スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

冬のスキンケア~乾燥と寒さから肌を守るお手入れ

冬のスキンケアの最大の敵は「乾燥」。保湿を重点的に毎日お手入れをしないといけません。肌がカサカサになるとメイクも粉っぽくなりますし、赤みやひりひり感が残る場合もあるでしょう。肌の水分が不足しやすい冬のスキンケア、老化スピードもアップしやすい時なので、正しく肌環境に合わせたお手入れをはじめてください。

冬のスキンケアはだた肌にたっぷり基礎化粧品をつけるだけではだめ。肌が欲しがっているものを的確に判断することも大切です。では早速ですが、冬のスキンケアで乾燥に負けない肌作りをする重要ポイントをご紹介しましょう。

冬は肌トラブルが増える理由について

肌トラブルが増える冬、季節ごとに肌環境は変わっていくことは皆さんご存知でしょうか。汗をかきやすい夏とはまったく正反対の冬、この季節は肌荒れになりやすくスキンケアも上手に冬用にシフトしないとシワやたるみなども増える可能性があります。なぜ冬は肌トラブルが増えるか、以下の原因を憶えておきましょう。

体の冷え

冬は気温が低くなり油断すると体が冷えてしまう場面が色々あります。人間の体は体温が下がると血管が収縮して体温の低下を守ろうと働きます。その際に血流が悪くなり顔に届く血液が少なくなってしまうのです。すると栄養不足となり、肌の代謝が低下し潤い不足になる仕組みがあります。

ヒーターなどの暖房機器による空気の乾燥

冬はヒーターをはじめ、暖房機器によりさらに空気が乾燥する環境があります。顔に直接あたるような温風などは皮膚表面からどんどん水分が逃げていく原因。これにより肌トラブルが多くなるので冬のスキンケアは季節に合わせた保湿が必要になります。

皮脂分泌量が低下するため

皮脂分泌は肌本来が持つ自然の機能で、肌が乾燥した時に潤いを守るために分泌されます。冬は空気が乾燥するので皮脂分泌が間に合わなくなる場合や、寒さのせいで運動量が減る、食生活が偏るなど、冬は生活習慣が変わることもあるでしょう。このような条件が揃うと化粧品の保湿が十分でない場合もあるのです。

冬のスキンケアの悩みでとても多いものとは?

冬のスキンケアの悩みは皆さんどんなことが気になっていますか。年間を通して同じお手入れだと、肌の変化にも気が付かない人もいるでしょう。加齢とともに少しの違いもできるだけ早くキャッチしないと、どんどん老化が進んでしまいます。とくに冬のスキンケアの悩みを知っておかないと、油断することも色々あるでしょう。

きっとほとんどの方は冬のスキンケアとしてあえてステップを変えている人は少ないかもしれません。これからは冬の守りのスキンケアが若返りに大きなメリットをもたらしてくれますので、まずは冬のスキンケアの悩みについてどのようなことを注意するとよいかみていきましょう。

粉ふき

粉をふいたようなかさつきは、冬によくある悩みのひとつ。たっぷり化粧水を付けたのに。昼過ぎになると肌表面が白っぽくなることがありませんか。皮膚の一番外側にあたるのは角質細胞、皮膚バリア機能として外部の刺激から肌を守ってくれます。この基盤となるものは皮脂分泌、しかし冬は水分と皮脂バランスが悪くなり皮膚表面がかさついてしまうのです。

乾燥

冬のスキンケアは肌を乾燥させないことが重要ポイント。空気が乾燥するので角質層のバリア機能が低下して肌がカサカサに。乾皮症と呼ばれる症状になると顔以外にも手指や体もカサカサになってしまいます。

かゆみ

乾燥が悪化するとかゆみや痛みを伴うほどの症状へつながります。洗顔後に肌がひりひりしたり、ひどい場合は皮脂不足による湿疹もできることがあります。

冬は洗顔の見直しが大切!洗いすぎは乾燥を招く原因

冬のスキンケアは一年を通して同じお手入れをしていると、知らない間に負担がかかっていることがよくあります。見直しする点のひとつが毎日の洗顔、とくにダブル洗顔するときは大切な皮脂まで洗わないように注意が必要です。乾燥対策は与えるだけでなく、潤いを取りすぎないことにも意識しましょう。以下の見直しポイントを早速実践してください。

洗浄力の強い洗顔料は使わない

さっぱりした洗い上りが好きな人は、乾燥しやすい季節に洗いすぎる傾向があります。冬は皮脂や汗の汚れよりもホコリや古い角質などが多く、朝の洗顔時はぬるま湯だけでも大丈夫な場合もあります。敏感肌、乾燥肌の方は洗顔料を選ぶ時に保湿成分が配合されたものを選びましょう。

ごしごし洗顔はしないこと

見直したい点はごしごし洗顔。肌に負担をかけるとバリア機能が低下してさらに水分と皮脂のバランスが不安定になります。摩擦しないで洗顔するにはたっぷりの泡を使うことがコツ。ごしごし洗顔は冬だけでなく年齢肌は年間を通して注意するとよいでしょう。

ダブル洗顔を控える

クレンジングと洗顔、2度の洗浄は皮脂を取りすぎる原因になります。とくにクレンジングは界面活性剤などの刺激成分が含まれていますので、乾燥しやすい肌には負担がかかってしまいます。見直したいのはこのようなダブル洗顔。

かさつきが不安な人はクレンジングと洗顔がひとつになったタイプを冬の間だけ使うのもオススメです。

乾燥肌によい冬のスペシャルケアをはじめよう

乾燥肌は化粧水と乳液だけでは保湿が間に合わない場合があります。朝保湿したのに昼前にすでに肌がカサカサ、朝起きた時の肌が乾燥しているなど。このような症状は冬に起こりやすい乾燥肌のサインです。そんな時には基礎化粧品のお決まりのお手入れだけでなく、潤いをプラスするスペシャルケアをしてみませんか。次の方法が冬の乾燥肌を保護するメリットになるでしょう。

オイルパック

洗顔後の綺麗な肌にオリーブオイルなどの美容オイルを塗布して10分ほど置きます。ティッシュオフしてぬるま湯で洗顔、もしくは少量の洗顔料を使いべたつきを取り除いて化粧水をつけましょう。

マッサージ

冬の乾燥肌はターンオーバーが乱れやすいため、古い角質がはがれずに残ってしまうことがあります。そのままにしておくと肌のくすみ原因や毛穴の詰まりになりニキビやふきでものができることもあるでしょう。このトラブルを回避するためにはマッサージがオススメです。乾燥肌にはクリームを使ったマッサージがぴったり。スクラブなどは乾燥肌をさらに痛めるのでご注意ください。

体を温める

顔の血流が悪くなりやすい冬は、顔だけでなく全身を意識して血行改善するとよいでしょう。女性に多い冷え性、冬に悪化することがよくあります。保温効果の高い下着を着用、または温かい食べ物を意識して選ぶなど、普段の冷え対策も乾燥肌予防にメリットがあります。

脂性肌は冬になるとどうなる?インナードライ肌に要注意

脂性肌、乾燥肌、混合肌など私たちの肌タイプは色々ありますが、べたつきやテカりが気になる脂性肌は冬になるとどうなるでしょうか。実は脂性肌は表面だけがトラブルのように誤解されやすいのですが、年齢肌になると肌の内部が乾燥しているインナードライ肌の可能性が高くなります。脂性肌だと思い無理やり洗顔を続けると冬のスキンケアがもっと厄介になる場合もありますよ。

インナードライ肌にならないためには脂性肌は次の点を注意しましょう。

皮脂を取りすぎない冬のスキンケアをする

皮脂はべたつきの原因、しかし冬は肌を守る大切な存在になりますので、無理な洗顔や刺激の強いクレンジングの使用は控えましょう。洗顔の回数を減らす。温度の高いお湯を使わない、肌に優しい化粧品を使うなど心がけてください。

浸透性を意識した保湿

インナードライ肌は脂性肌と勘違いしやすい状況がありますが、洗顔後にすぐ皮脂がでる場合などはインナードライ肌の可能性があります。この場合は皮膚表面を守る保湿でなく角質層の奥まで到達する保湿が欠かせません。浸透性のよいビタミンC誘導体アンチエイジング用の化粧品を使い、冬のスキンケアにプラスしましょう。水分と油分のバランスが冬の脂性肌改善に欠かせません。

ストレス対策

皮脂コントロールするには自律神経を整えて皮脂腺の働きを正常化することが大切です。ストレスが多い生活を送る人は交感神経が優位になり皮脂量が不安定に。ストレス対策としては入浴は快眠などもよいでしょう。冬は寒さがすでにストレス、温かいものを食べてリラックスすることも必要です。

冬こそシミ対策をして透明感のある肌へ・大切な紫外線対策

紫外線対策をするのは夏だけという人は意外と多いと思います。でも冬こそシミ対策をして透明感のある肌へ改善するチャンスなので、ギラギラした太陽がなくても忘れずに行いましょう。冬の紫外線対策の秘訣は以下のポイントを参考にしてください。

肌に優しい日焼け止めを使う

冬は肌が乾燥した状態が多いため、刺激の強い日焼け止めだと肌荒れになることが考えられます。メイクの下地クリームとして日焼け止めを使う場合ですが、冬は発汗量が少ないのでメイク崩れはそれほど心配ないでしょう。そのため使用するものは酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤を使用したものが適しています。

冬のアウトドアでの注意

冬はスキーなど雪に囲まれたアウトドアも増え意外なところで肌がやけてしまう場合があります。外出するときはどこに行くにせよ冬も日焼け止めの使用は大切。アウトドアやレジャーの場合はSPF値が21以上のものを選びましょう。スキー場は太陽の光が反射しやすく短時間でも紫外線のダメージを受けやすいのでご注意ください。

シミ対策をしよう

冬こそシミ対策をして透明感のある肌へ改善しないといけません。シミはメラニン色素の働きを抑制して予防と改善を同時にすることがポイント。美白有効成分を配合したアンチエイジングコスメを使うなど、冬もシミ対策を忘れずに続けましょう。普段の食生活で美白に良いビタミンCなどの栄養補給することも重要です。

まとめ

  • 冬に肌トラブルが増えるのは、冷えや皮脂分泌量の低下、暖房による空気の乾燥などが主な原因。
  • 冬は乾燥が原因でバリア機能が低下するため粉ふき・かゆみなどが起こりやすい。
  • 洗い過ぎは乾燥を招く原因!肌にやさしい洗顔料を選ぶことやゴシゴシ洗いをしない、ダブル洗顔を控えることも大切。
  • 乾燥しやすい冬はオイルパックやマッサージなど潤いを与えるスペシャルケアをプラス。
  • 年齢肌のべたつきはインナードライ肌の可能性大。ビタミンC誘導体やアンチエイジング用の化粧品がおすすめ。
  • 冬も日焼け止めの使用を継続。美白有効成分を配合した基礎化粧品を使うのもよい。

 

冬のスキンケアは夏とは違い汗だくになりお手入れすることがありません。ゆっくり時間をかけて楽しみながらできるので、冬はまず保湿、そしてマッサージやパックなどもたまにプラスして寒い季節を快適に乗り過ごしましょう。

この記事も読まれています

  • 50代オススメ基礎化粧品・目的別に選ぶコツについて

    50代基礎化粧品の選び方でやってはいけないこと 50代の基礎化粧品の選び方、あまり意識せず使ってみたいものをチョイスする方も多いと思いますが、人気があるからというだけでは失敗することも。50代は更年期 …

  • ちょっと待って!肌の保湿方法でやってる9つの間違い

    乾燥肌、敏感肌、年齢肌などどんなスキンタイプにも欠かせないお手入れの基盤が保湿ケア。洗顔後は化粧水をつけ忘れないで!とあちこちで言われるので、毎日の習慣として肌の保湿は皆さん行っているでしょう。美肌へ …

  • 60代の基礎化粧品選びのコツ~コスパ重視派にオススメ品

    60年代の基礎化粧品選びのゴールは、年齢を重ねてもいつまでも美しい肌を維持すること。肌の老化はストップできませんが、普段の生活のなかで快適なスキンケアを続ける気持ちが大事です。 60代という年代は子育 …

  • 40代の基礎化粧品・未体験のアイテムをプラスするコツ

    40代の基礎化粧品は肌年齢がはっきりわかる年代に突入しますので、スキンケアから正しく攻めていかないと周囲との差がついてしまいます。皆さんが使う基礎化粧品、毎日満足してスキンケアで生かされていますか。4 …

  • スキンケアの基本・欧米女性がやっている5ステップとは?

    スキンケアは世界どこの女性も毎日欠かさずやっていることですが、やり方が多少違っても皆さんに共通するのは「美肌」をゴールにしていることではないでしょうか。女性にとって肌の美しさは自信にもつながり、日々の …