スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

花粉の時期になると肌がカサカサになるのですが解決策はありますか?

花粉症で春になると症状が辛く同時に肌もカサカサになります。これは花粉症のせいなのか、原因と改善する方法について教えてください。

乾燥肌も花粉症の症状の一種で、とくに敏感肌は注意が必要な時期です。花粉皮膚炎と呼ばれる皮膚症状は花粉などの外部の刺激に肌が過剰に反応し、乾燥肌の症状が起こります。口と鼻はマスクで覆い皆さん用心すると思いますが、この時期にひどくなる花粉症は肌もできるだけ花粉から守ることが大切です。

帰宅したらすぐに洗顔、眼鏡を使うことや大きいのマスクでできるだけ広範囲をカバーすることも方法です。また髪の毛に付着した花粉が顔につくこともあるので、春先は髪を縛るとよいでしょう。

 

乾燥肌と花粉症の関係~花粉症皮膚炎の原因と予防方法について~

乾燥肌で年間を通していつもカサカサという人は、生まれつきの肌質が関係している可能性があります。しかし最近は大人になってからいきなりアレルギー体質になる人も多く、花粉症はとくに増えています。鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどとても辛い症状が続く春先、同時に乾燥肌がひどくなることがありませんか。

花粉症という自覚がない人も注意が必要な「花粉皮膚炎」、春先の肌トラブルとして近年増えていますので、原因と予防方法について理解しておきましょう。

肌が健康な人も季節により肌環境は変わる可能性があります。花粉症が始まる2月~4月の間は乾燥肌の根本的な原因を理解して季節に合ったケアをしましょう。では早速ですが花粉症皮膚炎についてご紹介したいと思います。

花粉症皮膚炎とはなに?

乾燥肌のような症状が続く花粉症皮膚炎は、花粉の影響で肌荒れや乾燥がひどくなる症状です。鼻水などの典型的な花粉症の症状だけでなく、春先の乾燥肌も増加傾向があります。花粉症皮膚炎の原因は空気中を漂う花粉が肌に付着して炎症を起こしてしまう症状で、花粉症の症状がはじまる頃から一緒に肌トラブルもスタートします。

乾燥肌の人は半数以上がかゆみ症状があり、とくに春先になると肌荒れが悪化するという統計もありますので花粉症と乾燥肌には大きな関係があることがわかります。花粉症の症状がなくても花粉シーズンになると乾燥肌になる人もいますから、春先はスキンケアでも注意するべきことが色々あるのです。すでに花粉症の人はこの皮膚炎になりやすい次の原因がありますので十分に注意しましょう。

目や鼻をこする

花粉症の症状には目や鼻のかゆみがあり、無意識にかいたりこすったりします。すると肌のバリア機能が破壊されてさらに花粉が皮膚に浸透してしまう悪循環があるのです。

スキンケアが不足する

花粉の時期になると肌が敏感で化粧水やローションなどもヒリヒリする場合があるでしょう。負担を減らすためにあえてスキンケアを軽く済ませえてしまうことも多いため、バリア機能が低下して刺激に弱くなってしまいます。

花粉症皮膚炎の症状について

花粉皮膚炎の主な症状は

  • 乾燥肌
  • 頬の赤み
  • かゆみ
  • ヒリヒリ

などがあります。ひどい皮膚炎のような重症なものではありませんが、春先はずっと乾燥肌が続く場合がありとくにおでこ、顔、頬、首など露出している部分は刺激反応が強く出る可能性があります。

顔のなかで注意したいのは目の周辺。花粉症で涙が止まらない症状もありますが、目の周辺は皮膚が薄いため保湿力が少なく乾燥しやすい特徴があります。こんな特徴がありますので、花粉が目の周辺に付着するとさらにかゆみが悪化し、さらにバリア機能が低下して乾燥肌を招くのでシワなど老化症状が悪化する可能性もあるでしょう。

花粉症皮膚炎はこれらの肌に感じる症状以外にも、肌にブツブツができる症状もあり見た目的にも肌環境が悪くなってしまうのです。花粉症皮膚炎の症状は体調によっても度合いが変わりますので、たとえば飲み会が続き睡眠不足になると肌のヒリヒリもさらに強く現れることがあります。

また花粉は春先だけでなく秋や冬にも違う種類の花粉がありますので、年間を通して意識するべき皮膚症状といえるでしょう。

春先は乾燥肌や敏感肌の人はとくに注意すること

花粉症皮膚炎は花粉症の人、もともと乾燥肌の人、さらに肌の状態が一時的に悪い時に起こる可能性もあります。なかでもとくに注意すべきなのは敏感肌タイプ。すでにバリア機能が弱くなっていますので、花粉の季節はほかの時期よりも慎重なスキンケアが必要なのです。では敏感肌と花粉症皮膚炎の関係について重要なポイントをご説明しましょう。

春先はデリケートになりやすい

春先は冬の過酷な寒さを乗り越えて疲労もたまっています。ヒーターで乾燥した肌も本来は春先に潤いを戻したいところ、しかし花粉アレルギーがある人は乾燥肌にさらに負担がかかり、ヒリヒリなどの症状がずっと続いてしまうのです。

ホコリが多いので注意しよう

春先になる黄砂などホコリが空気中に増えるため、バリア機能が弱い敏感肌には外部からの刺激がとても多い季節です。有害な物質は空気中から完全に取り除くことはできませんので、できるだけ外出を控えることも方法のひとつ。

刺激を防ぐことだけでなく敏感肌は肌本来の力を強化してあらゆる負担に負けない肌作りも意識しましょう。

花粉以外にも注意したい春先のスキンケアのコツ

花粉症の人だけが肌トラブルに注意が必要なわけではありません。くしゃみや鼻水などの症状がなくても徐々に体がアレルギー体質に偏っていくこともありますし、知らない間に花粉症になっている場合もあるでしょう。しかしターゲットは花粉だけでなく乾燥肌は春だからこそ注意したいいくつかのポイントがあります。

ストレス

春先は新生活のスタート、そのため生活のなかで抱えるストレスが増えるので自律神経が不安定になりやすい時期。自律神経は皮脂腺の働きにも影響を与えますので、ストレスが多いほど乾燥肌になりやすい傾向があります。ストレス解消として運動したり趣味の時間を過ごすなど精神面からも肌のコンディションを整えるとよいでしょう。

紫外線

ギラギラした太陽の光は肌にとても負担になりますが、夏ほどではなくとも春先から徐々に紫外線量は増えています。春先になると紫外線量が急上昇するため、つい日焼け対策をせずに外出する人も多いと思いますが、このうっかりが春先の乾燥肌を招く要因にもなっているのです。油断して紫外線を浴びてしまうと活性酸素が発生して肌細胞が酸化。するとターンオーバーも低下して肌のサイクルは乱れてしまいます。

短時間でも必ず紫外線対策をして外出するように心がけてください。

冷え性

ポカポカ陽気が続くと油断してしまうのが体の冷え。いきなり薄着になり体を冷やしてしまうと肌の栄養も十分に運ばれなくなってしまいます。マッサージをすると皮膚の血行が改善されかさつきも目立たなくなるでしょう。

バリア機能を強化するお手入れをはじめよう

花粉症皮膚炎はバリア機能を強くするスキンケアが一番の改善策になります。春先の不安定な肌環境を整えるためには次のポイントを意識して普段のお手入れをしてください。

丁寧な洗顔

花粉症皮膚炎の原因になる花粉、こまめな洗顔で肌を綺麗にしておくことが必要なのですが、過剰な洗顔は皮脂をなくしさらに乾燥を招く原因になります。洗顔料を使うのは1日に2回まで、泡で毛穴のなかのなかまで綺麗に落としそれ以外はぬるま湯でさっと洗い流す程度にしてください。保湿成分が配合してある洗顔料や低刺激タイプを使い優しく洗顔をしましょう。花粉の時期は最初にアレルゲンとなるものを洗い流してから通常の洗顔をしてください。

敏感肌用の保湿化粧品を使う

花粉症皮膚炎は症状がひどい場合は皮膚科で診察を受けることも大切です。セルフケアの場合は肌の潤いを増やすために保湿ケアが大事なので、敏感肌用の化粧品を使ってください。乾燥肌用でも刺激が強いタイプがありますので、花粉症の場合は敏感肌用を選ぶことがコツ。低刺激で保湿ケアができますので、バリア機能を回復するために最適です。

コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分は肌の再生にとても有効です。

紫外線対策をする

日焼け止め成分が含まれているメイクの下地クリームやファンデーションなど、外出する際は必ず紫外線をブロックするための対策を行ってください。肌が敏感な状態なので日焼け止めで肌荒れが悪化しないように刺激の少ないタイプを使うとよいでしょう。

肌を強化するための生活習慣を心がけること

花粉症皮膚炎は症状を軽減するだけでなく、肌質を改善することもお手入れのコツになります。スキンケアでは負担を減らした保湿ケア、そして普段の生活では肌を健康に強化するための美肌習慣を意識してください。

リラックスしよう

春先のストレスや体の疲労はリラックスして肌の働きを活性化することが大切です。お風呂に入ってマッサージしたり、好きな音楽を聴きながら寝る前のお肌のお手入れすることもよいでしょう。また肌が疲れないように睡眠時間を十分にとりすっきり一日をスタートさせてください。

善玉菌を摂取しよう

ヨーグルトなど善玉菌が多い発酵食品はデトックス効果があり体内の老廃物を排出してくれます。それと同時にアレルギー体質を改善する作用も期待できますので善玉菌が多い食べ物、またはサプリメントで摂取するのもよいでしょう。

症状がでたらすぐに保湿

ヒリヒリ、かさかさなどの乾燥肌の症状は肌の潤いが不足しているサイン。この場合はすぐに携帯ミストなどを使って水分を肌に与えましょう。がまんできる程度の症状でもバリア機能はかなり低下している可能性があります。悪化させないためにも常に肌の潤いを守る工夫をしてください。

ビタミンB群を摂取する

肌のサポート作用があるビタミンB群は弱った肌を強化する働きがありバリア機能を回復する効果が期待できます。豚肉、海藻、卵などバランスよく食べ物で摂取しましょう。

まとめ

  • 春先に乾燥がひどくなる場合、花粉性皮膚炎の可能性がある。
  • 花粉性皮膚炎とは花粉が肌に付着して起こる皮膚の炎症。
  • 花粉性皮膚炎の主な症状には乾燥肌、頬の赤み、かゆみなどがある。
  • 乾燥肌や敏感肌は要注意!慎重なスキンケアが必要。
  • 春先はストレスや紫外線、冷え性にも注意することが大切。
  • バリア機能を強くするスキンケアが一番の改善策。
  • 肌質改善にはスキンケアの負担を減らすこと、生活習慣の見直しがポイント。

 

花粉症の季節は辛い症状がストレスになり肌にとって悪い状況が色々と揃ってしまいますが、楽しみながらスキンケアをすることで春の美肌ケアができるでしょう。刺激の多い春先、花粉の多いエリアに行く時はとくに注意しないといけませんね。

この記事も読まれています