スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

シミを消したい時はどうする?効果が実感できる様々な手段

シミを消したいと思っても一晩で完全に消える方法はありません。シミやそばかすは肌の色を不均等に見せるだけでなく年齢を感じさせるトラブルのひとつ。長年シミを消したいと考えている方は美白化粧品を使って色々と試しているでしょう。

しかし化粧品はどれも効果が同じでなく、質の悪い美白化粧品だとシミを消したい希望が叶うどころか肌に危険なものすら存在します。とても難しいシミ対策、効果が実感しやすい化粧品を使うことが一番の近道ですが、さらにプラスするともっとシミ対策が快適になる方法についてご紹介したいと思います。

有名な皮膚科医によるとシミは紫外線、ニキビ跡、ホルモンの変化などにより引き起こされる可能性があり、原因に合わせた対策が必要だと言っています。シミを消したい時の改善策、リスクを伴うこともありますので自分に一番あったケア方法を見つけてください。

ハイドロキノンでシミを消す

シミを消す抜群の効果があるハイドロキノン、漂白剤と言われるほどとても強い働きが特徴で使用にはいくつかの注意もあります。そもそもシミができるメカニズムですが、紫外線などの外部の刺激を受けると細胞の核が傷をつけないように紫外線を吸収するメラニンを作り出します。メラニン生成とメラニンを上手に肌が排出する機能があれば問題ないのですが、肌の働きが低下するとメラニンが集まりシミやくすみになってしまいます。

メラニンは酸化すると茶褐色に色が濃くなり、その色を薄くする効果があるのがハイドロキノンという美白有効成分。ハイドロキノンのメラニン抑制力は一般的な美白成分の100倍以上もあるといわれるほど。シミを消したいとき、また予防したいときにも役にたつ成分なのです。

 

しかしハイドロキノンを含む化粧品はとても少なく、医薬部外品の美白成分としては認可されていません。効果が強いため肌の乾燥を招くことや長期間使用を続け白斑になったというケースもあります。またハイドロキノンは酸化しやすい不安定な成分のため化粧品に配合しにくい特徴もあるので次の点を考えて利用しましょう。

製薬会社や医療関係のコスメを選ぶ

ハイドロキノンは安定型ハイドロキノンでないと肌に刺激がありますので、製薬会社や医療関係者が開発した化粧品が安全です。

ハイドロキノン誘導体を使う

美白作用は同じで肌のなかで働きを発揮する誘導体。安定型ハイドロキノンと比較すると若干パワーが劣る点がありますが、刺激を抑えて美白を消したい時にオススメです。

レチノールで美白ケア

医薬部外品や化粧品で配合されるレチノールは美白ケアで注目されている成分。元々はニキビ跡の治療として皮膚科で処方されていたものです。レチノールはビタミンAの種類のひとつ、人間の体内にもあるもので種類がいくつかあります。市販で購入できる化粧品と病院で処方されるものはタイプが違い、効果も異なります。どちらのタイプがよいか自分の肌に合うものを慎重に判断しましょう。

病院処方のトレチノイン

ビタミンA誘導体でニキビの治療やシミ改善として医療機関で処方されています。効果が強いので化粧品で使用することはできませんが、トレチノインはターンオーバーを促進するので古い角質層をはがし小じわやシミをなくし、表皮全体をふんわり厚くするためハリがでることも魅力。またコラーゲンやエラスチンの生成を促進するのでアンチエイジングにもよいといわれています。

しかしトレチノインには皮膚がはがれしまう、紅斑ができるなどの副作用もあることから医師の指示に従って正しく使用することが必要です。

化粧品で使用する

刺激が少ないタイプのパルミチン酸レチノールは医薬部外品で市販の化粧品で使用されています。刺激が少なく安定しているのでスキンケアにプラスしやすい成分です。

ただし肌タイプによっては刺激を受ける場合もありますので、レチノール入りの化粧品は肌の状態が安定しているときに使い始めるとよいでしょう。

レーザーでシミを取り除く方法

化粧品では即効性がないシミ対策、シミが目立ちコンプレックスになることも決して少なくありません。本格的な方法でシミを消したいときはレーザー治療を受ける手段があります。レーザーは皮膚表面を焼き切りシミを消すメカニズム、メラニン色素でシミが発生するのでレーザーで奥からダメージを加えてきれいにシミが取れます。

レーザーはシミがあるところだけに反応しますので、シミがない肌には影響はありませんが、まれに照り返しによるダメージが残ることも。またレーザーのシミ治療は1回では取り切れませんので数回クリニックに通いレーザー照射を繰り返す必要もあります。

最新のシミレーザー治療について

レーザーですでにあるシミを消しても、別の部分に新たなシミが出来てしまうことがあり、レーザーは完全にシミ対策にはならない一面もあります。そんなデメリットがあるレーザー治療ですが、最近は肌表面だけでなく深部にレーザーを届け予備軍になっている内側のシミにも効果を発揮する治療機器が登場するなど、技術は日々進歩しています。

シミとシワも同時にレーザー治療

レーザー治療はシミを消す以外にも同時に多くのメリットをもたらす方法があります。たとえばレーザーの熱で皮膚細胞の再生を促すアブレイティブレーザーや、高周波とレーザーを組み合わせた最新の治療器で行うシミとハリ回復を行うポラリスなど、肌トラブルや目的に合わせてどのレーザー治療が適しているか、クリニックで相談してみましょう。

天然美白成分入りの化粧品を使う

食材や植物成分など天然の美白成分を使い肌の透明感をアップしたり、シミを薄くする化粧品があります。美白有効成分は刺激が強いものが多く、効果を期待しすぎると肌環境が不安定になる場合も。敏感肌、乾燥肌は間違った美白ケアで肌の老化が進む場合もあるため、できるだけ自分に合った成分を選ぶとよいでしょう。

そんな不安がある方にオススメしたい天然素材の美白作用がある成分を見ていきたいと思います。

ローズエキス

ローズの香りはリラックス効果があり化粧品の天然香料として使用されることがよくあります。ローズに含まれる精油には自律神経の副交感神経を優位にする働きがあり、寝ている間の肌の回復をサポートする効果があるのです。またローズは女性ホルモンを活性化するため年齢が気になる肌、更年期による不安定な肌環境を安定する効果も期待できるでしょう。

オウゴン

紫外線を浴びると肌が炎症を起こしそのダメージから肌を守るためにメラニンが活発になってしまいます。シミを消したいときは炎症を鎮めることもメリットになりますので、抗炎症効果のあるオウゴンという植物成分は美白ケアにオススメです。

オリーブオイル

抗酸化作用が高いビタミンEを配合しているオリーブオイルは食べてもよし、肌につけてもよい美白成分です。シミができるのはターンオーバーが低下しているサイン、加齢は一番のシミ原因になり肌の働きを根本から活性化するためには抗酸化作用の高い成分をシミ対策としてプラスすることが重要です。

シミが薄くなる洗顔方法

シミは外部の刺激でメラニン色素が活発になりますので日頃注意したいのは紫外線だけではありません。無意識にやってしまうごしごしとこする洗顔も実はシミを悪化させる原因だったことご存知ですか。スキンケアの基本である洗顔、やり方を見直してシミを消したいときにメリットが多くなる方法を見ていきましょう。

泡パックでシミを消す

泡洗顔は負担を減らして肌の汚れを取るため、ニキビ肌、年齢肌、乾燥肌などあらゆるタイプの肌に推奨されています。シミ対策をするときはできるだけ摩擦しないことが基本になりますので、泡を使って効率的なシミケアをしましょう。まず泡パックを始めるには密度の高い泡を作ることがポイント。毛穴のなかに泡が入り汚れを浮き上がらす仕組みです。

洗顔料でたっぷり泡を作ったら顔全体に広げ、そのまま30秒~1分ほど放置してください。こすったりマッサージする必要はなく、時間が経ったら後は綺麗に洗い流すだけ。重要なのは泡の質で同じ洗顔料を使っても泡のキメの細かさは変わってしまいます。簡単なのはプッシュ式のフォームタイプの洗顔料、泡立てネットを使って泡を作る場合は固形洗顔石鹸が使いやすいでしょう。

洗顔料に美白成分をプラスしよう

シミを消したいときは洗顔から美白ケアをスタートしてください。洗顔料に美白効果があるレモン汁やオイル系を入れるなど、スキンケアのすべてのステップでシミ対策を意識すると効果が実感しやすくなるでしょう。

シミを絶対に作らない!予防で美白にアプローチ

シミを消したいときはすでにあるシミを消すだけでなく、これから濃くなるシミにも働きかける美白ケアが大切。予防する基本はまず紫外線対策です。出かける時は必ず日焼け止めを使うこと、UVカットの化粧品を使うなど、普段から肌を守るケアを続けてください。そしてシミを消したい時はターンオーバーを活発にするために早寝早起きで規則正しい生活を送ることも大事。シミの悩みを抱えている方はまず自分の肌に合う対策を選び、コツコツと諦めずに続けることが大切です。

まとめ

  • ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれる成分。安定型・誘導体配合のコスメがおすすめ。
  • レチノールは病院処方と化粧品ではタイプ・効果が異なる。自分に合ったものを選ぼう。
  • 皮膚表面を焼き切るレーザーはシミ取りの最終手段。しわ取り効果のあるタイプも。
  • 美白作用のある天然素材にはローズエキス、オウゴン、オリーブオイルなどがある。
  • ゴシゴシ洗いはシミ悪化の原因に。泡パックや洗顔料に美白成分をプラスするのも◎
  • シミ予防は紫外線対策が基本。生活習慣の見直しも大切。

 

シミを消したいときはセルフケアだけでなく美容クリニックや皮膚科で薬を処方してもらうこともできます。シミがない美しい肌は自信を回復するためにも大切なことなので、満足できるシミ対策を見つけることが大事ですね。

この記事も読まれています