スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

50代オススメ基礎化粧品・目的別に選ぶコツについて


50代基礎化粧品の選び方でやってはいけないこと

50代の基礎化粧品の選び方、あまり意識せず使ってみたいものをチョイスする方も多いと思いますが、人気があるからというだけでは失敗することも。50代は更年期障害を迎え40代よりもさらに肌のコンディションが不安定になる時期もあります。そこで知っておきたいのが50代の基礎化粧品の選び方の注意点。次のポイントを意識してみましょう。

必ず肌チェックしよう

口コミ人気やランキングサイトで評判になっている話題の基礎化粧品、一度は使って見たいと思いますよね。でも、いきなり本体を購入すると肌に合わない可能性があり、たったわずかな刺激でも肌の回復力が弱い年齢肌は大きなダメージを残す場合もあるのです。50代の基礎化粧品の選び方は、できるだけトライアルを使い肌の相性を確認してください。

油性成分を補充する

化粧水は絶対に必要なスキンケアアイテム。乳液やクリームなどはなくても大丈夫という人もいるでしょう。しかし50代の肌はバリア機能がさらに低下し、女性ホルモンの分泌が減るため皮脂腺の働きが不安定になります。かさつきや乾燥が目立つ時期ですから、必ず油性成分を含んだ乳液やクリームなどを使ってください。

刺激の強い美白成分に注意

シミやくすみが悪化する50代、美白成分を配合した基礎化粧品を使う場合があります。有効成分のなかには効果があるけど刺激が強いハイドロキノンなどがあるので、美白の目的を考え肌に合わせて選んでください。

プチプラを使う時に注意したい値段の落とし穴

プチプラはコスメ以外にもアクセサリーや洋服など女性のおしゃれにかかるコストを節約する優れもの。50代の基礎化粧品にも使って見たいアイテムがとても増えています。プチプラは価格が安い点が何よりも魅力になっていますが、スキンケアのシーンではいくつか注意するべき点があります。

安さの裏に隠されたもの

プチプラは値段が安いので気にせずたっぷり使えるところが人気。基礎化粧品に関しては製造過程でコストを節約するために人口添加物など肌に負担になる成分を使っているアイテムがあります。値段が高ければいいというわけではありませんが、あまりにも低価格の化粧品は肌との相性を調べてから使ったほうが安心です。

肌が弱い人はメイク用品から試そう

化粧水や乳液などは値段よりも肌との相性がとても大事。肌が敏感な50代はわずかな香料でも肌トラブルになる原因です。敏感肌や乾燥肌は基礎化粧品のプチプラでなくマスカラやチークなどのメイク品から使うと安心です。

本来の使い方を守ること

プチプラコスメのように使えるアイテムとしてワセリンやオロナインなどが話題になっています。毛穴の汚れや保湿ケアなど本来の使い方とは違う方法でスキンケアに生かされていますが、間違ってしまうと肌トラブルになるリスクもありますのでご注意ください。

エイジングケアで50代の肌を若返らせるマッサージ

ほうれい線、シワ、たるみ、肌のハリ不足による老化症状は50代になるとさらに深刻なトラブルになります。基礎化粧品の有効成分をもっと引き出すためにも、手間をかけたお手入れが必要になるでしょう。そこでエイジングケアでハリ回復に効果があるマッサージをご紹介したいと思います。

化粧水をつけながらマッサージ

定期的なマッサージやパックなどのスペシャルケアはできれば続けたいところですが、忙しいとまず手を抜いてしまう部分です。そんな方によいエイジングケアは化粧水をつけながらできるマッサージ。まずたっぷりと化粧水を肌につけて、げんこつの関節で肌の内側から側に向かい軽くごりごりとマッサージしてください。血行が改善され肌のトーンが明るくなります。

お風呂でマッサージ

お風呂は血液の流れが活発になり、さらに発汗作用もありますので毛穴を引き締めるタイミング。エイジングケアとしてオススメなのは、入浴中に美容オイルでマッサージすることです。疲労回復にもメリット、また肌が栄養補給するチャンスなのでリラックスしながらやってください。

メイク前のマッサージ

50代になるとフェイスラインのたるみが気になります。とくにあご周辺から頬にかけて、実年齢に見えないほど老けてしまう人もいるでしょう。こんな場合のエイジングケアによいマッサージはメイク前のリンパマッサージ。アゴから耳の付け根に向かってマッサージ、目の下のくぼみを内側から外側に向かってマッサージ。

リンパの流れが活発になると肌のくすみ改善になり、さらにむくみ予防になるので小顔効果が期待できます。

シワとたるみを目立たなくする美容成分を選ぼう

シワとたるみは加齢とともにどうしても避けられない肌トラブル。少しでも目立たなくするためには、スキンケアでどんな成分を補うかが重要なポイントです。次の美容成分はシワやたるみの予防・改善に効果がありますので、50代の基礎化粧品選びの参考にしてください。

レチノール

ビタミンの一種であるレチノールは肌のターンオーバーを活性化する働きがあります。自然な老化による皮膚のたるみにハリを与える働きがあるので、レチノール配合基礎化粧品を使うとよいでしょう。

コエンザイムQ10

抗加齢作用が特徴のコエンザイムQ10は加齢による肌細胞の衰えを活性化する働きがあります。シワとたるみだけでなくシミ予防にもオススメです。

プラセンタ

胎盤から抽出される成分で10種類以上のビタミンやアミノ酸など豊富な栄養バランスになっています。化粧品に含まれているものを使うか、サプリメントで補給するかもしくは美容クリニックで注射する方法もあります。化粧品に含まれるプラセンタは哺乳類の胎盤から抽出したものが使われることが多いのですが、肌のダメージ回復やシワの改善、肌のキメを整える働きがあります。

ビタミンC誘導体が年齢肌に与える3つのメリット

50代の基礎化粧品でよく見かける「ビタミンC誘導体」という成分。ビタミンCは美容効果が高いことで有名ですが、50代の年齢肌にはどのようなメリットがあるか次の3つの魅力点をみていきましょう。

シミ対策

シミは紫外線を浴びてすぐに表れるものでなく、角質層の奥で皮膚表面に出てくるのを待機しているシミ予備軍が多く存在しています。昔日焼けしていた人は注意が必要。こんなシミ対策によいのがメラニン色素の働きを抑制するビタミンC誘導体なのです。

アンチエイジング作用

ビタミンC誘導体は美白以外にも活性酸素を取り除く抗酸化作用が高いことも魅力です。ビタミンCは浸透性が低くこれを科学的に加工したものがビタミンC誘導体。しっかり肌の奥からアンチエイジングを始めたい時にオススメです。

またスキンケアだけでなくビタミンCは食生活で補うと美容効果も高くなりますので、ビタミン類の栄養補給は外と中から同時に行うことが大事です。

ニキビ予防

思春期のようなニキビはできなくても50代は女性ホルモンが不安定になるので、大人ニキビやふきでものができることがあります。ビタミンC誘導体は体内の酵素と反応してビタミンCになりますので、毛穴の引き締め効果やふきでもの予防にもメリットがあります。

皮脂量をコントロールする作用も高いのですが、もともと乾燥しやすい肌に強い濃度のビタミンC誘導体を使用すると乾燥する可能性もあるのでご注意ください。

突然乾燥肌になった時に使うとよいアイテム

50代から突然肌がかさつくようになったというトラブルを抱えている方はいませんか。更年期を迎える50代は肌に与える影響も様々あり、基礎化粧品の選び方にも注意しないといけません。では50代の乾燥肌、原因と改善のコツについてみていきましょう。

更年期と乾燥肌の関係

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少し肌質がいきなり変わってしまうことがあります。肌の潤いとなるヒアルロン酸や皮脂量が減っていくため50代前後になると肌が乾燥しやすくなるのです。またライフスタイルによって肌の老化スピードに個人差がはっきりと表れる時期でもありますので、スキンケアと生活習慣などを一緒に考えるとよいでしょう。

乾燥肌改善のコツ

スキンケアでは保湿を重点に行うことがポイントですが、肌の働きを理解して基礎化粧品を選ばないと期待したほど保湿効果が得られない場合があります。浸透性が低下する50代はアンチエイジング化粧品を使うことがまず基本、そしてかさつきやすい部分は化粧水やクリームの重ねつけをするなど、バリア機能をサポートする保湿を意識してください。

やりすぎないスキンケア

乾燥肌は角質細胞の配列が乱れ隙間がある状態。このため肌内部の水分が逃げてしまうのでしっとり効果が長続きしません。こんな肌環境を改善するためには、バリア機能を守るためできるだけ刺激を少なくすることもポイントです。たとえば朝の洗顔、汚れがさほど気にならない時は洗顔料を使わずにぬるま湯洗顔にする。パッティングのやりすぎで摩擦しない、化粧品の使い過ぎで肌に負担をかけないようにすることも大切です。

まとめ

  • 基礎化粧品を人気だけで選ぶのはNG。トライアルで肌との相性を必ず確認しよう。
  • プチプラ化粧品はマスカラやチークなどのメイク用品を中心に。
  • マッサージは基礎化粧品の効果を引き出すために効果的。リンパマッサージはむくみ予防効果も。
  • シワ・たるみ予防にはレチノール、コエンザイムQ10、プラセンタ配合の基礎化粧品が◎
  • ビタミンC誘導体はシミ対策やエイジングケア、ニキビ予防にも効果あり。ただし乾燥には注意しよう。
  • エストロゲンが急激に減少する50代はバリア機能をサポートする保湿を意識したスキンケアが必要。

 

50代の基礎化粧品の選び方は美しく歳を重ねていくための秘密ですね。体の疲れが取れない年代は肌のダメージも蓄積されやすいということ。優しく負担をかけずに毎日のお肌のお手入れを続け、そしてストレスのない快適な生活も若い肌作りには大切ですね。

この記事も読まれています