スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

40代ですが肌のハリを取り戻す効果的な方法はありますか?

肌のハリがなく疲れた表情に見えるので困ります。今40代前半、この年齢になったらハリを取り戻すことはできないでしょうか。

年齢的にたるみやハリ不足が気になる頃、多くの方が抱えるこの悩みは1日で改善できないことをまずは覚えておきましょう。肌のハリ不足はあらゆる原因がありますのでスキンケアが何よりも大切ですが、それ以外にも美肌のための毎日の心がけも忘れてはいけません。

スキンケアでは肌乾燥に合わせた保湿対策でアプローチが必要、さらに普段の生活では肌の活性化のために食生活を整えることや睡眠時間なども見直す必要があります。40代を過ぎると若い時よりもちょっとだけ時間をかけてお手入れが必要です。

 

肌のハリを与える4つの対策方法・リフトアップ成功の秘訣!

肌のハリ不足は40代以降になるとほとんどの女性に共通する悩みだと思いますが、どのようにケアをするかが50代、60代に向けた美肌ヘのカギを握っています。ハリ回復によい化粧品を使っても全く効果がない場合、あれこれと乗り換えてしまうと肌の状態はいつまでも不安定のまま。

年齢肌は化粧品選びから美肌ケアがスタートしていますので、効率的にハリ回復するためにはどのような点を意識するべきか、スキンケアから生活習慣に至るまで肌のハリを与える大切な4つの対策についてご紹介しましょう。

ひとつだけの方法に頼るよりも、あらゆる角度からアプローチしないとリフトアップは成功しません。

肌のハリを与える美容成分を与える

肌のハリを与えるにはスキンケアが一番の近道。様々な種類の化粧品があるのでなかには肌に合わないタイプを使い、逆にハリ不足を招いている人もいます。朝起きた時のハリ不足、枕の後が顔に残るなどの症状はハリ不足のサイン。そこでスキンケアではリフトアップによい美容成分を積極的に肌に補っていきましょう。

アンチエイジング基礎化粧品を選ぶ際は、成分をチェックしてください。以下の成分はハリを与える作用がありますので、化粧水やクリーム、美容液などで意識して補いましょう。

エラスチン

真皮層でコラーゲン同士をつなげる働きがあり、角質層では水分を維持してリフトアップ効果にメリット。保湿成分として人気を集めていますので、配合した化粧品の種類もどんどん増えています。

コラーゲン

肌のハリといえばコラーゲンが定番の美容成分。コラーゲンは角質層での保湿の働きがあり、肌の弾力を回復するためにメリットを与えてくれます。

セラミド

リフトアップ効果が非常に高いセラミドは保湿効果が抜群によくバリア機能をサポートする作用もありますので、潤いを維持し紫外線のダメージから肌を守ってくれます。

ヒアルロン酸

コスパが良いハリ成分のひとつで、肌に水分を大量に蓄える働きが特徴です。化粧水や乳液だけでなく洗顔料にも含まれているタイプがあります。

ビタミンC誘導体

ハリ成分を作り出す土台となる線維芽細胞、この働きを活発にするビタミンC誘導体は新陳代謝を促進色素沈着を予防皮脂コントールや抗酸化作用による美白など幅広い美容効果を持っています。

レチノール

皮膚のダメージを修復する働きがあり年齢肌にはターンオーバーを活発にするメリットがあります。ニキビ跡を目立たなくする、シワ予防になる効果もあるといわれています。

女性ホルモンの変化を知り美肌ケアを行う

肌の働きは女性ホルモンとのつながりが多く、ホルモン分泌量が減り始める40代になるとさらに肌トラブルも増えてきます。ハリ不足はシワや毛穴の開きなど見た目年齢にも影響を与えるため、できるだけリフトアップを意識する方は多いでしょう。40代以降は女性ホルモンの働きの変化を頭に入れておくと、さらにアプローチがしやすくなります。

そもそも女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンという2種類があり、エストロゲンにはハリ成分となるコラーゲンの生成をサポートする働きがあります。

残念ながら年齢とともにエストロゲンは減少し50代前後の更年期世代になると女性ホルモンが激減してしまいます。40代後半から肌のハリ不足を著しく感じる方は多いと思いますが、その原因はエストロゲンの減少により真皮層が衰えてハリが減っているためなのです。

年齢肌は女性ホルモンが急激に減り始める前にスキンケアからも次の点を意識しておきましょう。

リラックス成分配合の化粧品を使う

スキンケアがストレスになると自律神経が不安定になりホルモン分泌量も減ってしまいます。快適なお手入れによいのは天然香料を使用した化粧品など、香りやテクスチャーからリラックス効果を得ることも効果的です。

女性ホルモンをサポートする

大豆の成分イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、40代を過ぎたらイソフラボンを積極的にスキンケアや食生活からも摂取しましょう。

肌のハリを与える生活習慣のヒント

肌のハリ不足はすぐに改善出来ない老化症状のひとつ、でも何もせずにそのままにしておくとハリだけでなくシワやくすみなどほかの老化症状も進行してしまいます。スキンケアからしっかり必要な成分を与えたら、次は身体の内側からのケアが大事。そこで次のポイントを意識してリフトアップによい生活をスタートしましょう。

食生活からハリ成分を補う

リフトアップによい食べ物、肌の働きを活性化するビタミン類やミネラル野菜や果物、海藻などは普段から欠かさず食べましょう。これらの食べ物は食物繊維が豊富なので胃腸活動にもメリットがあり、栄養の分解吸収が盛んになると肌に必要な栄養が届きやすくなります。

また胃腸が活発になると便秘解消にもメリットがありますので、体のなかからすっきりしてデトックスにもよいでしょう。

リフトアップによい睡眠方法

朝起きたら肌がなんとなく疲れている、そんな日が続く時は睡眠を見直すことも大事です。基本的に美肌に良いのは早寝早起き、そして睡眠中はできるだけ肌の乾燥を予防するために加湿器や濡れた洗濯物を近くに置くのもよいでしょう。成長ホルモンが多く分泌される10時~2時までの間はしっかり寝ること、そして毎日使用する枕も清潔なカバーを使うなどちょっとした習慣を見直してください。

肌のハリを与える運動

運動不足は肌のハリ不足の原因にもなっています。血液の循環が活発になるジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は発汗作用が高く、肌の老廃物が排出されやすくなります。また運動で血管の働きが活発になると顔の冷えも改善されハリの土台となる真皮層に十分に栄養が届くようになります。

女性は冷え性が肌のハリ不足や老化を進める原因になりますので、運動不足の方は日頃から運動量を増やしてください。

表情筋を鍛えて肌のハリを回復させよう

肌のハリ成分が減少する40代以降、同時に起こっているのが表情筋の低下です。笑ったり怒ったりする表情を作る「表情筋」は足腰の筋力が低下するのと同じように、加齢により働きが減少してしまいます。すると肌のハリを支える力が弱くなりますので、表情筋を鍛えることがハリを与えるコツなのです。

口や目を大きく開いて閉じる、普段から表情豊かに生活する、とくに笑顔は表情筋を強化するメリットがあるだけでなく若い印象にもなります。以下の方法で肌の土台からハリアップをしてみましょう。

ハリをアップする方法

  • 表情筋を鍛える市販のトレーニング器具を使う
  • 化粧水やクリームを付ける時は内側から外側を意識する
  • 咀嚼回数を増やし口角をアップする
  • 長時間同じ姿勢の時は背筋をピンと伸ばす
  • 割り箸を奥歯で加え「い」の字に口を開き30秒間停止

まとめ

  • ハリ回復にはスキンケアで不足しがちな美容成分を与えるのが近道。
  • 女性ホルモンの変化を理解!ストレス解消やイソフラボン摂取も◎
  • 食生活や睡眠・運動など生活習慣の見直しも大切。
  • 表情筋を鍛えるのも効果あり!肌の土台からハリアップしよう。

 

朝の洗顔時、肌が跳ね返るようにピーンと張っている時は一日がなんとなくワクワクスタートしませんか。女性にとって肌トラブルは精神的にも負担になりますので、年齢肌は楽しみながら毎日お手入れしたいですね。ハリ回復する方法は色々ありますので、できるところから早速スタートしましょう。

この記事も読まれています