スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

乾燥肌のスキンケアはメカニズムを理解してアプローチしよう

乾燥肌のスキンケアはカサカサなどの辛い症状をおさえるだけでなく、できれば肌質を改善する点も重要です。年齢を重ねるごとに肌のうるおいが減っていくので多くの方が乾燥で困ることがあるでしょう。

時期的なもの、年齢的な乾燥など、うまくお手入れができない場合は、乾燥肌のスキンケアの基礎を生かして美肌作りをスタートしてください。乾燥肌が最も必要としているのは保湿、トラブル原因を減らすためには乾燥するメカニズムを考え効率的に改善していきましょう。

保湿化粧品の選び方・乾燥肌が注意したい添加物

乾燥肌に水分補給をするためには保湿化粧品が欠かせません。水分で肌のかさつきを改善したら次は油成分で肌表面に膜をはること。これは化粧水と乳液、クリームなどを同時使うことで乾燥対策にメリットになります。

とくに皮膚が薄い口周辺や目の周辺は水分を長時間保持できないので、かさつきが目立ちやすくシワもできやすくなります。こんな乾燥肌の保湿化粧品の選び方で注意したいのがしっとり効果とともに、肌に与えるダメージ。乾燥していることはバリア機能が弱いサインですから、スキンケアで刺激物を与えることはまず避けないといけません。そこで次の添加物についてはできるだけ使用しないよう、保湿化粧品選びの参考にしてください。

防腐剤

化粧品は一度開けてしまうと成分が酸化して質が低下してしまいます。それを防ぐために使用する防腐剤は非常に多くの化粧品で使われる添加物のひとつ。メリットとしては菌の繁殖を防ぐ、商品を長持ちさせる等。しかし防腐剤は肌荒れやアレルギーを招く要因になりますので乾燥肌の場合は避けたほうが良いでしょう。

香料

化粧品の香りは癒し効果もあり疲れた時のスキンケアがリラックスできる作用があります。香料すべてが悪いわけではありませんが、人工的に作られたものは乾燥肌の症状をさらに悪化させる可能性があります。もし香りにこだわる場合はアロマなど天然成分を使用した香りを選ぶと安心です。

間違った洗顔方法は乾燥肌が悪化する原因!

乾燥肌のスキンケアで注意したいポイントが毎日の洗顔。間違った方法を長期間続けるとかさつきが激しくなるばかりか、普通肌も乾燥肌になってしまう場合もあるのです。次のような洗顔法は乾燥肌にダメージを与えるのでご注意ください。

フェイスブラシやスポンジを使う

毛穴の汚れや古い角質をとるためにフェイスブラシを使って洗顔することがありますが、これらの洗顔用のアイテムは摩擦の負担が多くなり乾燥肌のバリア機能をさらに弱める原因になります。またブラシやスポンジは清潔に維持するのが大変で気が付いたら雑菌だらけなんてこともあるでしょう。乾燥肌は免疫力も弱いので菌による炎症を避けるためにもできるだけ使用は控えてください。

つっぱる洗顔はしないこと

洗浄力の強い洗顔料、洗い上りの肌がつっぱるほど皮脂が取れてしまうものは乾燥を悪化させる原因です。洗い上りは皆さん好みがありますが、乾燥肌はしっとりタイプの洗顔料がおすすめです。

ぬるま湯だけで洗う日を設ける

乾燥肌の洗顔は摩擦や石鹸による刺激は最もダメージを与える要因。そこでできるだけ肌を守り汚れを落とすにはぬるま湯洗顔の日を設けましょう。たとえば休日でメイクをしない時は朝も夜もぬるま湯だけでOK。乾燥しやすい季節の朝洗顔は洗顔料を使わないなど、タイミングを合わせながらデリケートな洗顔を意識してください。

皮膚が薄いとこんなことが起こる!乾燥肌のメカニズム

皮膚の厚みは見ただけではわかりません。しかし乾燥肌のようにかさつきが激しいタイプは、皮膚が薄いサインであることも。そこで知っておきたいのが皮膚が薄いとどのようなトラブルが起こるのか。また皮膚の厚さを改善する方法があるのか詳しくみていきましょう。

皮膚が薄い人の特徴

皮膚の厚さは表皮から真皮まで約2ミリ程度。これよりも皮膚が薄いと肌が敏感になり外部の刺激を受けやすくなります。乾燥肌も皮膚が薄い傾向があり水分が蒸発しやすいため、とくに皮膚が薄い目の周辺や口の周辺はかさつきが目だちます。赤ら顔、目の下のくま、くすみなどの症状は皮膚が薄い人の共通点。原因はピーリングのやり過ぎや加齢により皮膚が薄くなる場合もあります。

皮膚の厚さを改善する方法

皮膚が薄いと化粧水などがすっと浸透するメリットがありますが、逆に考えると蒸発も早いということ。これでは乾燥肌や敏感肌は刺激に弱くなってしまいますよね。皮膚をすぐに厚くはできませんが、普段からの心がけで外部の刺激に強くなるようケアをしましょう。

たとえばホルモンバランス。女性ホルモンが活発になると皮膚の働きも強化されますのでイソフラボンやビタミンEなどの栄養摂取がおすすめです。また血液の循環を活発にすると肌に必要な栄養が届きやすくなりますので、皮膚が丈夫に生まれ変わります。

冷え性改善、定期的なマッサージを心がけ健康的な肌色になるようにケアをプラスしてください。

肌トラブルのかゆみとかさつきがひどき時の応急措置

乾燥肌トラブルで多いのがかゆみとかさつき。冬になると空気が乾燥するため、さらに肌トラブルが多くなります。かさつきやかゆみの原因は表皮が荒れて刺激に過敏になっているため。

こんな状態で肌をかいたり刺激を加えるとかゆみを感じる神経が表皮近くまで伸びてしまい、常にかさつきやかゆみなどの肌トラブルを感じるようになるのです。がまんできないほどの症状がある場合は、無理にかかず次の方法で対処しましょう。

保湿剤を使う

乾燥が激しく我慢できない場合は、皮膚科で相談して外用薬をもらうことも大切です。その前にまず自分でやるべきことは、肌に合った保湿剤を使い乾燥をおさえること。保湿成分はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどがありますので、しっかり肌に浸透させたのち、仕上げにクリームで肌に膜をはります。一日数回乾燥が気になったら保湿剤をこまめに使って対処してください。

入浴の温度を低くする

入浴中は体温が上がり皮膚からもどんどん水分が蒸発しています。お湯の温度が高くなるほど発汗作用も活発になり、肌が乾燥しやすくなります。温度は40℃を目安にして入浴後は肌をこすらないようにタオルを軽く押し当てるようにふきましょう。

パックをする

肌トラブルのかゆみが気になるときは無理やりこすったりかくのはまずストップ。こんな場合はいつもよりもプラスした保湿が必要なので、マスクやパックで水分をしっかり与えてください。

カサカサ肌もしっかり保湿・つけすぎは乾燥を悪化させる?

カサカサ肌もしっとり保湿したい、しかし間違ってしまうのがとにかくべったりなんでも肌につける習慣です。そもそも肌が乾燥するのは、補う水分と油分が少ないことだけが原因ではありません。とくに加齢による乾燥肌はうるおい成分をサポートするコラーゲンやヒアルロン酸などが年齢とともに不足して、水分がキープできない環境があります。

この状態で化粧品をつけすぎると吸収できずに毛穴の詰まり原因になる可能性もあるのでご注意ください。カサカサ肌もしっとり保湿させるためには次のポイントを憶えておきましょう。

化粧品の使用量を守ること

水分と油成分のバランスが乾燥肌にとって重要な点になります。大切なのは皮膚の表面でなく角質層の奥の潤い。多く使った分だけ効果が高まるというものはありませんので、無駄を省くためにも説明書通りの使用量を守ってください。

パッティングのやりすぎに注意

パッティングすると浸透性が高くなり、手のひらに肌が吸い付くほど保湿が出来ます。この効果得るためには必ずしも肌をぱちぱち叩く必要はなく、ハンドプレスを繰り返してもパッティング同様の効果が得られます。

無理な刺激は肌の毛細血管にダメージを与え赤ら顔の原因にもなります。

化粧品を見直す

化粧品をころころ変えるのは肌の負担。しかし加齢による乾燥が始まったときはアンチエイジング成分を使うなど、化粧品を見直すチャンスになります。どんな成分が不足しているか、肌環境や肌年齢を考慮して考えましょう。

乾燥肌を改善するおすすめの食べ物5つ

乾燥肌のスキンケアはさらに肌の力を高めるために体のなかからも栄養補給をしてください。かさつきやすい肌におすすめの5つの食べ物には以下のものがあります。

納豆

発酵食品で女性ホルモンを活性化するイソフラボンが含まれている納豆。胃腸機能を活性化するので便秘解消にもよいでしょう。コスパもよい食べ物なので毎朝1パック、美容と健康のためにおすすめです。

アーモンド

ビタミンEを含むナッツ類、とくにアーモンドは食物繊維も豊富で抗酸化作用が高いので加齢による乾燥肌対策におすすめです。アーモンドバターは食べやすくお料理にもアレンジしやすいでしょう。

卵黄

肌の粘膜を強化して免疫効果を高めるビタミンA。卵黄に多く含まれていますので乾燥しやすい季節は卵を意識して食べてください。

キウイフルーツ

ビタミンCと食物繊維が豊富なキウイフルーツは美白効果やコラーゲン生成のサポートにメリット。ビタミンCはターンオーバーを活性化するので、古い角質層をはがし肌細胞の再生を活発にしてくれます。

豚肉

ビタミンB群を含む豚肉は乾燥肌改善にとても効果があり、ターンオーバーを活発にし水分保持力を高めてくれます。脂肪分を取りすぎないように脂質の少ないヒレ肉などがおすすめです。

まとめ

  • バリア機能の弱い乾燥肌は、防腐剤・人工香料などを避けることが大切。
  • 間違った洗顔方法は乾燥肌を加速させる原因に。しっとりタイプの洗顔料やぬるま湯洗顔もおすすめ。
  • 乾燥肌は皮膚が薄いサインであることも。マッサージや栄養補給を心がけよう。
  • かゆみやかさつきは肌に合った保湿剤で対処。マスクパックも◎
  • 乾燥肌対策は角質層の奥まで届く保湿がカギ。肌年齢を考慮したスキンケアが大切。
  • 体の中からも栄養補給!納豆やアーモンド、卵黄、キウイ、豚肉がおすすめ。

 

乾燥肌のスキンケアは乾燥しやすい冬をはじめ、エアコンの風によるかさつきなど一年中油断できません。しかし肌のメカニズムを理解すれば、根本からスキンケアでアプローチでき肌質改善も夢ではありませんね。肌に合った化粧品と負担をかけない美肌生活、コツコツ努力しながら快適なスキンケアをはじめましょう。

この記事も読まれています