スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

しわとたるみの原因~肌を老化させる6つのこと~

しわとたるみは肌年齢が老けて見えてしまう原因ですが、できはじめをうまくキャッチしないとどんどん肌の老化は進行してしまいます。しわとたるみ原因は年齢を重ねるとできるもの、ということは間違いありませんがそれだけではなくあらゆることが関係しています。そのつながりを理解しないと上手なアンチエイジングができないため、しわとたるみが気になる方は普段の生活でも注意することを見つけないといけません。

しわとたるみができるのは紫外線にあたりやすい部分の肌。顔は常に肌がさらされている状態で外部の刺激を受けやすい部分といえるでしょう。顔の次には首、手、そして腕、このような露出される部分は加齢だけが原因ではありません。そこで早速ですがしわとたるみ原因について、肌を老化させる5つのことをご紹介しましょう。

目のしわはサングラスをしないと悪化する

しわができやすい部分のひとつに目の周辺があります。目じりのちりめんじわ、目の下のたるみなど年齢がわかりやすい部分なのでまず肌の衰えを自覚するところでしょう。

目の周辺は皮膚がとても薄く水分が長時間キープできません。乾燥しやすいため肌のバリア機能が弱く外部の刺激を受けやすいところなので、とくに紫外線には注意する必要があります。

 

サングラスはおしゃれアイテムのひとつ、しかしファッションだけでなく肌の老化を防ぐためにも活躍するものなので、外出するときは必ずサングラスを着用しましょう。知らない間に日差しを浴びやすい車の運転中、曇り空のアウトドアなど気が付いた日焼けしてたなんてことがあります。目の周辺はしわとたるみができやすくスキンケアだけでは間に合わない場合もあるため、ダメージから守ることを意識してケアしましょう。

サングラスを携帯する

天気の変化に合わせて外出する際はサングラスをバッグに入れて携帯しておくと安心です。日差しが強いときは日陰を歩いたりなるべく顔を太陽に向けないように意識してください。

パックで保湿

目の周辺は肌全体を保湿するだけでは十分ではありません。目じりのしわが気になるときはスキンケアの仕上げに目の周辺だけパックしたりアイクリームを使って乾燥予防しましょう。

しわとたるみを悪化させるうつぶせ寝は肌のハリをなくす

しわとたるみ原因は寝る時の姿勢も関係しているってご存知でしたか。寝るときの姿勢は皆さんお好みがあり、一番楽で快適な姿勢が理想です。うつぶせ寝が好きな人も多いと思いますが、この習慣が実は肌のしわとたるみを悪化させる原因になっているのです。その理由は次のことが考えられるためといわれています。

口呼吸になる

うつぶせ寝になると顔が枕に押し付けられて鼻呼吸から口呼吸にかわります。口呼吸は半開きになった状態で口周辺の筋肉がゆるんだまま。口の周りには顔全体のハリを維持する口輪筋や口角を引き上げる大頬骨筋など大切な4つの筋肉がありますので、寝ている間に筋肉の働きが低下してしまうのです。

結果的にうつぶせ寝になると口呼吸になり周辺の筋肉が退化してほうれい線やたるみを招くことになります。

重力で一方方向がたるみがち

うつぶせ寝は無意識に顔の向きを変えたり、横向きに寝がえりを打つなどしっかり体型が維持できない特徴があります。すると重力で顔の一方が下がりたるみ原因になってしまうのです。寝る姿勢は自分でも気がつかず同じ方向を向いてしまう傾向があり、こんな習慣がバランス悪く顔に重力を与えしわやたるみを招く原因になります。

喫煙はしわとたるみの原因

喫煙は健康によくないものなので、すぐ禁煙できる人は実践しましょう。体だけでなく肌に与える害も多くしわとたるみを悪化させる要因にもなっています。

スモーカーズフェイスについて

若い女性の喫煙者が近年増えていますが、とくに若い時から喫煙習慣がある人に現れやすいスモーカーズフェイスというものを御存じですか。喫煙する人は白髪が増えやすい、目じりのしわ、口周辺、歯のステイン、唇の乾燥といった特徴的な症状があります。喫煙している人としない人の肌の老化の違いは、40代後半になると大幅な差があり若い時から煙草を吸っている人のほうが肌老化が進みやすいという統計もあります。

ニコチンと肌の老化

煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させるため肌に栄養が届かなくなる原因です。またビタミンCが破壊されるのでメラニン色素が活発になったりコラーゲンやヒアルロン酸の生成が低下することも考えられます。

ニコチンは健康の害だけでなく女性はしわやたるみ原因にもなるため、将来の肌年齢を気にするならすぐにでも禁煙したほうがよいでしょう。

UVカットの化粧品を使用しないとしわとたるみの原因に

紫外線のダメージは日焼けして肌がヒリヒリするだけではありません。怖いのは角質層の奥で起こっている細胞の劣化、すぐにわからない肌機能の低下はしわとたるみなど老化症状を悪化させる原因になっています。

紫外線は波長の長さによってA波とB波がありますが、どちらも肌にとってはダメージになるもの。UVカットの化粧品を使用しないとしわとたるみ原因になります。それぞれの紫外線の違いについて特徴を知っておきましょう。

UVB

海やプールで肌を紫外線にさらしたとき真っ赤になったり水膨れ状態になることがあります。このような肌がやけた症状を招くものが紫外線のB波のしわざ、とても強いエネルギーで肌表面の細胞を破壊し炎症を招くもので皮膚がんやシミの原因となります。

この紫外線は波長が短いので上空の雲でブロックされ地上に到達するときは紫外線の10%程度と少量。普段の生活のなかで日陰を歩いたりできるだけ日中の活動を減らせばある程度は予防できるものです。

UVA

紫外線のA波はヒリヒリや赤く炎症を起こすような急激な変化はないため、油断しやすいことが特徴です。この紫外線はしみとたるみ原因に大きく関係していることが近年の研究でもわかっています。

波長が長く角質層内のコラーゲンやヒアルロン酸を破壊し肌の乾燥を招き、しかも気づかない間に肌がダメージをうける恐ろしい紫外線なのです。

ストレスがたまっている人はしわとたるみが多い?

ストレスが多い人はしわとたるみが多いなんてことを聞いたことがありませんか。苦労した人の顔はハリがなくしわだらけ、そんなイメージを持つ人は少なくないでしょう。

そもそもストレスがたまると体内で活性酸素が発生してしまいます。活性酸素は体の細胞を酸化させて働きを低下させるもので肌には弾力不足などの症状を招きます。またコラーゲンなどの真皮層にあるハリ成分を破壊するため、組織が崩れてしわとたるみができやすくなるというメカニズムが存在しているのです。

ストレスを感じやすい方はスキンケアで次のポイントを意識してみましょう。

夜のお肌のお手入れを快適にしよう

夜のお肌のお手入れは日中の様々なダメージから回復するために重要です。洗顔、クレンジング、保湿などさっと手早く済ませてしまうのもよいのですが、ストレス改善のためにはスキンケア自体を快適にしてリラックスすることがオススメです。アロマセラピーや静かな音楽を聴きながらマッサージするなどちょっとだけ時間に余裕を持ってお手入れしてみましょう。

低刺激の化粧品を使う

ストレスが多い人は自律神経が不安定でホルモンの働きも変化しやすい状態です。するとバリア機能が低下する可能性があるため、刺激の少ない化粧品を使いしわとたるみ対策を行ってください。

表情のクセによるしわとたるみとは?

表情のクセは自分でも自覚しないことが多いと思いますが、鏡をみて気になるしわは長年のクセによるものかもしれません。たとえば眉間のしわ、笑いじわ、無表情の人など、表情は性格的なものやライフスタイルも関係してきますので、気になるときは鏡で自分の表情をチェックしてみましょう。

年齢を重ねるごとに表情筋が低下して顔はたるみやすくなります。表情のクセはさらに深いしわになりやすく、早めの対策が必要です。

 

表情によるしわとたるみを改善するには次のことを早速実践してみましょう。

顔の筋トレをする

シワやたるみは笑った時や怒った時など特定の表情で現れる場合があります。普段使用しない筋肉を活発にすると顔全体のハリが回復されますので、朝起きたら鏡に向かって大きく目と口を開き「あいうえお」の動きで顔の運動をしましょう。血行が改善され顔色が悪い方にもメリットになります。

マッサージをする

表情筋にアプローチしながら外側からはマッサージでしわとたるみを改善するとよいでしょう。マッサージは表情筋を刺激してリンパの流れを活性化します。肌の老廃物が流れるともっと栄養補給がされやすくなり肌細胞が元気になる効果が期待できるでしょう。

まとめ

  • 皮膚が薄い目の周りはシワになりやすい部分。防ぐにはサングラスの着用がおすすめ。
  • うつぶせ寝は寝ている間に口周辺の筋肉の退化を招き、しわとたるみを悪化させる。
  • ニコチンはしわ・たるみはもちろん乾燥やステインの大きな原因。
  • 細胞を劣化させる紫外線は美肌の大敵。UVカット化粧品でブロックしよう。
  • ストレスがたまると体内で活性酸素が発生し、肌老化の原因になる。
  • 自分でも気づかない表情のクセはしわ・たるみの原因のひとつ。早めの対策が必要。

 

しわとたるみ原因は年齢だけでなく、生活のちょっとした習慣が症状を悪化させていることがありますね。美肌ケアは鏡の前だけでなく何気なくやっていることも注意しながら続けることが大切なのです。

この記事も読まれています