スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

敏感肌でもヒリヒリしない刺激が少ない安全な化粧水を教えてください

敏感肌に合う化粧水を探しています。オーガニック化粧品でもヒリヒリするほど敏感で困っています。こんな肌でも使える化粧水を教えてください。

敏感肌向けの基礎化粧品が色々販売されていますが、どれも実際に使用してみないと肌に与える負担が分かりません。失敗しないためには必ずトライアルやサンプルを使用してから判断してください。

敏感肌には肌質を改善するための保湿成分を使うこと、そして刺激が強い香料や防腐剤などの添加物に注意してできるだけ低刺激の化粧水を使いましょう。オーガニック化粧品は植物性成分で刺激の強いものがありますので、油断せずに肌チェックをしてください。

敏感肌を改善する最強アイテムは化粧水!選び方と使い方ガイド

敏感肌を改善するために色々な対策を皆さん行っていると思いますが、肌に色々つけるよりもできるだけシンプルで効果が高いスキンケアをすることが大切です。刺激に弱い敏感肌にとって一番効果を左右するアイテムが化粧水。毎日使い量も多いため化粧品のなかでもとても効果を得やすいものといえるでしょう。

だからこそ敏感肌の化粧水選びは慎重に判断すべきポイント、肌に優しいというだけでは期待した美肌ケアが十分ではありません。敏感肌の悩みを抱えている方、化粧水の質について見直してみませんか。使い方を工夫するだけでもグンと効果がアップする場合もありますので、スキンケアの保湿の土台である化粧水の選び方と使い方について詳しく見ていきたいと思います。

年齢肌と敏感肌の違いについて

敏感肌は年齢に関係ありませんので、生まれつき肌が乾燥しやすい、デリケート、アトピー症状など様々な肌の特徴があります。敏感肌と一見同じような症状がある年齢肌、若い時よりも肌が敏感になったと感じる30代、40代の方は多いでしょう。この場合は敏感肌とエイジングを考えながらお手入れすることが大切になりますので、敏感肌とひとくくりにせず、自分の症状や乾燥原因から正しく理解することが必要です。

敏感肌とは

敏感肌というのは皮膚科学的に定義がなく自覚症状などがメインとなり判断されています。敏感肌は健康な肌よりもバリア機能が弱く刺激を受けやすい特徴があります。また皮脂分泌が少ないため天然のうるおいが不足してかさつきやヒリヒリ感などを感じやすい肌質です。体調の変化、季節、冷暖房による湿度や気温の変化、花粉やほこりなど外部の刺激に敏感に反応するため肌トラブルが起こりやすい傾向があります。

肌の状態を判断する

肌の状態が一番よい健常肌はきめが整い、ハリ、ツヤ、弾力もあります。続いて不安定な肌は睡眠不足や月経の周期など一時的なトラブルが起こる肌、そして紫外線や外部の刺激に弱い敏感肌、さらに悪化するとアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を招く皮膚状態となります。

年齢肌との関係

加齢とともに失われる潤いはバリア機能を低下させる要因になりますので、年齢とともに肌が弱くなると感じることがあります。肌がべたつくけど内部が乾燥するインナードライ肌も老化症状のひとつで、肌の働きに合わせたスキンケアが必要です。

敏感肌はセラミド不足を解消することが大切

肌の水分量はスキンケアの違い、肌環境の違いにより皆さん異なり、敏感肌は水分量が少ない傾向があります。それだけでなく皮脂の分泌が弱いことや、加齢によりターンオーバーが不安定になることも敏感肌の症状を悪化させる原因です。

このような特徴がある敏感肌ですが、化粧水選びで意識すべきなのがセミラドの量。敏感肌はセラミドの量が少ない特徴があり、肌の保湿機能のバランスが不安定になっているのです。敏感肌用の化粧水を購入する時はできるだけセラミド配合を意識するとよいでしょう。なぜセラミドが敏感肌に必要なのか大切な理由を見ていきたいと思います。

加齢により減る潤い成分

肌のしっとり感を出すものは3大保湿因子と呼ばれるもので、皮脂・天然保湿因子・角質細胞間脂質の3つがあります。この3つは年齢とともに減少し乾燥しやすくなるのですが、なかでも角質細胞間脂質を半分以上占めるセラミドは年齢肌の潤い不足原因になっています。

セラミドが敏感肌によい理由

角質層の水分保持80%以上を担っているものがセラミド。そのため不足すると肌のうるおいがなくなりバリア機能低下を招く原因になります。とくに年齢肌にとっては最強の保湿成分とも呼べるほど大切な存在、セラミドが不足するとシワやシミなど肌トラブルが色々と起こりやすくなってしまいます。

セラミドはクリームや乳液などの油性成分の強い化粧品に含まれることが多いため、化粧水と一緒に上手にセラミドを使う方法を工夫してください。

敏感肌にはアンチエイジング用の化粧水を選ぶ

年齢を重ねるごとに肌がとても敏感になり、化粧品を新しくするときはちょっと不安になるでしょう。こんな年齢肌の敏感肌は上手にアンチエイジングケアをすることが肌質改善にメリットになります。肌細胞の働きが低下するとターンオーバーが不安定になり、水分保持力も減ってしまいます。

40代を過ぎると肌の老化は見ただけでもわかるほどはっきりしてきますので、敏感肌対策をするときは細胞レベルからケアできるアンチエイジング専用の化粧品がオススメです。敏感肌の場合は次のポイントを注意してアンチエイジング化粧品を選びましょう。

浸透性が高い保湿成分を使う

年齢肌は若い時のように軽く化粧水をつけるだけで肌がしっとりすることはもうありません。アンチエイジングを効率的に行うためには保湿成分の浸透性がとても大切。保湿力を支えるのは表皮の角質層なので肌表面でなくしっかり吸い込まれる分子の小さい保湿成分などを使うことがオススメです。

アンチエイジング用の化粧水を使う

化粧品にはそれぞれ目的があり、最近は30代に入ってすぐアンチエイジング用の化粧品を使う人も増えています。敏感肌を放置すると肌老化が進む原因になりますので、症状を改善するだけでなく老化予防を意識するケアも大事。アンチエイジング用の化粧水で毎日潤いケアをしてください。

敏感肌は化粧水とプラスケアが必要

敏感肌は化粧水で水分をたっぷり与え、必要な美容成分を浸透させる保湿ケアが基礎になります。しかし敏感肌はバリア機能が低下しているため、化粧水だけではしっかり肌が保護できない場合もありますので、スキンケアでは必ずクリームや乳液などのうるおい成分も忘れずにプラスしましょう。敏感肌の保湿ケアをさらに促進する次のアイテムを毎日のお手入れに増やしてください。

乳液

化粧水と相性がよい乳液は、化粧水の水分で肌を整えた後に油性成分でしっかり肌を保護する働きがあります。伸びがよくさらっとした使用感があるので敏感肌にはとても使いやすいでしょう。

クリーム

クリームは乳液よりもテクスチャーが硬く広範囲で使用するよりもポイントごとに使うほうが効果が実感しやすい特徴があります。

目元専用クリーム、美白クリームなど目的ごとに種類があるので悩みに合わせて選んでください。

パック

週に1回~2回のパックのお手入れは肌にしっかり美容成分を与えるよいチャンスになります。ゆったりした気分でできるお手入れなので肌の疲労回復としてもオススメです。

スチーム美顔器

敏感肌は化粧水だけで改善されることもありますが、季節によっては潤いをもっと充実させることが大切です。もし美顔器をお持ちの方は定期的にスチームをあてて潤い効果をアップしましょう。

肌の血液循環がよくなるメリットもありますので、化粧水の浸透も改善されます。

クレンジングと洗顔の見直しも忘れずに

敏感肌は化粧水をつける前の洗顔にも注目してみましょう。乾燥している敏感肌は紫外線のダメージや化粧品の刺激に弱い状態なので、さらにスキンケアで余計な負担をかけては肌環境が悪くなるばかりです。化粧水の保湿効果を最大限に生かすためにもクレンジングと洗顔を慎重に行いましょう。その際に注意したい以下のポイントを意識してお手入れをしてください。

クレンジングは手早くすること

勘違いしている人が多いのはクレンジング剤は肌に潤いを与えるもので、時間をかけてしっかりマッサージしてしまう人がいます。クレンジングには石油系界面活性剤などの肌に刺激が強い成分を配合しているため、たとえクリームのようなテクスチャーをしていても長時間肌につけておくことはできれば避けたい点です。

アイメイクなどの濃い部分はあらかじめティッシュオフや専用のリムーバーで綺麗にしておくこと。クレンジングするときは顔全体に伸ばして数秒間おいてからメイクを浮かせておくと手早く落とせます。

洗顔の注意点

洗いすぎは乾燥を招き敏感肌の症状をさらに悪化させてしまいます。ホルモンバランスが乱れやすい月経前などは肌がさらに敏感になりごしごし摩擦することでバリア機能が破壊されてしまいます。洗顔料は洗浄力よりも肌に安全な低刺激タイプを使うこと。そして摩擦を減らすために泡をたっぷり使い丁寧にマッサージ洗顔してください。

敏感肌にオススメの化粧水の使い方

敏感肌の保湿効果を高める化粧水の使い方についてご説明します。洗顔後、入浴後は時間をおかず5分以内に化粧水をつけることがまず基本。肌から水分が逃げてしまうと吸水性が低下して化粧水の効果が発揮できなくなります。ヒリヒリ感が強い場合や肌が敏感な時はコットンを使わず手のひらに化粧水を出してハンドプレスしてください。次のコツを守り肌に敏感肌は優しく保湿をしましょう。

化粧水は2~3回にわけてつける

化粧水はこまめに回数を増やしてつけたほうが蒸発分を防ぎ効果的な保湿ができます。パッティングは肌に負担になりますので、しっかり顔全体をおさえるように化粧水をつけてください。

蒸しタオルで顔を手を温める

化粧水を敏感肌の奥まで浸透させるコツとして蒸しタオルを使い最初に顔を温めておくことがオススメです。5分ほど顔を温め一緒に手も温かくしておくと化粧水の馴染みがさらによくなります。

導入美容液を使う

導入美容液は化粧水成分をさらに浸透性を高めてくれる役目があります。普通に化粧水をつけるよりも効率的で効果が高くなりしっとりしやすくなるので、乾燥が激しい季節などは最初に導入美容液を使っておくとよいでしょう。

しかし導入美容液には刺激が強いビタミンCなどが配合されていることもありますので、使用前に必ず腕でパッチテストをして確認してください。

まとめ

  • 敏感肌改善の最強アイテム化粧水は質にこだわって選ぼう。
  • 加齢も肌を弱める原因のひとつ。敏感肌とエイジングケアを考えたお手入れが大切。
  • うるおいが不足しがちな敏感肌には、セラミド配合の化粧品がおすすめ。
  • 特に浸透性が高い保湿成分を使ったアンチエイジング用の化粧水がよい。
  • スキンケアではクリーム・乳液などのうるおい成分も忘れずにプラス。
  • 敏感肌のクレンジング・洗顔は肌に負担をかけないことがポイント。
  • 化粧水はコットンを使わず数回にわけてハンドプレス。蒸しタオルや導入美容液の使用も◎

 

敏感肌ではないので安心という方も、生活習慣や年齢によって肌のコンディションが急に変わる可能性があります。もし肌が不安定になったら敏感肌用の化粧水を使い、刺激をおさえたスキンケアが大切ですね。

この記事も読まれています