スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

普通肌のスキンケア~知らないと損するテクニック~

普通肌のスキンケアは肌環境が安定しているため、敏感肌や乾燥肌のように色々なトラブルが少なく安心です。でも油断してしまうと肌質が変わってしまう可能性もあり、正しい肌に合ったスキンケアは美肌を維持するために欠かせないことなのです。

肌は食生活や生活習慣なども影響与えるため、あらゆる角度からお肌にアプローチすることがとても重要。加齢とともに幅広くお手入れを見直す点も忘れてはいけません。では普通肌のスキンケアで年齢にふさわしい美肌を維持する秘訣を詳しくご紹介しましょう。

普通肌は理想の肌質?正しく肌タイプをチェックするコツ

普通肌というのはあらゆる肌質のなかでも理想的なイメージを抱きますが、普通肌であってもまったくトラブルがないということではありません。確かに乾燥肌や脂性肌と比較するとトラブル発生率は低いものの、普通肌の人も多少の悩みを抱えているでしょう。そこで肌に合ったお手入れを始める前に普通肌について正しく理解していきたいと思います。

普通肌とは?

普通肌というのは肌質のなかでも一番皮脂量と水分量のバランスがよい理想的な環境がある肌。普通肌と呼ばずに理想肌といってもよいほどですが、お手入れがしやすく美肌を維持しやすい環境があります。

トラブルが少ないから私は普通肌?と思っている方も少なくないでしょう。年齢を重ねるごとにスキンケアは水分量や皮脂量の調整が必要になりますので、普通肌のスキンケアをするためには、肌質を正しく知らないといけません。誤解しているとトラブルや老化が進む原因になります。

普通肌の特徴

普通肌は天然の皮脂膜で表面がしっとり覆われているので肌が常に潤っている状態。キメが細かく肌の輝きや透明感もよく、毎日のスキンケアがとてもやりやすい点が特徴です。毛穴の目立ちも少なく、気温や湿度にも上手に順応できるので、トラブルが少ない憧れの肌タイプ。しかし生活習慣や食生活、加齢などにより肌環境は変わりますので、普通肌は理想の肌質でも、それを維持するためのお手入れが欠かせません。

シンプルなスキンケア方法で肌の素質を維持しよう

普通肌は肌の働きが安定していますので、バランスのとれた環境を壊さないためには、やりすぎスキンケアや不足するスキンケアではいけません。ちょうどよいお手入れをする際のポイントが「シンプルケア」。肌力を活性化し年齢に負けない美しい普通肌を維持するためには次のスキンケア方法を意識してみましょう。

洗顔と保湿

肌質は遺伝によってある程度肌質が決定していますが、大人になるにつれて生活環境やスキンケアにより肌質が変わることがよくあります。理想的な状態の普通肌、このまま維持するために最も大切なのが洗顔と保湿です。スキンケアの基盤となるこの二つは普通肌を維持するために正しく行いましょう。

洗顔は摩擦しないように泡をたっぷり使い優しくマッサージするように洗ってください。そして保湿はできるだけ洗顔後早く行うこと。入浴後や洗顔後は肌から水分がどんどん蒸発して、時間とともに吸水力が低下していきます。保湿は化粧水と乳液。普通肌はバランスが整っているためつけすぎて毛穴の詰まりを起こすことはできるだけ避けたい点。

化粧水と乳液だけで肌がしっとりする場合は、クリームの使用は肌の状況をみて検討してください。

お肌の酸化を防ごう

普通肌でも確実に年齢より肌の老化は進んでしまいます。肌の酸化は細胞を劣化させるため肌質に関係なく、予防としてストレスをためないことや睡眠、そして紫外線対策も普通肌のスキンケアにプラスしましょう。

おすすめの化粧水・エイジングを意識したオススメ成分

普通肌ならどんな化粧水を使ってもいいのかというわけではありません。化粧品選びは敏感肌と比べると比較的使いたいものがどれでも合いやすい理想的な環境がありますが、普通肌にも必ず避けられないトラブルがあります。それが「肌の老化」。エイジングケアは他の肌質と比較するとやりやすい点はメリットですが、ポイントをおさえて続けるためには一番量を使う化粧水の質が重要です。

普通肌におすすめの化粧水として意識したいエイジング成分は以下のようなものがあります。

プラセンタ

サプリメントやスキンケア商品で使用されるプラセンタにはアミノ酸などの肌によい成分が凝縮されています。肌のダメージを修復する働きや代謝アップ、抗酸化作用が高い普通肌によいワンランク上の美肌成分です。

ビタミンA誘導体

レチノールやレチノイン酸などのビタミンAグループの成分は肌の粘膜や皮膚を健康に維持する効果老化予防などに効果を発揮します。食べ物から摂取すればさらに視覚機能の改善、動脈硬化を予防する働きもあり健康面でも欠かせない重要な存在です。

ビタミンE

体内の活性酸素を取り除くビタミンEはアンチエイジング成分としてお馴染みです。肌細胞の老化を遅らせターンオーバーを活性化する働きが特徴です。

ビタミンC誘導体

メラニン色素の働きを抑制するビタミンC、さらに浸透性が高いビタミンC誘導体は保湿効果、美白効果、コラーゲン生成をサポートするなど普通肌のアンチエイジングに活躍してくれる成分です。

普通肌でもニキビができる原因は?対策と肌によい心がけ

普通肌でもニキビができる原因はなぜか?気になる方は多いでしょう。普通肌は水分量と皮脂量のバランスが整っているはずなのになぜニキビができるのか次の可能性を考え、今日から早速見直してください。

生理周期によるホルモンバランス

生理前になるとエストロゲンという女性ホルモンの働きが不安定になり、皮脂腺が過敏に働くようになります。とくに老廃物が溜まりやすいアゴやフェイスラインなどのニキビは生理前のホルモン分泌が影響していますので、この時期は保湿や洗顔などで上手に肌の潤いを維持しましょう。

睡眠不足

睡眠不足は自律神経の働きを不安定にする要因で、寝不足になると普通肌でもにきびができる原因になります。ストレスを感じやすくなる、皮脂腺の働きが不安定になるなど、睡眠の質から受ける肌のダメージは肌質に関係なくやってきます。早寝早起きを意識して肌環境を整えましょう。

化粧品を変えた時

普通肌だから頑丈にできている、と思うのは大きな間違いです。些細なことで肌環境が崩れやすい普通肌タイプもありますので、デリケートに扱うように意識してください。とくに加齢により肌は徐々に敏感になり乾燥しやすくなっていきます。化粧品を変えた直前に成分が肌に合わずにきびやふきでもができることが稀にありますので、必ずトライアルなどを使ってチェックしましょう。

まとめ

  • 皮脂量と水分量のバランスがよい普通肌は理想的な肌質。
  • 過不足のないシンプルなスキンケアで素質を維持することがポイント。
  • もっともよく使う化粧水は、プラセンタ、ビタミンA・C誘導体、ビタミンEなどが配合されたワンランク上のものを選ぶのがエイジングケアのコツ。
  • 普通肌でもホルモンバランスの乱れや睡眠不足で大人ニキビができることも。生活習慣を見直すことも必要。

 

普通肌のスキンケアはなにも意識しなくても大丈夫ということではありませんね。とくに肌の老化は乾燥肌も普通肌にも起こることですから、年齢に合わせてお手入れのターゲットを上手に見極めることが重要です。いつまでも健康で美しい肌を維持したい方は、日頃から肌チェックを欠かさず行うとよいでしょう。

この記事も読まれています