スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

夏にスキンケアで注意すること~紫外線対策が本番の季節!

スキンケアで夏にやるべきことと言えばまず紫外線対策があります。日焼け止めは肌を黒くしないためのものと思っている方が多いと思いますが、肌が黒くなるほど太陽に当たってしまうとかなりの肌ダメージになってしまいます。

本当に怖いのは日焼け止めを使用せずに毎日少しづつ浴びてしまう紫外線。体内で発生する活性酸素は、体の細胞を劣化させ肌の老化を進める要因になります。日焼け止めは肌を紫外線のダメージから守るもの、そして皮膚表面だけでなく角質層内部に与える刺激をブロックする大切な目的がありますので、スキンケアは夏にやるべきことを正しく理解して、美肌作りをはじめましょう。

肌が疲れやすい夏のお手入れのポイントについて早速見ていきたいと思います。

夏の肌トラブルの種類はこんなにたくさん!

スキンケアは夏になるとできるだけ肌を軽くするために、手を抜いてしまうステップが色々あります。たとえばクリーム系などは汗で肌がべたつく症状をさらに悪化させるので、化粧水だけでさっぱりとメイク下地をする人も少なくありません。

でも知っておきたいのは夏の肌トラブルの種類について。意外な落と穴があり暑い季節だからこそ注意しないと肌の老化スピードがアップしてしまいます。以下の肌トラブルは夏になると急増する可能性があるのでご注意ください。

エアコンによる肌の乾燥

夏は汗だくなので肌の乾燥は冬ほど心配しない人が多いでしょう。しかし注意したいのはエアコンの風による肌の乾燥です。室内がひんやりしていると肌から水分が蒸発しやすく意外と夏でもかさつきが目立つ肌トラブルがあります。

紫外線による肌の乾燥

紫外線は夏に一番注意したい肌トラブルの原因でとくに乾燥肌が一気に加速する原因です。また紫外線はメラニン色素を活発にするのでシミやくすみにも要注意しないといけません。

にきびやふきでもの

皮脂腺が活発になる夏。しかし部分的に乾燥するなど皮脂コントロールが難しいことも特徴です。フェイスラインのふきでものやにきびなど夏はできやすくなる肌環境があります。

肌荒れ

夏の肌トラブルの肌荒れ、乾燥しやすい冬とは違い、夏は日焼け止めや汗が原因になることも。しっかり洗顔しないと汚れが残ったままで肌の刺激になってしまいます。

目の下のクマ

熱帯夜が続く暑い夏の日、しっかり疲労回復ができずに目の下のクマがはっきりわかるように。スキンケアと同時に十分な休息が夏は必要です。

肌ダメージをできるだけ予防するための夏の快眠技

肌のダメージはスキンケアで予防と対策をすることが夏のポイント。さらに肌力が暑さで低下しやすい季節なので疲労回復をしっかり行い、肌環境を整えましょう。そこで大切なのが美肌になる夏の快眠技です。

肌のダメージは紫外線やエアコン等あちこちに潜んでいる夏、しっかり一日の疲れを回復しないと、肌の疲れはくすみやたるみ、乾燥などの老化症状へとつながってしまいます。すっきり眠れない夏の快眠のポイント、以下の点を意識してみましょう。

昼寝をしない

寝苦しい夜が続くと昼間うとうとするときが多くなります。時間があるときに軽く昼寝するつもりが1時間以上も、なんてこともあるでしょう。昼寝を長くすると夜の睡眠の質が悪くなりますので、できるだけ昼寝はしないこと、もしくは15分程度の短い昼寝にして早寝早起きするように心がけてください。

日中の眠気は音楽や体を動かすなど工夫してみましょう。

上手なエアコンの温度設定

エアコンをかけて寝たけど夜中暑くて目が覚めるということがよくあります。肌のダメージを減らすためには、ホルモ分泌が活発になる深夜10時~2時までの間はぐっすり快眠したほうが良いといわれています。熱帯夜を乗り過ごすには入眠する1時間ぐらいまでエアコンの温度設定を低めにして、そのあとは28℃前後で調整するようにしましょう。

快眠グッズを使う

ひんやりする枕、シーツ等夏の快眠をサポートする便利グッズが色々販売されていますので、このようなアイテムを使うのもよいでしょう。また夏は寝具を変えるだけでもかなり睡眠の質が高くなるので、吸汗性や通気性が高い布団などを使うと安心です。

寝返りをうちやすくするために、寝る前のストレッチで足腰を柔軟にすると快眠効果がさらにアップします。

手抜きできない夏の紫外線対策!美白と日焼け予防のコツ

夏は紫外線対策がスキンケアのメインとなります。上手に続けないとシミ、そばかす、肌のくすみなどが悪化してアンチエイジングがさらに手間になることも。そこで夏の紫外線対策で注意したいポイントについて、美白と日焼け対策の点から見ていきたいと思います。

夏の美白のコツ

美白は年間通して気になるスキンケアですが、加齢とともに肌のバリア機能が低下するので紫外線もダメージにも年々弱くなっています。美白の基本は紫外線をブロックすること、そしてスキンケアで上手に美白有効成分を補いシミや肌の老化予防を積極的に行いましょう。

美白成分にはハイドロキノンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などがありますので、これらの成分を配合した美白化粧品を使うことがオススメです。

化粧品によっては刺激が強い美白成分を使っているタイプもあるので注意が必要です。購入する際は必ず肌チェックして確認してください。

日焼けしない方法

ちょっとの間ガーデニングなのに、袖の後がくっきり。夏は天気に関係なく紫外線量がとても多いので毎日油断はできません。肌が小麦色になるのは健康的で素敵ですが、肌に与えるダメージを考えると肌年齢が気になる世代にとってはとても危険です。日焼けしないためには日焼け止めを上手に使いこなすことがコツ。メイクの下地、日焼け止め効果のあるファンデーションなど、それぞれの商品の使い方を正しく守り効果的に使いましょう。

クリームタイプの日焼け止めは汗で流れてしまうので、こまめに塗りなおすこと。年齢がわかりやすい首にもしっかり塗ってでかけましょう。夏はSPF30以上を目安にして日焼け止めを選んでください。

汗で肌がベタベタする脂性肌!さっぱりするには保湿が大事

脂性肌が困る夏の汗、ベタベタするのが嫌なので洗顔後さっぱりとそのままで一日を過ごしたくなります。しかし注意したいのはベタベタする原因について。汗と皮脂が増える夏、実は肌の乾燥がべたつきを悪化させていることがとても多いのです。次のような気になる症状がある場合はベタベタ肌を解消するためには保湿でアプローチしましょう。

朝起きると肌がテカっている

夜寝ている間のエアコンは肌の水分が蒸発する原因になります。そのためしっかり保湿して寝ないと一晩で乾燥が進行して、朝は過剰な皮脂分泌で肌がベタベタ。こんな時は夜のスキンケアで保湿をもう少し増やしてみましょう。化粧水だけの場合はさらっとした乳液をつけるなど、潤いを与えると皮脂量が安定します。

夕方になるとメイクが崩れる

夕方のメイク崩れ、これは乾燥による皮脂分泌のためやメイクの刺激成分でバリア機能が不安定になっているサインです。夏は肌がベタベタするのでメイク下地もしっかりやらない人が多くなりますので、日中の乾燥対策のためにも基礎からしっかり下地をしておきましょう。

皮脂が気になるときはミストなどでメイクの上から保湿しておくと乾燥対策ができます。

肌のキメが粗い

ベタベタする肌を洗顔でさっぱりさせても、なんとなく肌がざらつく、ごわごわすることがありませんか。これは紫外線によるダメージや肌の疲労がたまっているサイン。栄養バランスが悪くなりやすい夏は、肌の栄養不足もキメが粗くなる原因です。夏は肌がベタベタしない基礎化粧品が理想的、しかしテクスチャーだけにこだわると保湿力が不足するので、浸透性の高いアンチエイジングに変えるのもよいでしょう。

汗で崩れない夏のメイク隠し技!

汗で崩れる夏のメイク、何をしても夕方になるとまだらになったりシワにファンデーションが入り込んでいるなんてことがあります。でも厚塗りはできれば避けたいことで、さっぱりと長時間キープできる夏のメイク方法が欠かせません。こんな悩みを抱えている方、汗に強い夏のメイク技をぜひ参考にしてください。

下地に時間をかける

汗でメイクが崩れる夏はしっかり下地に時間をかけることがコツです。最初に洗顔で綺麗に毛穴の汗や皮脂汚れを取り除いたら、化粧水、乳液、クリームなど保湿性の高い基礎化粧品で肌を整えてください。日中は紫外線やエアコンで肌の水分がどんどん逃げていますので、皮脂でメイクが崩れることをまず予防。そして汗で流れないようにするには下地で土台作りをしてください。

パウダーファンデーションを使う

リキッドファンデーションはカバー力が高いのでしっかりメイクをしたい時にはとても活躍してくれるアイテム。しかし汗をかく夏はリキッドだと毛穴がふさがり、温度の変化で一気に顔から汗をかいてしまうことがあります。また毛穴の汚れになりやすいリキッドファンデーションは夏の肌荒れ原因にもなるため、パウダー系で薄く伸ばしておくと長時間キープしやすくメイク直しも簡単です。

メイク直しの前はティッシュオフ

汗を止めることは出来ないので、夏はどうしてもメイク直しの頻度が多くなるでしょう。そんなときのコツがティッシュオフで汗と皮脂をしっかり取り除いておくこと。汗はメイクが流れる原因、皮脂は肌のテカリや毛穴の汚れを増やす原因になるので、どちらも上手にコントロールしないといけません。メイク直しをする前は必ずティッシュオフを忘れないでください。

プチプラコスメでできるスキンケア・あると便利なアイテム

プチプラコスメは夏のスキンケアにメリットになることがいくつかあります。そこでオススメしたい、夏にあると便利なプチプラコスメをご紹介します。使う前には必ず肌チェックを忘れないでください。

フィニッシュパウダー

ファンデーションの崩れが目立つ夏、使う量が多くなるのがフィニッシュパウダーです。プチプラなら1000円以下で購入できるお手頃な商品も多く、暑い日のファンデーション代わりに使うとよいでしょう。

ミスト

メイク直しをするときに便利なミストタイプの化粧水。肌のかさつきやべたつきが気になるとき、外出先でもこれがあればシュッと保湿が出来ます。プチプラだと肌に合わないタイプもありますので、あくまでも携帯用として使うことをオススメします。

脂取り紙

脂取り紙は皮脂や汗で肌がテカるときの対策に欠かせないアイテム。100円ショップでも買えるものなのでいつも多めに携帯しておきましょう。

ただし使いすぎると皮脂を取りすぎて逆に乾燥する場合もあるのでご注意ください。

SPF処方の下地クリーム

日焼け止めを使うのはちょっとという人はプチプラコスメで人気があるSPF処方の下地クリームが良いでしょう。テカり防止タイプもあるので肌質に合わせて使い分け、くすみ予防やクマを隠すときにも便利です。

まとめ

  • 夏は肌トラブルの起きやすい季節。紫外線や汗はもちろん、エアコンによる乾燥も肌トラブルの原因に。
  • 疲れやすい夏は疲労回復も美肌のコツ。快眠グッズや温度調整で質のよい睡眠を心がけよう。
  • 美白は見た目年齢マイナスの大きなポイント。夏のスキンケアは日焼け止めと美白化粧品の併用がカギ。
  • 夏のべたつきは保湿でアプローチ。浸透性の高いアンチエイジング化粧品を使うのも◎
  • 夏のメイク崩れ防止は肌の土台作りが肝心。保湿と皮脂コントロールがポイント。
  • プチプラ化粧品を有効活用!フィニッシュパウダー・ミストは特におすすめ。

 

スキンケアは夏の間不快な点も色々ありますが、強いダメージになる紫外線にはまず注意しないといけません。いつまでも若くて美しい肌を維持するためには、日焼け止めと夏の肌にあった保湿ケアがカギを握っていますね。

この記事も読まれています

  • 40代の基礎化粧品・未体験のアイテムをプラスするコツ

    40代の基礎化粧品は肌年齢がはっきりわかる年代に突入しますので、スキンケアから正しく攻めていかないと周囲との差がついてしまいます。皆さんが使う基礎化粧品、毎日満足してスキンケアで生かされていますか。4 …

  • 敏感肌のスキンケアの基礎講座・無理せず優しくお手入れしよう

    敏感肌のスキンケアはできるだけ肌に負担をかけないよう、トラブルにアプローチすることが基本。色々な化粧品がありますので、あれもこれも使ってしまうのは敏感肌に負担になることも。こんな過剰なスキンケアが実は …

  • 30代の基礎化粧品で老化スピードを抑える秘訣!

    30代の基礎化粧品選びは肌年齢が変化する時期なので、失敗はできれば避けたいところです。アンチエイジング化粧品がとても魅力的に感じ始める年代、いまどんなスキンケアをするべきなのか使う基礎化粧品次第で美肌 …

  • 冬のスキンケア~乾燥と寒さから肌を守るお手入れ

    冬のスキンケアの最大の敵は「乾燥」。保湿を重点的に毎日お手入れをしないといけません。肌がカサカサになるとメイクも粉っぽくなりますし、赤みやひりひり感が残る場合もあるでしょう。肌の水分が不足しやすい冬の …

  • 混合肌のスキンケアで守るべきことと肌質改善のコツ

    混合肌のスキンケアはどの部分を基準にするべきか迷うことがよくありますが、肌質は個人差があるため使用する化粧品選びから変わってきます。スキンケアの基本は肌に合わせたお手入れをすること、自分の肌質を間違っ …