリ不足といった症状も起こりますので、肌環境が変わったら老化予防のケアを始めると良いでしょう。

 

肌の老化予防を始める年齢について・時期を見極める基準

肌の老化は誰もが体験すること、しかしお手入れの仕方によって若く見える肌と老けて見える人の差がでてしまいます。実年齢を変えることはできなくても、見た目年齢を若くすることは可能、そのためにはタイミングよくアンチエイジングをスタートさせて肌の働きを維持しましょう。

でも多くの人が頭を悩めているのが、いつから肌の老化予防を始めたらいいのか?ということ。まだ若くてまったく肌の老いを感じていない人も始めるべきなのか、それともほうれい線が目立ってからでも遅くはないのか。アンチエイジングを効率的に進めるためには肌の仕組みを理解して、タイミングよくスタートすることが大切です。

肌の老化予防について正しく理解しよう

アンチエイジング化粧品、エイジングによい食生活など私たちの生活には老化予防に関するアイテムや情報が豊富にあります。肌の老化予防は正しく理解してから始めないと、タイミングが合っていても理想的な肌環境を作り出すことはできないかもしれません。

そもそもお肌のエイジングケアと呼ばれることは、若返りを意識することよりも年齢に合わせたお手入れをすることです。なぜなら加齢とともに体の動きが衰えるように肌の働きも老化していきます。
シワやたるみなどの症状が目立つ40代以降は見た目年齢にも影響を与えるため、スキンケアで若返りを意識する方は多いでしょう。

しかしここがエイジングケアの落とし穴、若く見せたいことだけにフォーカスしてしまうと肌に合わないスキンケアになる可能性もあり、これでは逆に老化スピードがアップするでしょう。

肌が老化するのは年齢以外にもあらゆる要因がありますので、エイジングケアを上手にするためには全体的なバランスを考えながら老化要因を排除する点も忘れてはいけません。老化原因として考えられる次の点を覚えておきましょう。

  • 皮膚が薄くなる
  • 糖化する
  • ホルモン分泌が低下する
  • 血管が老化して栄養不足になる
  • 紫外線による光老化
  • 加齢
  • 生活習慣
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足

肌の老化が始まる年齢について

肌の老化予防をはじめる時期を判断するには、肌の仕組みを理解して衰えはじめる時期を見極めないといけません。年齢肌と聞くと目尻のシワや顔に広がるシミ、たるみなどのはっきり自覚できる老化症状をイメージしますが、本当の意味での肌の老化は表面に現れる症状でなく肌の内部で始まっているのです。

この老化は20代後半からすでに始まり、肌内部の潤いを維持するコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が徐々に減少をはじめます。肌の老化の度合いは体と同様に個人差がありますので、生活習慣など考慮して年齢だけで老化の進行具合を判断できません。しかしアンチエイジングを考える時、肌の仕組みとして20代後半から老化がスタートする状況があることは理解しておく判断基準になるでしょう。

肌の老化予防は早いほど効果を実感しやすいため、20代からアンチエイジング化粧品を使うことは決して間違いではありません。大切なのは肌が必要としている成分を補えるかどうか、肌環境にあった化粧品を使っているかということ。また個人差がある肌の老化、人よりも肌の働きが衰えてしまう次の原因にも注意しましょう。

  • 飲酒や喫煙習慣
  • ストレスがたまる生活
  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • 間違ったスキンケア
  • 紫外線対策をしない

アンチエイジング化粧品を使い始める時期

アンチエイジング化粧品には保湿成分や抗酸化成分など、肌の衰えを予防して活性化する役目があります。10代からこのような化粧品を使う人はいないと思いますが、皆さん異なる生活環境がありますので20代になると肌年齢は徐々に差がついてくるでしょう。

そこで気になるのがアンチエイジング化粧品の存在、何歳から使い始めるべきなのか迷ってしまう点。一般的には30代になってからアンチエイジング用の化粧品にシフトする人が多いといわれていますので、時期の目安にはなるでしょう。

年齢で判断することよりも大事なのは肌環境を自分で判断することで、目に見えない次の症状を感じ始めたら肌の老化予防はそろそろ考えるべきかもしれません。

  • 肌の乾燥が気になり、同じ化粧水を使っても肌がしっとりしなくなる
  • 朝起きた時の肌のハリ具合が変わった
  • メイクが崩れやすくなった
  • 屋外で過ごす時間が多い

菲薄化を改善して肌の老化予防をしよう

20代後半から徐々に減少するコラーゲンなどの肌のハリ成分、すると表皮細胞がしぼんでしまい肌が薄くなる「菲薄化」という状態に進行してしまいます。薄くなると肌表面の脂肪部分も減り、弾力がなくなりメイクで苦労することもあるでしょう。

肌が薄い状態が続くと刺激に弱くなりさらに肌細胞の働きが低下します。刺激の強いスキンケアなども原因になりますが、加齢は肌の層そのものが薄くなり弱くなっている状態をさらに招きます。薄肌を改善してエイジングケアを活性化するためには次のポイントを意識してください。

ホルモン

年齢とともに減少する女性ホルモン、美肌には欠かせないものでホルモン分泌量が減ると肌のハリ成分となるコラーゲンなどが十分に生成できなくなります。さらに肌の乾燥が進むため、女性ホルモンを整えるには大豆のイソフラボンを摂取して肌を丈夫にしましょう。

表情筋を鍛える

顔の表情を作る表情筋と呼ばれる筋肉は年齢とともに衰えて、皮膚を引っ張り上げる力が不足してしまいます。これを改善するためにはいつも笑顔で生活すること、シワができやすい目や口の周辺を意識して動かす、舌をだして20回ほど円を描くように運動するなど顔の筋トレを行ってください。

紫外線対策は光老化予防に効果あり

紫外線はシミやそばかすなどの目立つ症状を招き、さらに肌の内部では活性酸素を発生させ細胞レベルから肌の働きを弱めています。紫外線による光老化は、肌の老化の80%もの原因になるといわれています。オゾン層が破壊されて紫外線の量が増加する近年、肌にとっても不健康な環境があるということなのです。

日焼けしない人の肌はとても白くて美しい魅力があり、逆に日焼けして小麦色の肌は数年後にシミだらけになるでしょう。紫外線による活性酸素はコラーゲンやエラスチンなどを破壊してシワやたるみを増やし、肌の土台となる働きから低下してしまう原因なのです。

注意したい光老化、アンチエイジングをする際の対策法として次のポイントを参考にしてください。

出かける時は日焼け止めを使う

SPF20以上の日焼け止めを使いましょう。天気がよい時だけでなく曇り空でも紫外線は肌に刺激を与えています。光老化は予防がなによりも大切なカギを握っていますので、毎日の紫外線対策は忘れずに続けましょう。

セラミドでスキンケア

セラミドは角質層を守る大切な潤い成分、年齢とともに減少しバリア機能が弱くなる原因です。アンチエイジング化粧品でセラミドを肌に補い、紫外線に負けないバリア機能を整えましょう。

肌の糖化は食生活からもアプローチしよう

肌の老化には「糖化」と呼ばれるものがあり、食生活で摂取したタンパク質と糖質が結びついて起こります。たとえばホットケーキをフライパンで焼いたときをイメージしてください。生地が熱で焦げると茶色に変色して固くなります。肌の糖化はこれと同じ仕組みで細胞が糖質によりコゲついてしまう状態なのです。

肌が糖化すると表面が固くなりハリ不足、吸水力が減るためスキンケアも効果が実感しにくくなる場合もあるでしょう。肌の老化として注意したい糖化は次の対策法をぜひ取り入れてください。

甘いものを控える

肌の糖化は原料になる糖質を減らすことで予防が可能です。糖分が多い食べは活性酸素を増やし健康にも決して良くありません。炭水化物、ケーキ、炭酸飲料など甘いものはできるだけ控えてください。

有酸素運動をする

血液の循環を活発にして、体内の劣化したタンパク質を排出する効果がある有酸素運動は肌の糖化を予防する効果があります。一度糖化した肌は元に戻すのが大変なので予防に力を入れることが大切、ジョギングや水泳、ウォーキングなどを定期的に行い肌のデトックスを行ってください。

まとめ

  • 見た目年齢はお手入れで大きく差がつく!エイジングケアはタイミングよくスタートすることが大切。
  • 若返りを意識するより、全体的なバランスを考えながら年齢に合わせたお手入れをすることがポイントになる。
  • 肌内部の老化は20代後半からすでに始まっている。
  • 30代になってからアンチエイジング用の化粧品にシフトする人が多い。
  • 加齢によりハリ成分が不足するため、表皮細胞がしぼんで肌が薄くなる「菲薄化」が起こりやすい。
  • 紫外線による光老化は肌老化の最大の原因。アンチエイジングには紫外線対策が欠かせない。
  • 糖化も肌老化の大きな要因のひとつ。甘いものを控え、有酸素運動を心がけよう。

 

肌の老化予防をはじめるのは30代前後、40代や50代になってからエイジングケアを始める人もいますが、遅すぎることはありませんので肌年齢が気になりだしたらすぐにスタートすると安心ですね。

この記事も読まれています