スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

毛穴のたるみが一番の悩みです!スキンケアで効果がある方法は?

毛穴の汚れが気になり洗顔石鹸を変えました。でもまったく効果がなくどうやらたるみが原因のようです。こんな悩み改善によいケアの方法を教えてください。

毛穴のたるみは開きだけでなく汚れが詰まりやすいことがデメリットですよね。洗顔方法はもちろん大切なポイントですが、毛穴を引き締めることも頭に入れてこれからはスキンケアを始めましょう。

年齢肌のたるみは弾力やハリ不足が原因、コラーゲンやヒアルロン酸などのたるみ予防成分、また毛穴引き締めによい収れん化粧水などを使って普段のスキンケアを行いましょう。できれば毛穴対策に特化している化粧品を選んだほうがお手入れがやりやすくなります。

 

毛穴のたるみはプチプラでなく専用の化粧品で!原因とケアのコツ

毛穴のたるみは年齢のせい?そう簡単に納得している人が多いと思いますが、加齢だけでなく毛穴のたるみは様々な要因がかくされています。色々な化粧品が市場に並び毛穴対策に良いシリーズもありますが、毛穴のたるみを改善するためには原因にあったケアをすることがなによりも大切です。

とくにスキンケアは皮膚に直接与えるメリットもデメリットもありますので、コツをつかんで上手に毛穴のたるみを改善しましょう。気になる毛穴のたるみ、原因とスキンケアのコツについてみていきたいと思います。

加齢により毛穴がたるむ仕組みについて

30代以降になったら注意したい毛穴、なんとなく肌が黒ずんで見える、毛穴が汚れているという状態は洗顔でごしごしこすってもダメ。毛穴が目立つようになる年齢肌は汚れでなく「たるみ」が原因なのです。なぜ年齢を重ねると毛穴がたるんでしまうのか、肌の仕組みについて次のポイントを覚えておきましょう。

たるみが毛穴を引っ張る

年齢肌のたるみはほうれい線やハリ不足だけでなく毛穴にも悪影響を与えています。肌のたるみが進むと毛穴が下に引っ張られて縦長に広がっていき、毛穴同士の穴がひとつになり帯状に目立ってしまうのです。

さらに毛穴のたるみが進行すると小じわのように見えることもあり、老けて見える印象はますます悪化させてしまいます。

表情筋の低下

筋力が低下する中高年の体、これはボディにも顔にも表れています。顔には表情を作り出す表情筋と呼ばれる筋肉があり、加齢とともに働きが低下していきます。すると全体的なたるみにつながり、ハリのない年齢肌がさらにアピールされてしまうのです。毛穴のたるみは肌の衰えとともに起こる場合がほとんどともいわれています。

毛穴のたるみ原因はコラーゲンとエラスチンが不足しているから

毛穴のたるみ原因になるのはハリ成分不足が関係しています。ハリがなくなると重力の低下によりたるみが起こり、引っ張られる力に耐えられず毛穴が下に伸びてしまう仕組みがあります。そこで注目したい成分がコラーゲンとエラスチン。アンチエイジング化粧品を使う時はこの2種類のハリ成分、特徴と効果を理解して積極的に肌に補ってください。

コラーゲン

保湿成分に分類されるコラーゲンは肌のうるおいを維持する働きがあり、分子量の大きさなどにより種類が異なります。形態によって保湿の仕組みは違うもののコラーゲンはいずれも角質層内のうるおいを保ち、肌をみずみずしく維持しハリを出す効果があります。

エラスチン

アンチエイジングケアに欠かせないエラスチンは、コラーゲンと一緒に肌細胞を網目のように形成する弾力繊維です。血管や皮膚にハリを与える成分でタンパク質の一種。ゴムのように伸縮する特徴があり肌を柔軟にする効果もあります。エラスチンだけでも美肌効果はありますが、コラーゲンと一緒になったほうが弾力作用が高く、毛穴のたるみ、シワなどの予防ケアに大変メリットがあります。

エラスチンが不足するとコラーゲンを支える力がなくなりますので、二つはワンセットでスキンケアで使うことがコツです。

体の内側と外側の水分不足が原因

乾燥肌はヒリヒリしたり粉をふいたように表面がかさつく症状が特徴。しかし表面だけではなくもっと深刻に考えないといけないのは、肌のたるみを招くことなのです。意外な盲点を理解して体の内側と外側から水分補給をしっかり行ってください。

角質ケアをする

スキンケアで水分補給をするためには化粧水や乳液などの潤いケアが欠かせません。この際に意識したいことが角質。角質層の水分が不足すると乾燥が激しくなりさらにたるみへと進行します。角質部分を潤すことで毛穴のたるみによる影が減り見た目でぐんと違いが実感できるでしょう。

角質層の乾燥を改善するためには肌の水分量を増やすセラミド入りの化粧品で角質層の水分補給をしてください。

体の内側から水分補給する

水を十分に飲まないと肌が乾燥することをご存知ですか。化粧品でうるおいを与えても肌の働きが悪ければ水分を長時間とどめておくことはできません。そのためには体の内側から水分補給を行い、肌の乾燥を予防することが必要なのです。大人の体に必要な1日の目安水分摂取量は2リットル、炭酸飲料やコーヒーなどはカウントされませんので食事での水分補給やミネラルウォーターなどでしっかり内側からも潤いを与えてください。

生活習慣による毛穴のたるみについて

毛穴のたるみは年齢だけでなく生活習慣が意外な落とし穴になっています。最近は20代でも毛穴が目立っている人が増えていますが、若い年齢層にも共通する原因には次の3つがありますのでご注意ください。

スマホの使い過ぎ

スマホが生活に欠かせないアイテムになり、毎日スマホを見てしまうのが癖になっている人もいるでしょう。スマホは画面に顔を近づけて下向きになることが増えるため、必然的に肌がたるむ環境になっています。姿勢が悪くなると体の代謝量も低下して老廃物が肌にも蓄積されやすくなりますので、スマホを使う時間もできれば毎日決めておきたいところです。

ピーリングのやりすぎ

ピーリングは美白ケア、アンチエイジング、毛穴対策などに効果があり、市販のピーリング剤は手軽に使えるので若い人にも人気があります。ピーリングは強制的に古い角質層をはがし代謝を促進することが目的。実際に毛穴が改善するのでなく見た目が明るくなる効果があります。そのため乾燥による毛穴のたるみは一時的に解消されますが、肌の働きが変わるわけではなく続けてピーリングをすると角質層が硬化してさらに毛穴のたるみが目立ってしまうこともあるでしょう。

睡眠不足

睡眠不足は肌のターンオーバーを低下させる原因になり、毛穴のたるみも悪化してしまいます。夜更かしした朝は肌のハリがなく表面のキメが粗くなっている時がありませんか。睡眠中は肌の疲労回復も行っていますので、質の良い睡眠をとらないとハリ不足、乾燥なども悪化してしまいます。

毛穴のたるみは収れん化粧水を活用して毛穴を引き締めよう

毛穴のたるみ改善にプラスしたいアイテムが収れん化粧水。意外と使い方を知らない人が多く、本来の役目と正しい使い方をマスターして毛穴のたるみ改善をはじめましょう。収れん化粧水とはお肌を収縮させる化粧水のこと。

トーニングローション、アストリンゼント、ひきしめ化粧水などメーカーによっても名前が違います。

収れん化粧水を使うメリット

収れん化粧水は肌のキメを整えるためベースメイクが安定しやすく一日ファンデーションの崩れを予防できます。また皮脂コントロールの働きもありますのでオイリースキンや毛穴のつまり予防にもなります。毛穴のたるみが広がると汚れが詰まりやすくなるため、未然に防いでくれるというわけです。

また収れん化粧水は肌をひきしめ表面のリフトアップ効果がありますので、毛穴のたるみを改善する効果が期待できます。

収れん化粧水の使い方のコツ

トーニングローションは化粧水なのか、ふきとり専用なのか、使い方を正しく判断しないと効果が期待できません。色々な種類の収れん化粧水がありますので使い方を確認しておくことが必要。基本的には化粧水や乳液を使った後に収れん化粧水を使うことが正しいい順番といわれています。

肌の温度が高くなる夏は収れん化粧水を冷蔵庫で冷やしてから使うと毛穴がきゅっと引き締まり、さらに効果を得やすくなります。

プチプラでは毛穴対策がうまくできない理由

人気のプチプラ、毛穴によい化粧水など気になる商品が色々登場しています。しかし毛穴のたるみは低コストの化粧品では十分にできない場合もありますのでご注意ください。

毛穴のたるみをそのまま放置した場合、現状を自然に改善するのはほぼ無理。汚れが詰まりやすく肌の見た目が悪くなるだけでなく、汚れが邪魔になりターンオーバーが正しくできなくなる恐れもでてきます。プチプラでは毛穴対策ができない次の理由を覚えておきましょう。

ハリ成分が含まれていない

セラミド、エラスチンなどのハリ成分はコストが高くプチプラコスメの安価な化粧品には使用できない場合があります。もし配合されているタイプがあったとしても含有量が少ないためさほど効果は期待できないでしょう。

プチプラで肌のダメージが増える可能性

最近は質の高いプチプラコスメが増えているので肌が健康な人ならばとてもコスパのよいスキンケアが可能です。高い化粧品を少量使うよりもたっぷり値段を気にせず使えるプチプラコスメは安心。しかし製造コストを抑えるために添加物を多く使用している化粧品もありますので、プチプラコスメを使う際は肌の相性を考えて安全性を重視してください。

アンチエイジングに向かない

年齢肌は美容成分の種類だけでなく、浸透性の高さも美肌ケアに欠かせないポイントになります。プチプラコスメよりも毛穴専用のアンチエイジング化粧品などのほうが、分子量が小さく浸透性が高いメリットがあります。

まとめ

  • 毛穴のたるみは加齢だけでなくさまざまな原因で起こる。
  • 加齢により毛穴が開くのは、たるみが毛穴を引っ張ることと表情筋の低下が主な原因。
  • ハリ成分コラーゲンとエラスチンの不足がたるみを引き起こす。
  • 乾燥肌はたるみを招く!体の内外からの水分補給が大切。
  • 睡眠不足やスマホの使い過ぎなど生活習慣によるたるみに注意!
  • お肌を収縮させる収れん化粧水は、たるみ改善効果も期待できる。
  • プチプラコスメはハリ成分が少なく分子量も大きいため毛穴対策がうまくできないことも。
    毛穴専用のアンチエイジング化粧品を使うのがおすすめ。

 

毛穴のたるみ対策ですが、20代の時のようなハリとツヤを回復させるのは難しいかもしれませんが、老けて見える原因を悪化させないことは肌の健康維持にも欠かせませんね。

この記事も読まれています