スキンケアのお悩み解決サイト|未来の肌を美肌へ導こう!

スキンケアやお肌の状態に悩みを抱えている女性はたくさんいます。当サイトでは、スキンケアの悩み体験談を多数掲載しています。同じ肌トラブルに悩まされている方の成功体験談を【サイト内検索】で見つけて問題を解決しましょう!

鼻の毛穴の開きがパックしても消えない時はどうしたらいいですか?

鼻の毛穴の開きで悩んでいます。市販の毛穴パック使っているのですがなかなか綺麗になりません。ほかにオススメの方法があったら教えてください。

鼻の毛穴は皮脂が溜まりやすいので汚れが目立つ部分ですよね。市販の毛穴パックは説明書通りに使用されましたか?パックの使い方によっては綺麗になる場合もありますが、最初に注意してほしいのはパックのやりすぎは毛穴を逆に開いてしまうので逆効果になる点です。もしこの状態でしたら、パックは少しお休みして基礎化粧品で正しく保湿ケアをしてください。

皮脂が多いのは乾燥しているサインなので鼻だけでなく頬や目の周辺も注意しないと乾燥ジワが増えてしまいますよ。

 

鼻の毛穴の開きを治すケア方法・パックのやりすぎに注意して!

鼻の毛穴の開きは多少なりとも皆さん悩みがあると思いますが、洗顔しても綺麗にならない毛穴の奥の汚れ、顔の真ん中にあるので鏡を見るたびに気になる悩みでしょう。鼻の毛穴の開きは自己流でケアするのが一番危険で、間違った方法を続けていると毛穴がさら目立つだけでなく肌に負担がかかり老化が進む場合もあるのです。

最近は市販の毛穴グッズが種類豊富に販売されていますが、注意して使用しないと症状を悪化させることもあります。そこで早速ですが、鼻の毛穴ケアについて、年齢肌にオススメの方法をご紹介しましょう。

毛穴パックのやりすぎが負担になる理由

小鼻の開きが目立つのは汚れで黒くなるためで、無理やり汚れをだしても繰り返し同じ症状が続きます。鼻の毛穴の開きが目立つ原因は、そもそもTゾーンで皮脂腺が活発なため皮脂が多く分泌される部位であることが理由。また古い角質や外部のほこり、メイクの残りなどが蓄積され角栓が大きくなると皮膚表面に出てきてしまいます

さらに屋外で浴びる紫外線、ファンデーションが紫外線の影響を受けたり、角栓が酸化して黒ずむ原因に。鼻は顔のなかでも高さがあるので一番最初に紫外線の影響を受けやすい部分です。

様々な理由により鼻の毛穴の開きが起こりますが、一番便利で簡単にケアが出来そうな市販の毛穴のパック、実はメリットだけでなくデメリットもあるのでよく確認してから使用しましょう。

毛穴パックのメリット

パックを鼻に貼り付けて時間がきたらはがすだけで一気に角栓が除去できます。使用した後は肌表面がスムーズになり化粧ノリも改善されます。

毛穴パックのデメリット

パックは粘着性が高く毛穴周辺の皮膚も無理やりはがす場合があり肌のダメージになります。毛穴パックは基本的になかの汚れを取るもので毛穴サイズを小さくする効果はありません。使用方法に従って正しく使わないと毛穴が逆に広がる可能性もありますし、皮脂が不安定になりニキビや乾燥などの肌トラブルを起こす可能性もあるのです。

毛穴パックは簡単なケア方法として人気ですが、一時的な対策で鼻の毛穴の開きを原因から改善するものではありません。肌にダメージが強いので使用するのは週に1回程度が限度でしょう。

鼻の毛穴専用のパックをするときのコツ

市販の毛穴パックを使う時はまず商品の使い方を正しく理解しておきましょう。少しでも効果を発揮させるにはパックを貼る前の準備がとても必要です。次のステップごとにパックをしてください。

1.クレンジングと洗顔で汚れをとる

まずはメイクや皮脂汚れなどを綺麗に落としましょう。クレンジングは鼻に最初につけて数分置いてからマッサージするように汚れを出してください。洗顔はたっぷり泡を作り鼻を押さえるように優しく洗いましょう。パック前の洗顔は皮脂をとってくれるのでパックの粘着性がさらに高くなります。

洗顔後は化粧水などはつけないことがポイントです。

2.毛穴を開く

寒い時は肌表面が硬く鼻の毛穴が閉じたままになっています。これではパックを貼っても汚れがしっかりとれないため、洗顔後に蒸しタオルで温めましょう。鼻だけならお湯につけたコットンを数分貼り付けてもよいですし、電子レンジでチンした蒸しタオルでもOK。ただしお風呂に入った直後は汗やほてりがあるので落ち着いてからパックを使ってください。

3.パックを使用する

毛穴パックを貼る前は軽く皮膚を水で濡らしておきます。この水がパック剤を溶かし、毛穴の奥まで汚れを溶かす成分を浸透させるコツになります。パックを付ける時は皮膚の間に空気が入らないよう押し出すように肌に密着させてください。貼ったら乾くまで放置します。目安時間はパック剤によって違いますが、乾燥する季節は5~10分、じめじめする時期は10~15分です。

4.ゆっくりはがす

パックが乾いたらゆっくりはがしていきます。一気にはがすと皮膚にダメージがかかるため、痛みを感じる時はいったんストップしてください。上手にはがせない時はパックの上から水をつけてはがしましょう。

5.化粧水で保湿

パックをした後は必ず化粧水と乳液で保湿をしてください。肌が乾燥し負担がかかっていますので、しっとりさせておかないと毛穴の開きがさらに目立ってしまいます。パック使用後は1~2日ぐらいで毛穴の汚れも綺麗になりますが、汚れの状態により効果は個人差があります。

必ず商品ごとの説明書を良く読み、使用方法を確認してから使いましょう。

鼻の毛穴の開きはマッサージで汚れをだそう

40代をすぎた頃から肌の衰えをはっきりと自覚する機会が増えてきます。ハリ不足や弾力不足は目尻のシワやほうれい線の原因になり、これらのたるみは毛穴の開きにも影響しています。年齢肌の毛穴対策は若い肌のように汚れをとるだけでなく、肌の働きを根本から活性しないと効果がありません。

そこでオススメなのがマッサージです。肌の血行改善をしながら、引き締め対策をはじめましょう。鼻の毛穴の開きには、汚れを取ると同時に毛穴の引き締めを行う以下のマッサージがオススメです。

オイルマッサージ

美容オイル、または家庭にあるオリーブオイルやココナッツオイルを使ってマッサージをしましょう。洗顔で汚れと皮脂を取り除いた後、蒸しタオルで顔全体を5分ほど温めてオイルを全体に伸ばします。鼻はとくに意識しながら円を描くようにくるくるとマッサージ。指の腹を使い滑らせるようにして、ごしごしこすらないことがポイントです。

マッサージが済んだらティッシュオフ。べたつきが気になるときは洗顔石鹸で落として最後に保湿をしてください。

アンチエイジング基礎化粧品でマッサージ

アンチエイジング化粧品には抗酸化成分が含まれていますので、肌細胞の酸化予防、老化防止に大変メリットがあります。アンチエイジングのマッサージクリームを使って、美容オイルと同じように鼻の毛穴を引き締めるマッサージをします。

鼻は頬のようにたるみが目立つ部分ではありませんが、肌細胞の老化は進んでいます。紫外線によるダメージでコラーゲンなどのハリ成分が破壊されていますので、アンチエイジングの基礎化粧品をうまく活用しましょう。

保湿ケアで鼻の毛穴を引き締めよう

鼻の毛穴の開きは皮脂の過剰分泌や老化などあらゆる要因があります。最近増えているインナードライ肌は一見表面は皮脂でしっとりしているように見えるため、保湿ケアで手を抜いてしまう人もいるでしょう。これでは角質層内部の乾燥が進行するため、肌の老化や乾燥対策にはデメリットなのです。

年齢肌の毛穴の開きはアンチエイジングを意識した対策が必要で、とにかく保湿が効果を左右しています。化粧水の重ねつけ、乳液やクリームの使用、また場合によっては紫外線によるダメージを改善するために美白化粧品を使うことも方法です。

まずは1か月間、たっぷり保湿ケアをして毛穴の開きを治してください。

まとめ

  • 毛穴パックはやりすぎに注意!角栓と一緒に皮膚がはがれることも…
  • 毛穴パックは毛穴を開いてから使うのがコツ。使用後は保湿を忘れずに。
  • 年齢肌の毛穴の開きには、血行改善と引き締めが同時にできるマッサージがおすすめ。
  • 毛穴ケアは保湿が効果を左右!まずは1ヶ月間続けてみよう。

 

鼻の毛穴の開きは汚れや年齢などがわかる嫌なトラブルですが、すぐに解決できない点が最も困りますよね、簡単な方法は肌に負担がかかりますので、慌てずにゆっくり毛穴対策によいスキンケアでアプローチすると安心ですね。

この記事も読まれています