スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

スキンケアのやりすぎは肌トラブルになることがありますか?

年齢肌のお手入れで質問です。マッサージとかエイジングケアとか色々良さそうな方法がネットで紹介されていますが、スキンケアをやりすぎると肌にデメリットはありますか。

スキンケアのやりすぎに関してはきっと皆さん一度は気にしたことがあるでしょう。美容成分をたくさん肌に補えばそれだけ効果があるようなイメージですが、年齢肌の場合は肌環境を正しく理解したお手入れが必要です。年齢とともにバリア機能が低下するため、つけすぎ、やりすぎのスキンケアは時には負担になる場合も。

また数種類の化粧品を一度に使い肌トラブルが起こったとき、どれが原因なのか判明出来ないリスクがあります。

スキンケアのやりすぎは肌トラブルに!手抜きお手入れがコツ

市場に出回っている数々の化粧品、年齢別やトラブル別などすべての人の肌に最適なアイテムが必ず存在します。大変なのはそれをどうやって見つけるか。化粧品選びで困ったときについやってしまうのが、あれもこれも使うスキンケアのやりすぎによるトラブルです。

肌は本来の再生力があり年齢とともに働きが低下していきますが、上手に肌に合わせたお手入れを続ければスキンケアは過剰にやらなくても十分美肌効果が得られます。スキンケアのやりすぎを防ぎ、手抜きのお手入れで定期的に肌力を回復するコツをご紹介しましょう。

それはやりすぎ!負担がかかるスキンケアとは?

なんでもかんでもやってしまうスキンケア、過剰なお手入れは時に刺激や負担になり肌トラブルを招く恐れがあります。適度なスキンケアを見極めるのは大変、ちょっとした肌の変化を早く見極めてエイジングケアをしてください。

習慣的に行っているスキンケア、やりすぎてしまうとどうなるか注意したいポイントと改善策を見ていきましょう。

スキンケアをやりすぎるとこんなデメリットがある!

スキンケアを全くやらないのは一番肌にとって悪いこと、ではスキンケアをやりすぎるほど過剰にすればいいのかというとそうではありません。お手入れのやりすぎで招く肌トラブル、次のようなダメージが起こる可能性があります。

摩擦によるバリア機能の低下

スキンケアの手順はクレンジングに始まりクリームや美容液まで何種類もありますので、やたらと種類を増やしてお手入れするとパッティングの回数が増え肌に刺激が増えてしまいます。摩擦が多いとバリア機能が低下するので水分が逃げやすくなるだけでなく、紫外線をはじめとする外部の刺激にも弱くなってしまいます。結果的にスキンケアのやりすぎで乾燥肌や敏感肌になる可能性もあるのです。

ビニール肌に注意

スキンケアのやりすぎでおこる「ビニール肌」は、近年とても増えているトラブルのひとつです。健康な肌を近くで見ると肌のきめが細かく三角形やひし形の細かい形になっていますが、化粧品のつけすぎ肌はキメが綺麗に整わずそのまま表皮が形成された状態。そのため光が一方方向に反射されてビニール素材のように艶々になってしまうことなのです。

艶があるので大丈夫だと誤解する人も多いのですが、スキンケアのやりすぎで肌のキメが埋まっているため逆に刺激に弱くなりもろくなってしまいます。

肌断食で本来の美しさを取り戻そう!

年齢肌が気になるとアンチエイジングの化粧品は積極的に使いたくなるでしょう。乾燥しやすい部分の集中ケア、シミやくすみ専用の美白化粧品などトラブルすべてに合わせてスキンケアを行うと肌には負担がかかり、どの化粧品も効率的に効果が発揮できない状態です。このままでは肌本来の機能が低下しターンオーバーが乱れさらに年齢を感じやすくなりますので、定期的に肌を休ませるケアも大事なのです。

そこでオススメしたいのが「肌の断食」。なにもつけない、もしくは化粧水だけといったシンプルなスキンケアだけで肌のデトックスをしましょう。次のやり方のポイントを参考にし、定期的に肌の断食でリフレッシュしてください。

洗顔はぬるま湯だけ

メイク落としが必要な時以外は、洗顔料やクレンジングを使用せずぬるま湯だけで洗顔してください。ごしごしこすらずに顔にお湯をあてるように、手早くさっと洗うことがコツです。メイクを落とすときはクレンジングの代わりにオリーブオイルやココナッツオイルなどの美容系オイルを使うと肌に優しくクレンジングができます。

洗顔後はなにもつけない

肌断食は基本なにもつけずに肌の機能を回復させることが目的。普通なら洗顔後はすぐ化粧水で保湿ですが、肌断食をするときはなにもつけずにこれで完了です。多少の肌のつっぱりは時間とともに皮脂が分泌されるので問題ありません。

もし乾燥がはげしくヒリヒリするときは、不要な成分が入っていないワセリンで気になる部分だけ保湿をしてください。

肌断食で起こるトラブルについて

スキンケアをやりすぎていた場合は肌断食をすると好転反応と呼ばれる症状が起こり始めます。そのままの状態で少しづつ機能が回復されていきますのでしばらくは様子を見るだけにしましょう。

肌荒れは好転反応のひとつ、バリア機能や保湿機能が回復するまでの間は乾燥することがありますので、気になるときは最低限の保湿で対処してください。

やりすぎないスキンケアの手順について

肌断食のように完全にスキンケアをやめてしまうとリスクが全くないわけではありませんので、肌質によっては週末だけ、もしくはクレンジングをしない肌断食など自分の肌環境に合わせてシンプルなケアにすることもよいでしょう。ではやりすぎないスキンケアとしてオススメの手順を見ていきたいと思います。

化粧水のつけ方

基本的に守るべき点はメーカーの推奨する使い方を守る点です。化粧水の量は手のひらにのるぐらいが限度。こぼれそうになるほど使うと、パッティング回数が多くなり負担になる可能性があります。

重ねつけは2回までを目安にし、浸透性がよくない化粧水でも3回、4回と繰り返しつけても効果はある一定までにしかなりません。つけすぎると肌の普段になりあまった水分が蒸発して無駄になります。

シンプルなスキンケアの基礎

洗顔後は化粧水、乳液、乾燥しやすい時期はクリームをプラス、またシミがある人は部分的に美白化粧品をひとつだけプラスしてください。肌断食をしながら毎日お手入れする際は最低限のものを選び、あれもこれも使わないことが原則です。たとえば導入剤、アイクリーム、といった特別なケアは化粧水と乳液だけでも十分。

スキンケアのやりすぎをなくすことは化粧品をただ減らすだけでなく、肌の再生力を活発にすることが目的です。

内側からもアプローチする

肌は紫外線や化粧品の添加物などの刺激を受けやすく、さらに加齢により肌機能が低下するため疲労が重なっています。スキンケアをシンプルにすると何かしら不足するものが出てきそうですが、そんな時は内側から栄養補給や水分補給をして肌の働きをサポートしましょう。睡眠時間を増やし運動不足を減らすなど体の健康状態とともに肌の働きをシフトすることが大切です。

まとめ

  • 過剰なお手入れは刺激や負担になり肌トラブルを招くおそれがある。
  • スキンケアのやり過ぎによるビニール肌に注意!肌が艶々だからと安心しないで。
  • 年齢肌には定期的に肌を休ませる肌断食もおすすめ。ただし好転反応には注意が必要。
  • 化粧水・乳液を基本にクリームや美白化粧品をプラスするやり過ぎないスキンケアがポイント。

 

スキンケアのやりすぎが原因で肌の状態が不安定になるのは、きっと誰にでも可能性があることでしょう。美肌になりたい一心で頑張りすぎると逆効果になってしまい、化粧品の無駄にもなりかねません。肌が本当に必要としているものは何か、自分の肌環境を理解してシンプルなお手入れを心がけたいですね。

この記事も読まれています