スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

肌が綺麗になる食べ物7選!オススメのアンチエイジング食品

肌の輝きやハリは誰もが気になるところで、同じ年齢の人でもまったく見た目年齢が違うことってよくあります。一体どんなお手入れしているのかなと不思議になる肌が綺麗な人達。秘密はスキンケアだけでなく、食べ物から吸収する自然の美容成分がさらに肌年齢を若くしているのです。

肌が綺麗になる食べ物は色々ありますが、大切なのは栄養バランスを整え健康的な食生活を続けることです。そして肌によい食べ物は決して偏ることなくあらゆる種類を取り入れること。

また食事の栄養をマックスで機能させるためには睡眠や運動を意識する、さらに肌の負担を減らし紫外線対策をすることも忘れずに続けてください。肌の調子がなんとなく悪いと感じている方、肌年齢を若くするアンチエイジングに効果的な7つのオススメ食品を早速ご紹介しましょう。

便秘を解消して肌を綺麗にする食べ物・オートミール

オートミールは欧米の朝食としてお馴染みの食品。炭水化物ではありますが、糖質が低く血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。パンやごはんなどの炭水化物は糖質が多いため食べると血糖値が上がりインスリンが大量に作られ、その際に皮脂線も活発になってしまいます。血糖値を上げる食べ物はニキビやふきでもの原因、また肌細胞を糖化して老化スピードを速める作用もあるため、ごはんをオートミールに変えて食生活を初めてみませんか。

オートミールは食物繊維が豊富なので便秘予防にもなります。胃腸内からすっきりすると肌のデトックスにもメリットがありくすみやシミなどのトラブル予防にもなるでしょう。ではオートミールの食べ方についてみていきたいと思います。

  • 市販のインスタントオートミールなら電子レンジで簡単に作れます。忙しい朝食もこれなら1分で完成するので料理の手間を省きたい時に良いでしょう。
  • スキンケアでも使えるオートミール、ミキサーにオートミールを入れて粉末状にしたものを使い、マッサージクリームに少量混ぜればスクラブ効果がアップ。毛穴の黒ずみや古い角質層をはがしターンオーバーを活性化できます。
  • 手作りオートミールクッキーを作りましょう。オートミールはあまり得意でないという方にはクッキーなどの手作りデザートに混ぜて使うこともオススメです。健康的なおやつでダイエットにもオススメです。

肌を綺麗にするオレンジはビタミンCがたっぷり!

年齢とともに減少する肌のコラーゲン。20代後半からすでにコラーゲンの量は減っていくといわれていますので、気が付くと肌のたるみや乾燥、目尻のシワなど気になる老化症状があちこちにでてくるでしょう。コラーゲンは肌のハリや弾力を作りだす大切な美肌成分、不足すると老化が進みやすく肌の乾燥も気になります。いつまでも若い肌を維持するためには肌の水分量が大事なポイントです。

オレンジは水分豊富な柑橘系フルーツでしかもコラーゲン生成を促進するビタミンCが多いことも、肌を綺麗にする食べ物として注目の理由です。ビタミンCは紫外線で傷ついた肌の細胞を回復する働き、シワ予防、体内で発生する活性酸素を取り除く効果もあります。さらに脳の働きや老化予防に大切な葉酸、高血圧を予防するカリウムも含まれているので美容だけでなく健康面にも大切な食べ物といえるでしょう。

さらにアンチエイジングに良い理由としてオレンジの香りに含まれるリモネンという成分はリラックス効果がありアンチエイジングにピッタリ。そこで早速ですがオレンジのオススメの食べ方をご紹介します。

  • オレンジは果肉だけでなく薄皮も栄養価が高く食物繊維が豊富なので絞るよりもそのまま薄皮ごと食べるのがオススメです。
  • オレンジジュースは無添加のものを選んでください。100%果汁でないタイプも多いため必ず成分リストを見て確認しましょう。

アボカドはアンチエイジングに最適な美肌フード

モデルさんやセレブにも人気のアボカド、抗酸化作用が高くアンチエイジングには欠かせない栄養価の高い食べ物です。アボカドは肌を綺麗にする食べ物として知られていますが、その理由は豊富なビタミンが含まれているため。アンチエイジングによい抗酸化作用があるビタミンE、そしてコラーゲン生成を促進するビタミンCも含まれています。

さらには皮膚の粘膜を健康に維持するビタミンAや疲労回復によいビタミンB1、脂肪代謝を活性化するビタミンB2など、たった少量でもこれだけの栄養を摂取できるので美肌を維持したい時はぜひプラスしたい食べ物です。食べる美容液とも呼ばれるアボカド、次のような食べ方や使い方をオススメします。

  • アボカドをサラダに入れて食べましょう。豊富なビタミン類は過熱すると減ってしまう可能性があるためアボカドはそのまま食べることが栄養をしっかり補給するコツ。サラダに入れたりアボカドを潰してペースト状にしたものを料理に使うなど、色々なレシピがネットでも紹介されていますのでぜひ参考にしてください。
  • アボカドは食べても肌につけてもよい万能な食べ物です。スキンケアで使う時はアボカドの果肉をペースト状にし、そこにはちみつやオリーブオイルなどを加えてよく混ぜたものでアボカドパックをしましょう。アボカドは油脂が多いため乾燥肌の改善にピッタリな食べ物です。

赤身の牛肉で肌を元気にするタンパク質を補給しよう

肉類は脂が多いのであまり食べない人もいるかもしれませんが、肌を綺麗にする食べ物で健康的に維持するための大切なタンパク質源になっています。牛肉のタンパク質はコラーゲン生成をサポートするため、たるみやシワなどが気になる年齢肌を元気にする作用があります。

基本的に美肌を作るためには鉄分、タンパク質、ビタミンBが必要といわれています。この3種類の栄養素を一度に摂取できるのが赤身の牛肉、食べると幸せ物質の「セロトニン」が作られて快適な肌環境をもたらすメリットもあります。では牛肉を食べる時に知っておきたいコツについて以下のポイントを意識してください。

脂が少ない部分にすること

牛肉はステーキ、しゃぶしゃぶ、ひき肉など色々な形で販売されていますが、肌を綺麗にする食べ物を選ぶなら赤身のヒレやモモ肉がオススメ。肉類のなかでも最も栄養価が高いといわれるこの部位は週に2回ぐらいを目安にして食べてください。

食べ方のコツ

肉食は胃腸に負担がかかるといわれますので、食べる時はゆっくり噛むこと、もしくは長時間煮込み柔らかい状態で食べると良いでしょう。できるだけ余分な脂質は摂取したくありませんので、牛肉を調理するときはオリーブオイルなどの抗酸化作用が高いオイルを使うこと、また脂身は調理前にできるだけカットしてください。

肌が綺麗になる意外な食べ物・芽キャベツでビタミン摂取

小さなサイズの芽キャベツ、滅多に食べるチャンスがない野菜ですが肌を綺麗にする食べ物として欠かせないアイテムだったことをご存知ですか。芽キャベツはキャベツの4倍以上のビタミンCが含まれ、1日で5~6個程度食べたら1日分のビタミンCがまかなえるというほど。野菜は量を多く食べないと栄養が摂取できないデメリットがありますが、芽キャベツなら少量でダイエットにもオススメです。

また芽キャベツはガン予防になると欧米で注目の野菜、美肌だけでなく、健康面にもよいならなおさら食べたくなるでしょう。芽キャベツの食べ方は以下のポイントを意識して栄養をたっぷり摂取してください。

千切りにして食べる

キャベツと同様に芽キャベツのビタミンCは水溶性なので水に溶けてしまう特性があります。また加熱すると破壊されてしまうためできれば生で食べることがオススメ。芽キャベツはキャベツの千切りを作るように細かくカットしてサラダドレッシングをかけて食べましょう。この際にアンチエイジングによいオリーブオイルをかけるとなお美肌にメリットがあります。

スープに入れる

熱や水に弱いビタミン類が豊富な芽キャベツは上手に調理しないと栄養価が減ってしまう可能性があります。まるごとそのまま栄養を摂取ならカットした芽キャベツをスープに入れてください。トマトやニンジンなどの美肌野菜をプラスしてさらに栄養価をアップするとよいでしょう。

サーモンの赤い力で肌の老化予防をしよう

魚のなかでもオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンはコレステロールを下げ血液をサラサラにする効果があります。オメガ3脂肪酸はいくつかの研究によると皮膚ガンの細胞の増殖を防ぐ働きがあることもわかっていますので、肌の健康にも欠かせない食べ物です。できればサーモンは切り身を1週間に1~2回ほど食べることがオススメ。塩サケは塩分を過剰摂取する可能性がありますのでスモークサーモンやサーモンステーキにするとよいでしょう。

セレブがはまるといわれるサーモンの美肌力、赤い色のもとになるアスタキサンチンは老化防止のポリフェノールの一種で抗酸化作用が高いことが魅力です。シワ、くすみ、たるみなどの老化症状を予防して肌を綺麗にする食べ物なのです。サーモンで美肌生活をするときは次のポイントを意識してみましょう。

  • サーモンの栄養価を最大限に摂取するなら新鮮なものを選んでください。皮が銀色に輝き脂肪のスジがはっきりしているものが新鮮なサインです。
  • サーモンをスープにしてカルシウム吸収をアップしましょう。クラムチャウダーのようにサーモンを使い、牛乳のクリーム系のスープにすればカルシウムの吸収を助けるビタミンDも活躍できるため栄養吸収がさらによくなります。

肌が綺麗になる食べ物のブドウは抗酸化作用も抜群

ワインがアンチエイジングによいといわれるようにブドウには抗酸化作用の高いポリフェノールが含まれ、美肌ケアにはとてもメリットがあります。ブドウの皮には抗炎症作用が高いレスベラトロールという成分が含まれ、紫外線によるダメージなど外部の刺激から肌を守る働きをしています。

ブドウは肌細胞の老化の進行を遅くしてバリア機能を活性化する効果があり、皮ごと食べると食物繊維も豊富に摂取できるため便秘改善にもよいでしょう。果物を食べる時はアンチエイジングにメリットが多いブドウがオススメです。次のポイントを生かしてブドウを美肌ケアにプラスしましょう。

  • ブドウは毎日食べるアイテムではありませんので、できるだけ心がけて選ぶことが大切です。ブドウの旬の季節はもちろんですがジュースで栄養素を確保するのもオススメです。
  • ブドウを潰した汁をヨーグルトに混ぜて保湿パックをしましょう。ヨーグルトの保湿効果、ブドウのアンチエイジング作用で年齢肌のかさつきが気になる人にオススメのケアができます。

まとめ

  • 糖質が低く食物繊維が豊富なオートミールは食べて良し、塗って良しの優れもの。
  • ビタミンCたっぷりのオレンジは、香りのリラックス効果も魅力。
  • 食べる美容液と呼ばれるアボカドはパックにも使える最強の美肌フード。
  • 赤身の牛肉は美肌に必要な鉄分・タンパク質・ビタミンBが同時に摂れる優秀食材。
  • 芽キャベツに含まれるビタミンCはキャベツの4倍!生食が◎
  • セレブがはまる美肌食!サーモンの赤い力には肌の老化防止効果が期待できる。
  • 抗酸化作用の高いポリフェノールを含むぶどうは積極的に食べたいフルーツ。

 

肌を綺麗にする食べ物は健康面にもよい魅力がありますので、様々なアイテムを交代で食べると良いでしょう。食生活から摂取する栄養素はあらゆる目的がありますが、肌を綺麗にすることは体を健康に保つことと同じ。何を食べればいいか迷った時は健康な食生活を意識すると安心ですね。

この記事も読まれています