スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

秋のスキンケアで注意してやること~冬の前のお肌の準備方法


スキンケアの秋到来!ターゲットになる肌トラブルとは

秋のスキンケアで皆さんはどんな点を注意していますか。乾燥する季節がもう目の前、この時期は保湿をメインにしたスキンケアが大事ですが、そもそも秋の肌はどんな状態になっているのか以下のポイントを憶えておきましょう。

秋の肌の特徴

  • 乾燥しやすい
  • 肌荒れをおこしやすい
  • シミや肌のくすみ
  • 部分的なかさつき

秋は目立つ肌トラブルを集中的にケアする良いチャンスなので、気になる症状が出てきたら有効なケアを積極的にプラスしていきましょう。そこでターゲットにしたいのが秋におこる肌トラブル。最初に気にかかるのが夏の紫外線のダメージによるシミやそばかす、くすみなどのトラブルです。

紫外線は皮膚表面だけでなく角質層内のコラーゲンやヒアルロン酸を破壊し、潤い不足を招く原因にもなります。弾力不足などの老化も感じやすくなりますが、不足する潤い成分をしっかり補うことが重要です。また油断しやすい空気の乾燥、気温が一気に低くなりあっという間に冬支度に入る秋は、しっかり保湿化粧品で毎日水分を補給しましょう。

晩秋から冬にかけては気温の低下により血液循環が乱れ皮脂腺の働きが不安定になり始めます。肌のテカりが気になる症状も乾燥対策が必要なので、過ごしやすい季節になったら保湿を意識したスキンケアが大切です。口元や目の周辺など皮膚が薄いところはかさつきがまず目立ち始めますので、サインを見逃さないで秋のスキンケアをスタートしましょう。

夏のダメージを補修する秋のスキンケア3つのポイント

秋は冬の準備と同時に夏のダメージを補修するスキンケアも大切です。次の3つのポイントを意識しながら、秋の美肌作りをスタートしましょう。

マッサージ

秋になると肌のトーンがいきなりくすんだり、元気がないように見られることも多くなります。これは気温や湿度の変化により血色が悪くことも原因のひとつ。夏のダメージを補修するためには、疲れた肌の血液循環を活発にするためにマッサージをしましょう。蒸しタオルで顔を温め、指を滑らせるようにして肌に優しく刺激を与えてください。

美白ケア

夏の紫外線のダメージは角質層内ですでに始まっていますが、表面でも薄いシミが濃くなる、肌のくすみが目立つといったトラブルも。これらの夏のダメージを補修するには美白化粧品を使った秋のスキンケアをプラスしてみませんか。

シミの集中ケアによい美容液、ターンオーバーを活性化する保湿化粧品など、肌年齢に合わせて選んでください。

保湿

保湿は夏のダメージを補修するために最も大切なステップになります。秋のスキンケアではしっかり水分が保護できるクリームや乳液などを必ず使ってください。年齢肌が気になる方は浸透性の高いナノ化保湿成分を使うのもよいでしょう。または導入美容液で効率的な保湿をすることもオススメです。季節ごとに化粧品を使い分ける場合は秋が交代のチャンスになるでしょう。

紫外線対策は秋もやらないといけない理由について

夏の暑さによる肌のべたつきがなくなる秋の肌、快適なスキンケアができる時期を迎えますが、油断しやすいのが秋の紫外線対策です。なぜ秋の日焼け対策が重要なのか、気になる理由についてご説明しましょう。

秋の紫外線について

秋の紫外線は夏と比べると破壊力は少ないものの、まったく紫外線対策をせずに外出してよいものではありません。皮膚表面にダメージを与えるUV-Bという紫外線は秋になると減少しますが、角質層の奥まで届く長い波長のUV-Aは秋も夏もさほど変化がありません。日焼けしないから大丈夫と秋の紫外線を侮っていると、老化が進む原因になります。

夏のダメージで肌が弱い

秋の紫外線に注意しないとダメな理由は、紫外線の質だけでなく肌の状態がとても弱っているためダメージを受けやすい環境があるから。夏の間しっかりダメージを受けた肌は、回復しないまま秋の紫外線を浴びてしまいます。するとシミの数が増える、乾燥しやすくなるという肌トラブルが増えるので、肌力を強化しながら秋のスキンケアをしましょう。

内側が乾燥しているので注意

秋の肌は冬に向けてしっかり保湿が大切ですが、夏の疲れで保水性や吸水性が衰えている可能性があります。このため表面はかさつきがなくても内側がインナードライ肌に。このまま放置すると冬に一気に肌年齢が高くなってしまうでしょう。

しっとり感が持続しない場合や肌のテカりが気になる場合は角質層の奥まで届く浸透性の高い保湿化粧品を使ってください。

ターンオーバーの乱れはスキンケアの秋で改善しよう

ターンオーバーは年齢とともに乱れがちになります。夏のあらゆる刺激により秋はターンオーバーが乱れたままなので、ここで正しく回復しないと乾燥する季節を上手に乗り越えられません。ではスキンケアの秋ではどのような点を意識してターンオーバーを活性化するとよいか、大切なポイントをご説明します。

肌の潤いアップ

肌の潤いが不足する秋の肌、ここでしっかり保湿をしないと冬の厳しい乾燥には勝てません。ターンオーバーは潤い不足になると乱れやすく、古い角質層が綺麗にはがれないとシミや肌のくすみ原因になってしまいます。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分が配合されたパックやマスクなどのプラスケアも行いましょう。

角質ケアがポイント

秋のスキンケアは角質ケアがターンオーバーを活性化するコツになります。夏の紫外線によりすでに新陳代謝のサイクルが乱れている年齢肌は、古い角質が残っていると皮膚が厚くなりシワや弾力不足の原因に。角質ケアは市販のピーリングや正しい洗顔でコツコツを続けていきましょう。

生活習慣化からもアプローチしよう

ターンオーバーを活性化するには、肌の原動力となる細胞レベルにアプローチすることが大切です。そのためにはビタミンやミネラルなどの美肌によい栄養補給肌の疲労回復になる快眠ストレスをためない生活習慣なども意識するとよいでしょう。

秋にオススメのエイジングケアの化粧品選びのコツ

秋はエイジングケアをはじめるよいチャンスになります。その理由は乾燥しやすい季節がやってくるので、保湿を重点的に行い肌を活性化することがメリットになるため。そこで秋からエイジングケアをスタートする方にオススメしたい、化粧品選びのコツについてご説明したいと思います。まずは以下のポイントを抑えいくつか選んでみましょう。

秋の化粧品選びのポイント

  • 浸透性の高い保湿成分
  • 抗酸化成分が含まれている
  • 添加物が不使用
  • 肌トラブルに合ったもの

エイジングケアは肌質やライフスタイルにより、老化スピードは皆さん異なります。化粧品選びで大切なのはどこからアプローチするか自分の肌をよく知ること。エイジングケアの人気化粧品は色々ありますが、肌になじむまでは時間がかかりますし、化粧品の効果を実感するにも短期間では無理ですよね。

そこで押さえておきたいのは肌との相性。続けやすいコスパかどうか、好みの使用感があるか、そして美白、リフトアップ、毛穴対策など気になる肌トラブルによいエイジングケアができるかどうか。これらのポイントを意識しながら最終的にはトライアル化粧品でチェックしてから判断しましょう。夏のダメージが残る秋の肌は、刺激の少ないエイジングが目標です。短期的な効果を求めるよりも一生使えるような信頼できる化粧品を選んでください。

エイジングケアは老化症状を改善することと予防の二つを同時に進めることが秘訣です。秋から始める場合は冬に向けた乾燥対策が基本になりますので、保湿成分の種類や質の高さ、含有量なども気にしてみるとよいでしょう。

秋になるとニキビが増える人必見!注意したい3つの生活習慣

秋になるとニキビが増えるという方、皮脂バランスが崩れている可能性があります。スキンケアではクレンジング、洗顔、保湿がニキビケアに欠かせない点ですが、生活習慣からもできることを今日からスタートしましょう。次のポイントを注意して、ニキビができにくい肌作りをしてくださいね。

食欲の秋に注意しよう

秋は何を食べても美味しい季節、食欲の秋という言葉があるように暴飲暴食しやすい季節なので、栄養バランスに十分注意してください。とくに不足しやすい野菜や果物は、秋の旬を楽しみながら上手に栄養摂取しましょう。腹八分目、お酒や甘いもの、油っぽい食べ物の取りすぎに注意して美肌とスレンダーボディを同時に目指すのも秋の過ごし方におすすめです。

血行改善

一気に気温が下がる秋、油断して薄着のまま過ごしていると体の冷え原因になります。血液の巡りが悪いと顔色のトーンが暗くなり細胞の働きが低下することも。血液を循環にするためには手足などの冷え予防入浴でしっかり体を温める冷たいドリンクや食べ物を控えることも忘れてはいけません。冷え性が元からある方は冬に向けて漢方治療をすることもよいでしょう。

ニキビはリンパの流れが停滞するとできやすくなりますので血行改善は予防策に大事なのです。

エクササイズ

夏の汗や皮脂汚れが毛穴の奥にまだ詰まっている可能性がありますので、秋はエクササイズで気持ちよく汗をかきましょう。気温が低くなるので運動もしやすい環境が整います。ハイキングやサイクリングなど、紅葉を楽しみながらエクササイズすることもニキビ予防にオススメです。発汗作用が高くなると毛穴の汚れも出やすく血行改善にもメリットがあるので、普段から運動習慣がある人はニキビができにくい肌になります。

まとめ

  • 秋は夏の紫外線によるダメージで肌が乾燥しやすく、シミやくすみ、部分的なかさつきなどの肌トラブルが起こりやすい。
  • 夏のダメージを補修するには保湿ケアを重視!ナノ化保湿成分や導入美容液を使うのもおすすめ。
  • 真皮層にダメージを与えるUV-A波に注意!肌力を回復する高保湿ケアがポイント。
  • 秋は夏に乱れたターンオーバーを整えるケアが必要。角質ケアとパックやマスクなどのスペシャルケアをプラス。
  • 老化現象の改善と予防を同時に進めるためには肌質に合った化粧品選びが重要。トライアルで試してから使うのが◎
  • 秋はニキビが増えやすい季節。皮膚バランスを整えるためには食事内容や血行改善など生活習慣の見直しも必要。

 

スキンケアの秋で意識するのは夏のダメージ回復と冬の準備という大切な2つの目的があります。あっという間に寒くなる季節ですが、四季の美しさを感じながら毎日至福のスキンケアができるといいですね。

この記事も読まれています

  • 春のスキンケアは不安定な時期が勝負~新生活と一緒に改善!

    スキンケアは季節ごとに肌の変化を理解して上手にお手入れすると、アンチエイジングもさらに効果的になります。春は一年のなかでもつい油断してしまうことが多い季節、だんだん暖かくなるので冬みたいな保湿は必要な …

  • 脂性肌をスキンケアで肌質改善!ターゲットにする6つのこと

    脂性肌のスキンケア、色々試したけど肌のべたつきが取れないという方は少なくありません。脂性肌が気になる肌のテカり、朝は大丈夫でも夕方になると皮脂でメイクも崩れてしまうでしょう。脂性肌、通称オイリー肌は見 …

  • 30代の基礎化粧品で老化スピードを抑える秘訣!

    30代の基礎化粧品選びは肌年齢が変化する時期なので、失敗はできれば避けたいところです。アンチエイジング化粧品がとても魅力的に感じ始める年代、いまどんなスキンケアをするべきなのか使う基礎化粧品次第で美肌 …

  • 40代の基礎化粧品・未体験のアイテムをプラスするコツ

    40代の基礎化粧品は肌年齢がはっきりわかる年代に突入しますので、スキンケアから正しく攻めていかないと周囲との差がついてしまいます。皆さんが使う基礎化粧品、毎日満足してスキンケアで生かされていますか。4 …

  • 普通肌のスキンケア~知らないと損するテクニック~

    普通肌のスキンケアは肌環境が安定しているため、敏感肌や乾燥肌のように色々なトラブルが少なく安心です。でも油断してしまうと肌質が変わってしまう可能性もあり、正しい肌に合ったスキンケアは美肌を維持するため …